日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ最終回となりました
26話全部こうやって書くことが出来るとは思いませんでしたが……(^^;
では、あらすじと感想です


次元航行部隊が軌道上に到着し、ゆりかごの迎撃体制は整った
あとはゆりかご内部の突入部隊の脱出を待つのみ

ゆりかご内部では魔力結合が出来なくなったなのははやて、リィンが徒歩での脱出を決意
しかしゆりかご内部の自動修復機能により艦内破損部が自動修復、出口をふさがれてしまう

スカリエッティを逮捕したフェイトは、脱出よりもラボの崩壊を止めることを第一目標としていた
ラボ内部にあるポッドで眠る人々はまだ救えるかも知れない

地上本部ではゼストとゲイズの亡骸を安置したシグナムが、再度空へ上がる準備をしていた
アギトは、ゼストを殺したシグナムを見極めるために一緒に行くと宣言
裏切った真似をしたらお前が私を焼き殺せと言うシグナムとアギトはユニゾンインした

なのはたちを救出するため、ヘリからゆりかごへ突入しようとするスバルとティアをヴァイスは射撃で支援
昔の自分を後悔しながらも、後輩のために道を切り開こうとするヴァイス
スバルはウィングロードを展開し、ティアのバイクでゆりかご内部へ突入した

航空型のガジェットの大量出現に航空魔導士の支援が求められる
ルキノの指示で、アギトとユニゾンしたシグナムが到着
融合した2人は、たちまちの内に航空型ガジェットを殲滅していく

キャロとはヴォルテールと地上のガジェット殲滅をしながら、エリオとフリードをブーストアップ
エリオはキャラの支援で次の現場にフリードと向かう

ゆりかご内部ではなのはたちの救出に行こうとするヴィータにスバルとティアが通過
魔力結合は全く使えないが、戦闘機人モードならスバルは撃てるし走れる

フェイトはシャーリーのパス解析の成功により、ラボの崩壊を止めることに成功
しかし崩れかけて止まった頭上の岩盤は一気に崩壊、生き埋めになる寸前にブーストアップしたエリオが救出に成功した

最深部のなのはの元へ向かうスバルは、ギンガから託された左手用のリボルバーナックルを装備
左右両腕から繰り出されるパワーで壁を破壊、なのはたちの元へとたどりつく

最後まで残っていた機動六課全員の脱出完了を受けて、艦隊は主砲をゆりかごへ向ける
艦隊一斉射撃によりゆりかごは消滅、全てが終わった
大喜びするシャーリーにシャマルは静かにするように言う
その後ろでは疲れて眠る六課の面々達がいた

レリック事件はジェイルスカリエッティ事件(JS事件)と呼ばれるようになる
逮捕されたスカリエッティと捜査に非協力的だったナンバーズは別世界の機動拘置所へ
罪を認め捜査に協力的だったナンバーズはミッド海上の隔離施設へ
ルーテシアとアギトも自分の意志で同じく隔離施設へ
ラボのポッドから救出されたルーテシアの母は眠っていたが、治療すれば目を覚ますという

機動六課の隊舎も再建され、隊員全員が職場に復帰
ヴィヴィオも保護と検査を終え、なのはの元へと帰ってきた

はやては教会でカリム、クロノ、アコース、シャッハと話していた
平和を守るために無茶をしてきたゲイズの話を聞き、自分の思いと同じものを見てしまったはやて
しかしカリム達に諭されたはやては、自分はこのメンバーの中では末っ子、ちびっ子だと知る

機動六課の試験運用期間の1年が過ぎようとしていた
春が来れば、みんなバラバラになり、次の進路へと進むことになる
そしてあっという間に春は巡ってきた
機動六課の解散の日、はやての訓辞の後、フォワード陣はなのはたちから呼び出される
桜が舞い散る広場で、なのはとヴィータからフォワード陣は最後の訓辞を受ける
成長した4人を褒めるヴィータ、立派なストライカーだというなのは
そしてなのはたちはデバイスを起動、リミッターも解除された今、最後の模擬戦をするという
はやてとギンガの合図と共に、最後の模擬戦が始まった

そして……

And,afterwards


八神はやて二佐
特別捜査官に復帰。地上に腰を据え、
密輸物・違法魔導師関連の捜査指揮を担当

守護騎士一同とともに、職務を続ける


フェイト・T・ハラオウン執務官
副官シャリオ・フィニーノとともに
次元航行部隊に復隊


ティアナ・ランスター執務官補佐
フェイトの二人目の補佐官として、執務官になるための実務研修

夢に向かって、進行中


ルーテシア・アルピーノ
魔力の大幅封印後、無人世界への
隔離による保護観察処分が決定

長い隔離期間を、母や召喚獣たちとともに静かに過ごす


アルト・クラエッタ一等陸士
地上本部ヘリパイロットに正式採用


ヴァイス・グランセニック陸曹長
地上本部ヘリパイロット
返納していた武装局員資格を再取得

パイロット兼狙撃手としての道に戻る


グリフィス・ロウラン事務官
次元航行部隊に転属
艦船での事務業務に従事する


ルキノ・リリエ事務官補 兼 操舵手補
グリフィスの補佐官を勤めつつ
艦船操舵手としての道を進む


キャロ・ル・ルシエ二等陸士
前所属の辺境自然保護隊に復帰


エリオ・モンディアル二等陸士
辺境自然保護隊へ希望転属

竜騎士・竜召喚士コンビとして自然保護・密猟者対策業務において活躍


高町ヴィヴィオ
本人の希望により、聖王教会系列の魔法学院に入学

母親とその友人たちに見守られ
ごく普通の女の子としての人生を歩み始める


ギンガ・ナカジマ陸曹
関係者の指導のもと、収容された戦闘機人たちの
更正プログラムに参加

プログラムは、順調に進行中


スバル・ナカジマ一等陸士
本人の希望転属先に配置

災害対策・人命救助の最先鋒
特別救助隊のフォワードトップとして活躍

災害に見舞われた人々の命を、救い続ける


高町なのは一等空尉
JS事件の功績評価による昇進を辞退

戦技教導官 そして空戦魔導師として
現場に残り、後進を守り、育て続ける


  ↑
(Endでの後日談を書いています、見たい人は反転させてみてください)


最後らしい、いい終わり方をしたと思います
事実上戦闘は先週終わってますので、見どころはなのはたちを救出に行ったスバルとティア、そしてフェイトを救出したエリオでしょうか
エリオがフェイトをお姫様抱っこした姿は笑いましたが(笑)

またヴァイス陸曹が次々と狙撃でガジェットドローンを撃墜した後、以前ティアが見せていた二重弾殻でAMFフィールド突破による破壊弾を見せていたのに感動

そして何よりも最後の模擬戦でしょう
模擬戦の様子は見られませんでしたが、模擬戦をやると聞いて「聞いてませんよ」とオロオロするフェイトが可愛いです(笑)

アギトとシグナムのユニゾンも実現、シグナムの「お前とのユニゾンは心があたたかい」というのは妙にいい台詞
まぁアギトは炎熱系ですからあたたかいのは間違いないんでしょうけど(笑)

ナンバーズは協力的なものと非協力なものにわけられましたね
非協力的な中にクワットロが居ました、まぁ彼女が協力的になったら不気味ですが(笑)
それと合計11人しか居ませんでしたね、ドゥーエがゼストにやられていましたが、やはり死亡でしたか……

さて、最終回らしくA'sと同様に後日どうなったかがEndで紹介されています
ニコニコ動画とかではこの字幕が非常に読みづらい(^^;
うちのHDD録画データも非常に読みづらい(笑)
とりあえず、全部書き出してアップしておきました
まぁ見たくない人のために、背景と同じ色にしておきましたので、見たい人だけドラッグして反転させてください


まぁほぼ予想通りの進路ですね
原隊復帰や、元の立場に戻った人が多いです
主要人物の中でもなのははやてとフェイトは元の立場に戻ってますからね
その中でフォワードの新人たちは軒並み一階級昇進していました
エリオとキャロが一緒に自然保護隊に居るのに妙に納得(笑)
これで2人の……というか、エリオの将来はキャロのお婿さんに確定ですか(笑)

ティアはフェイトの補佐官として執務官への道を歩み始めています
ツインテールが無くなって髪を下ろしていました……う~ん、ツインテールだからこそのティアだと思うのですが
しかしこれで訓練校への入校以来4年近く続いたスバルとのコンビが終了したことになります
何だか寂しいですが、目指すものが違うのでこれは仕方がないですね

アギトは正式に管理局入りしたみたいですね
シグナム専用のユニゾンデバイスということになったようです、まぁリィンとはケンカ友達のようですが(笑)

ヴィヴィオは名前が「高町ヴィヴィオ」になっていました
正式になのはと親子になったのでしょう
勉強しているヴィヴィオをのぞき見していてシャッハに叱られるなのはたち、その様子を知って教科書で顔を半分隠して「もう~、ママったら~」という表情のヴィヴィオが可愛すぎます(笑)

ルーテシアは母親が目ざめたようですね、良かった良かった
魔力は封印されているようですが、召喚獣たちは使えるようです

そしてStrikerSの主人公スバルは救助部隊へ
船から女の子を救うシーンは、第1話のスバルを救出するなのはとそっくりです
というかセリフがほとんど一緒です(笑)
他のキャラはセリフがないのに、スバルはセリフがあったのは一応主人公だからでしょう

最後にシリーズ主人公のなのはは昇進を辞退して元の教導隊へ復帰
魔導士の指導に当たっている様子が描かれました
昇進を辞退したのは、現場の魔導士でいたいからでしょう
なのはは既に一等空尉ですから、昇進すれば三等空佐
通常の場合、尉官は現場指揮官ですが、佐官になると参謀とか部隊長とか言った方向に立場が変わるので、そうそう現場に飛び出せませんからね
それは六課の部隊長で二佐だったはやての現場登場が少なかったのを見てもわかります


とりあえずシリーズ完結しました
その後を描いて、次のシリーズはあるのでしょうか?
四期があると良いな、劇場版も見たいな……夢は果てしなく広がります
しかしとにかく今シリーズは完結
さぁ次は無印からA's、StrikerSの一気視聴でもやりますか(笑)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/877-e3805ce6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アニメディア 2007年 10月号 [雑誌]あの日のあの人に選んだこの道・・・。教えられ、鍛えられ、支えられ・・・ここまでやってきた。そして今・・・今度は私があの人を救う番・・・。スバル・ナカジマいきます!!!
2007/09/26(水) 22:37:22 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
大切なものを守るために、真っ直ぐ前を見つめるために…この事件を、悲しみと後悔で終わらせないように…私達は今、助けに行きます――。最終回、ひさびさにアバンを引用(笑)…作品を見終わった人が、悲しみや後悔
2007/09/29(土) 15:38:00 | SERA@らくblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。