日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
WBC決勝の試合自体の感想は既に一個下のエントリーで書いたので別件を……

WBCのイニング交替の時に何気なしにチャンネルを変えたら、大阪ドームのオリックスvs阪神の試合が映っていた
そしてかなりの数のファンが大阪ドームで試合を観戦している
う~ん……今日はさぞかしオープン戦はどこもガラガラだろうと思ったのだが、結局6球場で6万数千人の人がWBC決勝そっちのけでオープン戦を観戦していたようだ

サッカーの競技場に押し掛けていたファンはわかる
彼らはサッカーファンで野球には興味がないのだろうから
しかし公式戦ではなく「オープン戦を見に行く」のはかなりの野球ファン
その野球ファンの6万数千人がWBCよりもオープン戦を取ったというのが実に興味深い
これがいわゆる「野球ファンではなく阪神ファン」「野球ファンではなく読売ファン」という現象だろう
まぁサッカーにも「日本代表なんかよりも、自分の応援するクラブチームの勝敗の方が大事」というファンもいるのでそれ自体は構わない

しかしサッカーファンがこぞって衰退していると言われている日本のプロ野球でこの現象は実に興味深かった
もっとも、このファン達は恐らくシーズンが始まっても球場に日本のプロ野球を見に行くであろう
逆に「WBC優勝!」とあちこちで騒いでいる「にわか野球ファン」のうちどれだけの数が、シーズン開幕後に日本のプロ野球のテレビ中継を見たり球場に足を運ぶのだろうか、とちょっと気になる今日この頃なのだ

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/983-bc2034b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。