日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ということで第14話のあらすじと感想です


なのはは、フェイトと一緒に住む官舎の部屋でヴィヴィオとの生活をはじめた
一方フォワード陣との訓練はモード2を基本にした厳しいものへと替わっていく
そんな中、査察をクリアした六課
ティアははやてと本局への出張任務、執務官志望のティアに経験を積まそうと言うはやての心遣いだった
ライトニングは現場調査、副隊長はオフ待機のため、前線メンバーはなのはとスバルだけ
そしてヴィヴィオはそんななのはのもとで平和な暮らしを送っていた

一方、本局に入港した新造艦クラウディアの艦長クロノの元には査察官のアコースがやってくる
クロノとアコースはゲイス中将への対策を練りつつ、今後の方針を話し合う
そしてはやてとティアがやってきてクロノとの会談、前線メンバーには予言のことを伏せて対策を練る
新人たちには予言を伏せて話を進める隊長陣、フェイトも時空管理局の歴史を振り返りつつエリオやキャロに話す
質量兵器を捨て、魔法で世界を管理する時空管理局システム
レリックが絡めば、ガジェットが出てこなくても六課の出動があり得るのであった

 ゲイズ中将を中心とする地上部隊は予言を信じないため、海と陸の確執
 政治的な絡みで自由に動けないため、独立的に動ける部隊が必要となり六課が設立された
 そんな六課の設立の真の理由を知らされ、改めてカリムやはやてへの協力を約束するなのはたち

そんなカリムとの会談を思い出し、フェイトも心を新たにする

一方の六課ではスバルが人造魔導士素体のヴィヴィオの将来を心配する
なのはは保護責任者という形で当面ヴィヴィオの面倒を見ることを告げる
保護責任者はよくわからないヴィヴィオだが、スバルに「なのはがヴィヴィオのママ」といういことを知らされて泣いて喜ぶヴィヴィオ

本局ではアースラが廃艦処分と聞き、寂しさを隠せないはやて
一方のティアはアコースからはやてを「上司と部下ではなく、仲間として、女の子同士として接し支えて欲しい」と頼む
艦を退去するはやてたちを見送りつつ、闇の書事件の自責の任が強く生き急ぎすぎるはやてを心配するクロノとアコース
また108部隊ではナカジマ三佐がギンガとともに先日の人造魔導士の解析結果を聞き、六課と直に打ち合わせすることを決める
そしてナカジマ三佐やギンガは自分の妻であり、ギンガとスバルの母親を亡くした事件を思い出す

その夜、なのはがヴィヴィオのママになったことを聞いたフェイトは、自分もヴィヴィオのママになったと言う
後見人となったフェイトもヴィヴィオからママと呼ばれることになった
ヴィヴィオにとって、なのはとフェイトの2人のママが出来たのだった


とりあえず今回もヴィヴィオが可愛いという結論に行き着いてしまうのですが(笑)
そればかり言っていられないので少し考察を……
今回はこれまでの話の整理、特に機動六課の設立理念の説明、さらになのはとヴィヴィオの親子関係の成立がメインの話
その中に伏線がいっぱい出てきました

 ・廃艦になるアースラ
 ・またもはやて死亡フラグ
 ・ギンガとスバルの母の死とレリック事件の関わり
 ・なのはとヴィヴィオの親子関係

いやぁ伏線てんこ盛りですね
その中でも気になるのは「アースラの廃艦決定」という展開
管理局システムが壊滅するという予言との関わりで言えば、終盤管理局システムが崩壊する中、六課メンバーがアースラで次元世界に脱出し、再起を賭けるという展開があるのではないでしょうか?
廃艦が決まっていた艦のため乗組員は少なく、その時にアースラを動かすためにエイミィやユーノ、リンディ統括官、アルフ等がアースラに乗艦するのですかね(笑)

ところでクロノとアコースの会話のシーン
思い切りキョンと古泉の会話に聞こえてしまう(笑)
毒されているなぁ……


そして次巻は、後半戦突入の第15話「Sisters&Doughters」
ナンバーズたちがまた出てきますね
今日の話と次の15話の間にはいるのがサウンドステージ02です
えぇ、もちろん既に予約済みですよ(笑)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/794-9bd3e48d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.1穏やかな日常・・・引き取る人間が見つかるまでの間、なのははヴィヴィオの母となることを決意する。一方、クロノとヴェロッサと会うため、本局にやってきたハヤテとティアナ。そして・・・。
2007/07/06(金) 18:24:48 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。