日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて13話目、あらすじと感想を……

アギトの回想シーンからスタート
実験台としてこの世に生を受けたアギト、それを燃えさかる炎の中からルーテシアとゼストが救い出し、ルーテシアがアギトを連れて行くことに決めた
こうしてアギトはルーテシア達と行動をともにすることになる
アギトは、先日遭遇したリィンを思い出した
あいつも自分と同じ融合機……でもあいつはロードのいない融合機の寂しさを知らない
同じ融合機でも自分にはロードはいない……

さて一方なのはとシグナムは病院へ……先日の謎の少女が行方不明になったという
なのははシグナムやシャッハとともに少女を捜し、発見する
騎士甲冑を纏ったシャッハに怯える少女をなのははなだめ、少女は自分の名はヴィヴィオだと言い、そしてママがいなくなったとも言う
なのはは一緒に探そうとヴィヴィオに言う

一方機動六課では、査察が入ることに決まったことではやてとフェイトが対策を練る
何と言っても六課は突っ込みどころ満載の部隊
そしてフェイトがはやてに六課設立の真の目的を尋ね、はやてなのはと騎士カリムやクロノ提督の元で話すと答える
そこへヴィヴィオを連れて帰ってきたなのは
しかしヴィヴィオはなのはと離れるのを寂しがり駄々をこね、フォワード陣もオロオロするばかり
そこへフェイトがやってきてヴィヴィオをなだめてしまう
その手際の良さにフォワードたちは唖然とするばかり

隊長達が出掛けた後、ライトニングにヴィヴィオの相手を任せて、スターズ2人は書類の整理
ナンバーズ達の存在を気にかけ、心配するスバルだが、ティアに判断するのは隊長達だと言われスバルは納得する
一方のライトニングはヴィヴィオの相手
眠ったヴィヴィオを見てエリオは考える
ただの人工受精児にしては記憶が強すぎる……恐らく元の素材となった人間の記憶が……プロジェクトFは終わっていない……

さてカリムとクロノの元を訪れた隊長3人は、はやてから六課設立の真の目的を知らされる
後見人のクロノやカリム、リンディ以外に、かの三提督も承認している部隊であると
その理由はカリムのレアスキル、少し未来のことを古代ベルカ語の詩として予言書として年に一度書き出す能力
あまりに謎の文章なので解釈も難しく、良く当たる占い程度の的中率
そこにレリックを巡る騒動で管理局システムが崩壊すると解釈出来る予言が現れたことにより、そのために独立部隊として六課は設立された

レジアス中将はオーリスに査察の指示を出す
オーリスは六課の構成が実験部隊となっており巧妙であることを指摘
レジアスははやてのような元犯罪者に相応しい切り捨てることが出来る部隊であると判断する

六課に帰った直後、はやてはフェイトとなのはに六課の不安な結末を考え、迷惑をかけることになるかも知れないと謝るが、なのはとフェイトに友だちだと諭される
部屋に戻ったはやては再度考える
グレアムによって育てられ、ヴォルケンリッターの騎士達に守られ、なのはとフェイトに救われ、そして初代リィンフォースが残してくれた命
あのような悲しみや後悔をこの世界では誰にもさせたくない……
私の命は、そのために使うんや……


前半戦のまとめに相応しい、六課設立の背景などがまとめられた話となりました
そのためか説明的な場面が多く、結構見ていて設定を理解しながら見る話になっています
またもう一つ、謎の少女ことヴィヴィオとなのは
フェイトとキャロやエリオのような親子関係、はやてと騎士達の家族関係、そしてそこになのはとヴィヴィオの親子関係が繋がっていくことになるのでしょう
六課という大家族の中に存在するいくつもの人の繋がり……それが今後の展開のキーポイントです

しかしヴィヴィオが可愛いです(笑)
シャッハに驚いてぺたんと尻餅をつく所
六課で泣き叫びながらなのはにしがみつく所
そしてアイキャッチでのヴィヴィオ……可愛いねぇ
なおヴィヴィオの出ているアイキャッチの隅にフェレット形態のユーノが映っていましたねぇ(笑)

また予言によって管理局が崩壊するという未来があるようです
その時に後見人や三提督の後ろ盾で、六課が孤軍奮闘するのでしょうか?
そう考えれば、実験部隊という名目ながらもオーバーSランクや優秀な新人たちを集めた、ティアに言わせれば「異常」な構成にも納得がいきます
独立部隊として管理局崩壊後に戦うことになるのですから

また謎なのがレジアス中将の副官オーリス、敵なのか……それとも味方なのか?
案外、アコース査察官が、レジアスの元へ送り込んだ二重スパイなのかもと勘ぐっています

そして今回のもう一つのヤマ場がはやての死亡フラグ
六課自体がいつでも切り捨てられる使い捨て部隊であることや、ラストシーンでのはやての決意……
主が死んだ後に新たな主の元で騎士達を再生する夜天の書の再生プログラムはA'sで破壊されたので、主はやてが死んだらシグナム、ヴィータ、シャマル、ザフィーラも消滅する
それがA'sのCDドラマで語られていましたが、果たしてどうなるのか?
あちこちのなのは関連サイトで「はやて死亡フラグ」が語られていますが……??


さて次回は「Mothers&Children」
なのはとヴィヴィオに焦点を当てる話になるのでしょう
CDドラマ第2弾SS02は14.5話なので、次の話の後に入る話でしょう
ということで前半戦は次回が節目と言うことかな?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/788-31ca6e62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
魔法少女リリカルなのはStrikerS The Comics (1)生まれた時のことなんて覚えてないし、人間で言う親・マイスターが誰かなんてことも私は知らない。ただ静かに・・・随分長い間眠ってただけ。気がつくとそこは地獄だった・・・。
2007/06/30(土) 02:17:28 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
予言された破滅の未来、戻せない過去…失われたもの…。残された者は、見えない未来を探るしかない。望む明日を勝ち取るために…大事なものをもう無くさないために…アギトは同じチミッ子のリインにライバル宣言(笑
2007/06/30(土) 09:42:46 | SERA@らくblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。