日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浦和がACLのチャンピオンになり、12月のFIFAクラブワールドカップの出場を決めた
日本のクラブとしては初出場である
仮に浦和が負けても、今年のJリーグ王者が開催国枠で出るので、日本のクラブの出場は確定していたのだが、初出場が開催国枠よりもアジアチャンピオンの方が格好がつく(笑)
ということで、とりあえず浦和がアジア王者になったことは素直に喜んでおく

さらに浦和は来季のACLにも「前年優勝クラブ」として出場することになる
通常は日本の出場枠は2つ、ただし浦和は前年優勝クラブ枠での出場なので、浦和以外に2クラブが出場することになる
つまり日本のクラブが浦和を含めて3つ出るということだ
しかも浦和がJリーグでも上位のため、出場クラブの優先順位が先日決まっている

 (1)ACLチャンピオン(浦和)
 (2)2007Jリーグ優勝(未定:浦和?)
 (3)2006天皇杯優勝(浦和)
 (4)2007Jリーグ2位(未定:G大阪?)
 (5)2006天皇杯2位(G大阪)
 (6)2007Jリーグ3位(未定:鹿島?)

とりあえず浦和が出場するので、(3)は重複してしまうので消滅
そして今年のJリーグの上位は「浦和、G大阪、鹿島、清水」の順だが、鹿島と清水が1位-2位にならない限り、G大阪の出場が確定する
しかし清水の優勝は既に数字上消滅しており、仮に清水が2位になっても、その時の1位は必ず浦和となる
つまり鹿島-清水の1-2は無いわけだから、G大阪の出場は確定
ようするに浦和とG大阪の出場が確定
勝ち点などの現在の状況からすると、残りの1枠を鹿島と清水が争う形になる
勝ち点差から言って鹿島有利と言った所か

とりあえず来季もACLで日本のクラブの戦いが見られる
もっとも3チームも出場するとなると、ACLと国内リーグの日程調整はかなり厳しいモノになるだろう
さらにJリーグ優勝チームはA3チャンピオンズカップ(韓中日のクラブによる大会)に出場
そしてナビスコ杯優勝のG大阪はパン・パシフィック大会(米豪日のクラブによる大会)に出場
来年もJリーグクラブは国際大会尽くめになりそうである
……っていうか、小さいレベルの国際大会の数を増やしすぎじゃないの(^^;

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/926-283ccbce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。