日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終回の放送が地上波で次々と中止になっていったアニメ「School Days
元々、原作となったゲームの内容から、放送して大丈夫なのかという懸念があったが、やはり最終回で現実のものとなった
その中で、AT-Xは年齢制限をかけられるCS放送の特性を生かして夜の放送時間帯だけに限って最終回を放送したのは昨夜のことだった

正直、見終わった直後の私の第一声が「こりゃ、地上波では無理だよ……」
最終回で世界が誠を惨殺するシーン
さらに言葉が世界を惨殺するシーン
その直後に言葉の台詞……
どれを取っても厳しい意見が出されると思えるような内容だった
さすがに血の色は黒にしてあったが、それでも見ていて気分が悪くなる

そしてオンエア直後から始まった各種Blogでの考察
大半を占めていたのが、やはり予想通り……
 「こりゃ地上波では無理だよ……」
 「テレビ神奈川さん、文句言ってごめんなさい」
……という放送中止もやむを得ないという意見

これを夜の時間とは言え放送したAT-Xも勇気がある、と言うか英断ですね
ただ、完全にお蔵入りするよりは、制限をかけられるAT-Xのような形でオンエア出来たのは良かったと思う
「何故放送中止になったのか」ということを視聴者に情報公開するという意味でもこのオンエアは意義深いというのが私の意見

ただ気になるのは最初に制作されたものよりは今回の放送分は、これでも表現が軟らかくなっているのだという
とりあえずDVDには、初期のバージョンが収められるのだろうか?
さすがに、これ以上に逝った内容だと、見る気が失せそう……

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/879-8daf7948
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。