日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
王監督の手術、長嶋さんの病状からみて、北京五輪の野球日本代表監督は星野さんしかいない、それは昨年の夏頃から思っていたが、まぁ予想通りの星野監督の誕生
アテネの失敗に懲りたのか、さすがに今度は人数制限無しにベストメンバーを組めるかも知れない(メジャー選手は除外しないといけないけどね(^^;)
実際「うちは出さないよ」という球団はなく、ほぼ全球団が「星野監督の必要な選手を供出する」と言っている
ただ温度差があるのは、五輪期間中のシーズンをどうするかという問題

8月というプロ野球にとってはかきいれ時にシーズンを中断するのは辛い
特にパリーグは深刻だろう
しかしどう考えても3週間ほどのシーズン中段は避けては通れない
この期間になんらかのイベント大会をやるしかないのかとは思う
この期間にやるイベント大会としてはまずトーナメントが考えられるが、それでは面白くない
例えば北海道東北・関東・中部東海北陸・近畿・中国四国・九州沖縄などで出身別にチーム編成してミニリーグをやっても面白いと思う
まぁそんな大会ならいくらでもアイデアがでるだろうからいいだろう
問題は「その期間分の公式戦」をどうするかだ

当然最初に出てくる案が試合数を減らすだろう
ただ、多少の試合数は減るのは仕方ないのだが、パリーグの球団は大幅には試合数は減らしたくないだろう
イベント大会の収益を各球団に分配するにしても、やはり夏休み分の減益は大きい
特に楽天は春先は寒くて観客動員が見込めないので、夏はやりたいはず
それでも、ある程度はシーズンを前倒しして開幕し、3月下旬に10試合くらいは消化して不足分を補うしかないだろう

そうなると問題になるのが、日本代表は「いつ北京切符を入手するか」である
2007年の11月のアジア予選で1位になれば出場権獲得出来る
そうなれば、問題なく2008年の3月下旬にシーズンを開幕出来るだろう
しかしここで出場権を逃した場合、2008年の3月の世界最終予選に出場権をかけて出場することになる
こうなるとシーズンの前倒しどころではない
いやはや……むつかしい問題だらけだ(^^;
いっそのこと中断無しでそのままシーズンをやった方がいいのかも知れない(^^;

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/997-2e3a9bd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。