日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さていよいよ大詰めの25話
あらすじと感想です


ヴィータは重傷を負いながらも駆動炉に到着、グラーフアイゼンの限定を解除して攻撃を仕掛ける
しかし駆動炉は壊れず、逆に防衛システムが稼働しはじめる

一方の次元航行部隊は聖王のゆりかごを迎撃出来る地点到着まで45分、しかしゆりかごが軌道上に到達するまでは38分、7分あればゆりかごはミッドを砲撃できてしまう
はやては自らゆりかご内部へ突入することを決意、そんなはやてにアルトはリィンを送り届けるべくヘリを飛ばす

ゆりかご内部ではなのはが散布した光球がゆりかご内部を移動している
そんな中、なのははヴィヴィオと対峙、バインド系を中心に攻撃を仕掛けるが、ヴィヴィオには効かない
その間にもWAS(Wide Area Search)の光球はゆりかご内部の探索を続けていた
なのはの攻撃をヴィヴィオは学習し、対応していくい
そんななのはの攻撃を見てクワットロはヴィヴィオに進言をした
ブラスターは術者の体力&魔力限界を超えた自己ブースト、どんどん使わせて疲労させればよい

地上ではではルーテシアの召喚獣ハクテンオウが混乱する中、地雷王がルーテシアを抱えるキャロとエリオを攻撃
しかしその攻撃を防いだのはガリュウだった

ミッドの地上本部ではシグナムがゼストに動向を求めるが断られる
しかしナンバーズやスカリエッティは逮捕、そしてルーテシアは保護されたと聞いて、ゼストは最後になすべき事をなすという
デバイスを構えるゼストに、シグナムも剣を構える
しかし戦闘は一瞬で決着が付いた
ゼストのデバイスは折れ、シグナムの紫電一閃によりゼストは敗れた

ゆりかご内部ではヴィータが駆動炉を相手に大苦戦
六課の仲間たちを守るために駆動炉を止めなければならないとヴィータは駆動炉への攻撃を続ける
そして遂にグラーフアイゼンは大破し、ヴィータも力尽きて墜落
しかしそのヴィータを受け止めたのははやてとリィンだった
ヴィータを助けたはやてがヴィータに言う
「鉄槌の騎士ヴィータとグラーフアイゼンがこんなになるまで頑張って……、それでも壊せへんもんなんてこの世のどこにもあるわけないやんか」
そしてはやてとヴィータの目の前で駆動炉は壊れていった

スカリエッティの研究施設では、通路が封鎖されていく
クワットロがこの拠点の破棄を決意したのだとスカリエッティはフェイトに言う
クワットロの体内に自分のコピーがいる以上、今の自分は用済みだと……

その時、ゆりかごの修復を試みるクワットロは背後になのはの放った光球を発見する
広域エリアサーチに捕まったとクワットロは知る
なのははヴィヴィオをバインドで捕らえ、クワットロをターゲットに
最深部にいる自分は安全と考えたクワットロだが、なのはが空港火災時に壁を打ち抜いて脱出路を確保しスバルを救出した光景を思い出す
その通り、なのはは壁抜きによる直接砲撃でクワットロを狙う
ブラスター3を起動しディバインバスターを発射、クワットロを直撃する

クワットロがやられたことにより、各地のガジェットは完全停止
ヴィヴィオの洗脳も解ける
しかしヴィヴィオの体は意志とは反対になのはへの攻撃を続ける
駆動炉を破壊され管制者を失ったゆりかごは自己防衛モードを起動、艦内の異物排除を目指してシステムが稼働
なのはの元に向かうはやてはリィンとユニゾンしてこれを撃破しつつ進む

なのははヴィヴィオを助けるべく戦い続ける
しかしヴィヴィオは自分の正体を知り、なのはが本当の母親でないことを知り、その呼びかけを拒もうとする
そんなヴィヴィオの言葉をなのはは否定
「本当の気持ち、ママに教えて」
そんななのはの言葉に、ヴィヴィオはなのはに助けを求める
そしてなのははヴィヴィオを助けると宣言し、ヴィヴィオの体を固定、魔力ダメージでの昏倒を目ざしスターライトブレーカーを射つ
そしてヴィヴィオの体内にあったレリックを破壊、ヴィヴィオは元の幼い少女の姿に戻った
ヴィヴィオはボロボロになりながらなのはの元へ自分で立ち上がる
そんなヴィヴィオをなのはは抱きしめた

ゆりかごの上昇速度は激減、艦隊の到着が間に合うとアースラでは安堵の声が挙がる
その頃、はやてなのはの元へ到着するが、聖王の反応をロストしたゆりかごは艦内全ての魔力結合を解除
なのはの飛行魔法やはやてとリィンのユニゾンもキャンセルされてしまう

地上本部ではシグナムに討たれたゼストが知る限りの情報を収めたリングをシグナムに託す
アギトとルーテシアのことを頼んだゼストは息絶えた

地上ではティアが足を引きずりつつギンガを背負ったスバルと合流
そこへシャマルたちがヘリで到着、突入したなのはたちとの交信が途絶えていると言う
インドアでの脱出支援と救助任務は陸戦魔導師の仕事だとヴァイスにバイクを指さされて言われた2人
スバルはギンガからブリッツキャリバー&リボルバーナックルを受け取るとティアと共にヘリでなのはのいるゆりかごを目指した


今回は何と言ってもなのはとヴィヴィオの戦闘
見どころ満載ですが、リミットブレイクで次々とパワーアップするなのはの魔砲(笑)
ブラスター3だけでなくSLBもぶっ放してくれました
長距離砲撃屋のなのはさんを思い切り堪能出来ました
2人のシーンは色々と良い場面が多すぎて困ります
言葉で語るのは難しい……ぜひ見てもらいたい(笑)

一方ここのところ出番の無かったヴィータが重傷を負いながらも登場
そして最後までボロボロになりながら駆動炉の破壊に成功しました
たった一人で仲間を守るために駆動炉に立ち向かう姿は格好良いですねぇ

そのヴィータを救ったはやて
ユニゾンシーンは無しですか?
来週にもう一回期待しましょう(笑)

そう言えばクワットロ、もう少し見せ場があるかと思ったのですが、あっさりとやられてしまいましたねぇ(^^;
クワットロファンにしてみれば「え゛?」といったところでしょうか(笑)
ただあれだけの壁を全部打ち抜いてクワットロに着弾したなのはの砲撃、もしかしたらクワットロは消し飛んでしまったのではないでしょうか?(^^;

そしてなのはたちの救出に向かったスバルとティア
スバルはギンガのブリッツキャリバーとリボルバーナックルを預かったので、次回は両腕にリボルバーナックルで登場しそうです
なんだか燃える展開になりそう
第1話でスバルを救出したなのはですが、最終回ではスバルがなのはを救出する場面になりそう
その時に両腕のナックルで壁を打ち抜いて脱出路を確保する姿が見られるかも知れません


次回がいよいよ最終回
機動六課の後始末など、後片づけの中に見どころがいっぱいありそうです
ルーテシアやアギトがその後どうなるのかなども含めて気になります
場合によっては第4期への期待がかかってきそう(笑)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/870-448054fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アニメディア 2007年 10月号 [雑誌]玉座の間についた、なのはを待ち構えていたのは、クアットロに精神を支配されたヴィヴィオだった。それは、救うべき魂・・・だが! 今、なのはとヴィヴィオの悲しき戦いが始まった・・・。
2007/09/20(木) 16:58:04 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
強くなるって約束したから――。守りたいものを守るために、強くなろとしてきた…。大事な仲間を、友達を、愛するものを――。育み守られたものは、次に繋がる絆となっていく…。そして、いつか約束の空へ――。
2007/09/21(金) 20:03:35 | SERA@らくblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。