日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
AFCも見たかったが、我慢してこっちを見ていましたが……

 2008/10/8(水)東京ドーム
 ○読売3-1阪神●(24回戦:読売14勝10敗)


読売が今季初の単独首位に立ち、逆に阪神は今季初の2位転落
これで読売に優勝マジック2が点灯した

阪神が残り試合3戦全勝したとしても、読売は残り試合を2勝1敗で優勝
阪神が2勝1敗なら、読売は2勝1敗でもOKとなる
阪神から見ると、3戦全勝の場合は読売の1勝2敗以下で優勝
2勝1敗の場合は、読売が全敗で優勝
そして残り試合は読売の対戦相手が、今季大きく勝ち越しているヤクルト(2試合)と横浜(1試合)
阪神も大きく勝ち越している横浜(2試合)と中日(1試合)

最大13ゲーム差を逆転という劇的な逆転劇ですが、ここから阪神が逆転したら、それはそれで球史に残る再逆転劇とも言えるのですが……
残り3試合は、どこで読売が優勝を決めるかという敗戦処理のような形になるでしょう
ということで、事実上の終戦です

今日は横浜スタジアムで横浜戦
1回表、幸先よく新井のタイムリーで先制するも、直後に中断し、そのままノーゲーム
試合続行できたような気もするが、まぁやむを得ないか……(^^;

今日の試合が雨で流れたことで、81勝56敗3分(残り4試合)という、完全に並んだ形で、明日の読売との直接対決を迎える
しかし同率で並んだ場合は、直接対戦成績で決まるため、事実上は現在は読売が上位にいることになる
阪神は、読売よりも上にならねばならないので、残り4試合で、読売よりも1つ多く勝たねばならないのだ

そうなると、明日の直接対決は大きい
明日阪神が敗れれば、残り3試合を全勝しても3勝1敗、逆に勝った読売は残り3試合を2勝1敗で終えても、計3勝1敗となり阪神と同率なので、ルール上優勝となってしまう
つまり明日読売が勝てば、残り3試合でマジック2となるのだ

逆に阪神が勝った場合は、阪神のマジックは3となる
敗れた読売が残り3試合全勝すれば3勝1敗、阪神は残り3試合を全勝して4勝にしないと上回れない
つまり阪神は、明日勝っても全勝マジックしか出ないのだ

結局、読売が勝てば読売が絶対有利になるのだが、阪神が勝っても阪神が有利になるわけではない
阪神は「勝ってイーブン」といったところだろう
そして今日ノーゲームとなった試合は、11日にデーゲームで組まれる
なので、最終戦は変わらず神戸で行われる12日の中日戦
ここまで優勝争いが持ち込まれる可能性もあり、関西の虎ファンにとっては週末は大変なことになりそうだ

昨日は、読売が負けたにもかかわらず、神宮でヤクルト相手に引き分けて、半歩しか前進出来なかった阪神
しかし、私が見ると、昨日の引き分けは実質的に負け試合に等しい引き分けでした
というのは、プロ野球の順位決定のルールなのです

昨日の試合前では読売の引き分けが3、阪神の引き分けが2
この段階では同率首位はあり得ません
しかし、昨日阪神が引き分けて、引き分け数が3となったため、読売と阪神が「同率首位」でシーズンを終える可能性が出てきたのです

2位以下で同率ならともかく、1位で同率というのは過去にプロ野球ではありません
過去に「同率1位」の可能性が出てくると、「1試合勝負or3試合制の優勝決定戦」の話題が出るくらいですから、以前は「1位球団が同率の場合は優勝決定戦」という考えが基本でした

しかし今年から(?)レギュレーションが変わっています
同率の場合は、直接対戦成績で勝っているチームが上となります
そして直接対戦成績も同じなら、前年度順位が上の方が上となります
今年の場合、読売と阪神の直接対戦成績は、読売の13勝10敗(残り1試合)で、読売の勝ち越しが決まっていますから、同率で並べば読売が上位となります
(仮に、直接対戦成績がイーブンでも前年度順位は読売の方が上位でしたから、阪神にとっては同率1位は避けたい事態だったわけです)

最近まで「優勝決定戦をやる」と思っていた私にとっては「え?!」ですよ(笑)
パの2~3位やセの3位が同率になったらどうするんだろうと思って、調べていたらこんなのが見つかってビックリです(笑)

こうなると、残り試合を読売5勝、阪神が5勝1敗でピタリと並んでも読売がルール上は上位です
つまり、阪神は読売と並んだだけでは優勝出来ないということになります
残り試合で読売より1つ多く勝たねばらならいのです
やっぱ無理かも知れません(^^;

阪神と読売の優勝争いは混沌状態
昨日7度目のマジック点灯(マジック8)した阪神も、まだまだこの先どうなるかわからない
個人的には「阪神が優勝しないとイヤ」という狭量な阪神ファンではないつもりなので、最後まで優勝争いが盛り上がって、今年は面白いなぁ、というのが本当のところ(笑)

 ぶっちゃけ……
 ・先週甲子園で行われた「阪神vs読売」が中止(実際には試合はあったけどね)
 ・10月12日くらいに予備日程として組み込まれる(甲子園では出来ないので神戸だね)
 ・両チームとも最終戦となり、しかも勝った方が優勝という形
 ……なんとことになったら、盛り上がりもすごいだろうなぁ
 なんて思ってましたが(笑)


さて、そんなのんきな阪神ファン(オレ)とは裏腹に、優勝か否かが死活問題になりそうなのが、グッズ製作会社
というのも、阪神が優勝をして、店頭で売られる「2008年優勝ロゴが入った記念グッズ」は阪神が優勝した場合のみ販売されるモノで、もし優勝を逃したら「焼却処分」になるという契約だそうです
万が一にも市場流通させてはいけないとのこと
昨年は阪神が終盤に10連勝して首位に立った時に、先行してグッズを作った業者が泣く泣く焼却処分したらしい
今年は早くから独走態勢で、8月には各社ともグッズを製作していたようなので、万が一にも優勝を逃したらどえらい損害になりそうです

そう言えば、私も秋に発売予定(笑)の、「阪神優勝記念DVD-BOX」の購入を計画していましたが、優勝しなかったら、この予算どこに回そうかしら

ここに来て、もたつく阪神タイガース(笑)
9月中旬には胴上げと見られていたのが、どんどん後ろにずれ込み、10月になりそうな雰囲気
(いや、胴上げそのものも危ないという味方もあるにはあるんですが(^^;)

今年も甲子園は10月から改修工事にはいるため、阪神が甲子園を使用出来るのは9月末まで
試合日程も、甲子園のゲームは9月末までに詰め込み、10月はビジターゲームばかりになっている
そしてクライマックスシリーズや日本シリーズは京セラドームなどを使用する予定

こうなると困るのは甲子園で胴上げが見られ無いじゃないかと言うこと
まぁ、それはそれでやむを得ないかも知れない
実際、2003年と2005年は甲子園だったが、1985年は神宮だったし……
それよりも一番の難事がTV中継というのだから笑ってしまった
4~9月は各局とも、ある程度は野球中継を意識した番組編成(それでも一時に比べれば冷遇されているが(^^;)をしているが、10月改編では「野球中継?何それ?食べられるの?」と言った編成となる
しかも優勝が決まりそうな10月上旬は番組改編期恒例とも言える特番の嵐である
実際、各局とも放映権料が高額な割には視聴率が見込めない野球中継よりも、安価で作れるバラエティ番組の方に力が入っている
こうなると、関西ローカルな阪神の優勝試合など、関東キー局が支配するゴールデンの特番の中にはいるはずもなく(笑)、恐らく地上波で中継されない可能性が高い
NHKはもしやとは思うが……(^^;

私は、CATVを引いているし、一応、どこの球場の試合であっても、生中継が入るスポーツ専門局はほとんど見られるからいいけど、そうでないファンからは悲鳴が上がっている
そう言えば、昨年も読売の優勝決定試合が地上波生中継されず、胴上げの瞬間だけワイプで入ったっけなぁ(笑)
まぁ野球に限らず、スポーツ中継自体、地上波放送には向かない
それは五輪の中継の時にもよくわかったこと(笑)
地上波はほとんど見ない私が、とっととデジタル放送に切り替えて多チャンネルを愛用しているのはそのせいだけど(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。