日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて大詰めを迎えつつありますが、今回はスターズ分隊中心の話
あらすじと感想です


聖王のゆりかご内部をヴィヴィオの元へと急ぐなのはをディエチが襲う
しかし瞬時になのははエクセリオンバスターを発射、さらにリミットを1段解除したなのはの砲撃はディエチを直撃
捕まったディエチは、抜き打ちでさえ大威力のなのはの魔法に驚く

ヴィヴィオの元へと到達したなのはだが聖王の鎧と呼ばれる防御系魔法のため近づけない
そしてクワットロはヴィヴィオに刺激を与え、ついにヴィヴィオの覚醒が始まった
本当のママをさらった目の前の悪魔を倒せと言われたヴィヴィオは、なのはに対して敵意を向ける
ヴィヴィオを止めるため、なのははWASをフルドライブにし、ブラスターのリミット2を解除する

地上ではナカジマ三佐率いる108部隊がガジェットと交戦
ヴィータとなのはに鍛えられた魔導士が防衛戦を守るがギリギリの状況

廃ビルの中のティアは3人のナンバーズを相手に戦っていた
フェイクシルエットでのごまかしも通用しづらくなり、足を負傷して動けないティアは、迎撃を決意
「私はどんなに頑張っても、万能無敵の超一流になんて、きっとなれない」
ティアは悔しい現実を認めた上で精一杯の戦いを挑む
ナンバーズ3人の位置が最初の戦闘と同じ場所なのを確認したティアは完璧ではあるが単純な敵の連携に勝機を見出す

スバルは幼い頃を思い出していた
庭で転んで泣くスバルを慰める母とギンガ
ギンガとスバルは母クイントと同じ遺伝子を持つことから、クインとの遺伝子データが盗み出された上で生まれたのがギンガとスバルだった
痛いのや怖いのが嫌いなスバルは、幼い頃は自分が人と違う体を持つため、壊したくないものを壊すのがイヤで戦いから逃げていた
ギンガにとどめを刺されそうになるスバルだが、その時なのはに強くなって何をしたいのかと問われたことを思い出す
まさにその瞬間、マッハキャリバーが自らの意志でウイングロードを発動、スバルも無意識のうちに体を動かしなんとか体勢を立て直す
まだ戦えるはずなのに、こんなところで終わるのかとマッハキャリバーは問いかける
スバルが教えてくれた強さを求める理由は、どうしようもない状況で苦しくて泣いている人を助ける力が欲しい、そんな思いを嘘にするのか、マッハキャリバーはスバルに問いかける
スバルはマッハキャリバーのフルドライブ、エクセリオンモードを発動、ACSを起動する

地上管制のオットーはガジェットを撃墜するヘリを確認、そこにシャマルとザフィーラが現れオットーを捕縛する
オットーが墜ちたことで結界魔法が無効化、それに気づいたウェンディ達はティアにとどめを刺すべく攻撃を仕掛ける
しかしティアは完璧ではあるが単純な連携の隙をついて3人を迎撃、ディードとウェンディを倒し、ノーヴェの顔の前にクロスミラージュを構え、捕縛を宣言する

スバルとギンガはお互いのウィングロードを駆使しての戦い
そして最後の瞬間、バリアを砕くギンガの攻撃をかわしたスバルは、逆にギンガにディヴァインバスターを打ち込む

一方、リィンとシグナムはゼストが地上本部に到着したと知る
ゲイズの到着を知ったレジアスは副官オーリスを下がらせようとするがオーリスは動かない
そこにゲイズが到着
シグナムとリィンも地上本部に到着するが目の前にアギトが立ちはだかる
しかしシグナムは、元より事情を聞くのが目的だと言う
そしてゲイズはゲイズに写真を突きつけていた
8年前、自分と自分の部下を殺させたのはゲイズの指示なのかということを聞きに来たのだった


まずはなのはさんとヴィヴィオ
ヴィヴィオが覚醒して大人形態になりました(^^;
燃える展開ですね~、A'sで闇の書が覚醒したシーンを思い出しました
いよいよ次回からはなのはvsヴィヴィオですかね?
ただリミットを1段解除して撃ったブラスターの影響でなのはが腕から血を流していたことが気になります
2段目解除した今、ブラスターを撃ったらどうなるのでしょう……?

そして今回はスターズ分隊が見どころ満載
ティアはついに3人のナンバーズを落としました
私は、ティアは2人までは倒せるが三人目に襲われそうになり、そこへヴァイス陸曹が助太刀に入ると読んでいたのですがねぇ
まぁ一人で3人のナンバーズを落としたのだから、ティアはかなり強いです
まぁモノローグ通り万能タイプではないですし、頭で考えて戦うタイプなので絶対的な強さではないでしょうが

さらにスバルvsギンガ
予想通りの決着ですが、マッハキャリバーが恰好いい!
自らの意志でスバルを救い、昏倒しそうになったスバルを奮い立たせるシーンはゾクゾクしました
そしてスバルのエクセリオンモードにはビックリ、さすがはレイジングハート直系の弟子であるマッハキャリバーです
エクセリオンモード以外にもにACSドライブまであって、ますますなのはの弟子っぽいです
さらに回想シーンのちびスバルとちびギンガもなかなか良いです、いろんな意味で(笑)
母の遺伝子が利用されて生み出されたギンガとスバル、やはり前の事件と繋がってくるのですね
もっとも全部の謎が解説されるかどうか微妙ですが(^^;


スターズ分隊中心のため、ライトニング分隊は登場シーン無しなのでフェイトとエリオ&キャロは出番が無い
シグナムはゼストとの絡みで出てきましたが(笑)
はやても2週連続出番無しです、まぁ25話以降では大活躍しそうですが(笑)>はやて
それともう出番がないと思っていたシャマルとザフィーラも登場、2人がかりでナンバーズ1人捕獲ですか
それとヘリから射撃魔法が放たれていましたが、あれはヴァイス陸曹なのでしょう
それと……あれ、スターズ分隊の話なのにヴィータは出番がなかったですねぇ(^^;

さて最後のシーンがなかなか意味深いです
というのも、ゲイズの副官オーリスとゼストに何か関わりがあるような雰囲気です
しかもENDロールではこれまで「オーリス」だったのが「オーリス・ゲイズ」になっています
父娘なのでしょう>2人
そしてゼストが見せた写真の中にも注目
あきらかにクイント(スバルの母)、ティーダ(ティアの兄)、さらにルーテシアの母親と思われる人物が写っています
この写真が今後のゲイズ側の事件の真相に迫る鍵と言えましょう


ということで中身の濃い23話でした
次回24話は「雷光」なので、ライトニング分隊が中心になるのでしょう
エリオとキャロがルーテシアの説得に成功するのか?
そしてスカリエッティに捕まったフェイトは?
シグナムとゼスト・アギトはどうするのか?
最近めっきり出番の無いヴィータやはやては出番があるのか?(笑)
そしてなのはvsヴィヴィオは?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/856-1f89e7b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.3ついに玉座の間へとたどりついたなのは。そこには、苦痛に泣き叫ぶヴィヴィオの姿があった。なのはの行く手を阻むクアットロ・・・彼女はある衝撃の事実を告げるのだった・・・。
2007/09/05(水) 16:34:07 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
なのは指揮の機動6課スターズ。分断され、それぞれ孤独な戦いを強いられる…。ティアナとスバルは、諦めず立ち上がる。積み重ねてきた時間を、信じた未来を…夢のままで終わらせないために――。スターズが
2007/09/05(水) 21:04:13 | SERA@らくblog
第23話 Stars Strikeずっと信じ続けてくれた仲間、そして見守ってくれた人のため、ティアナ、頑張ります!他のキャラも活躍、ようやく反撃ののろしですよ。
2007/09/05(水) 22:22:57 | えたなるお~しゃんA’s
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。