日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ということで、前回の引きがあまりに衝撃的すぎたため、早く来い来いと待ち続けた第9話です
では、さっそくあらすじと感想を!

訓練でなのはに撃墜されたティアは医務室で目を覚ます。なのはの訓練弾は優秀で体へのダメージはなかったが、溜まっていた疲労で夜まで眠り続けていたのだった
一方、なのははフェイトからティアとスバルの様子を聞き、翌朝話をしようと考えていた
そこへ飛行型のガジェットが出現
こちらの戦力偵察と察したはやてたちは、なのはの進言もあり、なのは・フェイト・ヴィータの三人が空戦モードで出撃、新人達はシグナムの指揮で待機となった
その際に、なのははティアの疲労を考慮して待機任務から外すが、これにティアが反攻、シグナムに殴り飛ばされる

ティアのことを気にしつつ出撃するなのはたち
一方、スバルは「自分を高めようと訓練するのはダメなのか!?」とシグナムに詰め寄る
その時、シャーリーが現れ、なのはの過去と教導の意味を語る
わずか9歳で魔法と出会った少女は、命をかけた実戦をくぐり抜け、ジュエルシード事件と闇の書事件の解決に貢献
その間に当時は安全性に疑問のあったカートリッジシステムの使用
など、誰かを救うため、自分の思いを通すための無茶を、少女は続けた
しかし管理局入りして2年目の冬、溜まっていた疲労から何でもない任務で撃墜され瀕死の重傷を負った
無茶をすることは危険で、新人達に自分と同じ思いをさせたくないと言うなのはの想い
確かに無茶をしても譲れぬ戦いの場はある、しかしお前が打ったあの場面はそう言ったギリギリの場面だったのか?
シグナムの問いかけにティアは絶句する

あっさりとガジェットを全滅させて帰ってきたなのは
はシャーリーから事情を聞き、ティアの元へ
そしてティアは決して凡人ではないと語る
六課の新人はまだ原石、それを磨いている段階
しかし、ティアが執務官志望であることから、将来を考えてティアのクロスミラージュには別のモードが用意されていた
ティアはテストモードに切り替えられたクロスミラージュをモード2に
すると銃型デバイスのクロスミラージュがダガータイプに変形
クロスやロングはそろそろ教えようと思っていた、となのはが語った
ただ今は目の前の任務のために出来る技を極めるのが優先だった
なのはの思いを受け止めたティアは泣きながらなのはに謝る

翌朝、なのはが待つ訓練場に向かう新人達にフェイトが言った
その人がいれば、困難な状況を打破できる。どんな厳しい状況でも突破できる、そんな魔導士をStrikerと呼ぶ、なのはは訓練を始めてすぐに四人は全員Strikerになれると言った……と
六課の絆がまた一つ強くなったのだった


いい話です~(T^T)
泣いてしまいました
コミックスでしか触れられなかった衝撃のなのはの事故
またティアのクロスミラージュにモード2が用意されていて、それがクロスレンジ用だったと言うことにもビックリ……ってことは、モード3(ロングレンジ用)もあるでしょうし、マッハキャリバーや他の面子のデバイスもそうかもしれません

それとクロスミラージュのダガーモード……あれ振り回したら、自分のお腹を切っちゃいそうですね(笑)
そう言えばヴィータもグラーフアイゼンをラケーテンフォルムに切り替えるのにフォルム2(ツヴァイ)って言ってましたね
管理局の管理下に入ると、モードをナンバーで切り替えるのかな?
そう言えば、ガジェット出現時に超長距離砲撃一撃で終わりだけど、これくらいで隊長のリミッター解除はでけへん、っということはバスターモードへの切り替えはリミッター解除をしないと出来ないと言うことなのでしょう
確かになのははこれまではアクセルモードでしか砲撃してませんしね

さてそんないい話ずくめの中にツッコミどころを(笑)
なのはの過去を語るシャーリーが見せた記録映像の中になのはたちの過去の姿が……懐かしいですねぇ>9歳のなのはたち
しかしジュエルシード事件の場合で言うと、7話で時空管理局が介入してきてからの映像なら本局のライブラリーにあるかも知れません
というか、エイミーが記録していたのでしょう
フェイトがプレシアに拷問を受けるシーンも百歩譲って、なんらかの記録を取ったと考えましょう
しかし時空管理局介入以前のなのはとユーノの出会いのシーンなどの映像があるのは何故でしょう?(笑)
時空管理局が、第97管理外世界(現地用語:地球)の日本で発売されていたDVDを資料映像として購入していたと言うことでしょうか?(笑)

それともう一点、最後のフェイトの台詞にあった「Striker」
これで今回のシリーズのStrikerSの意味が登場したわけです
無印が「魔導士なのはの誕生」を描き、A'sが「魔導士なのはのA'sへの成長」を描いた物語であれば、今期は「新人たちのStrikerへの成長とそれを見守るなのはたち」という視点で描くというのがピッタリと来そう
そして表面上はなのはがヒロインだけれども、内実はスバルを中心とした新人たちの物語だということでしょう
StrikerSの最後のSは「スバルのS」であり、4人の新人たちを現す「複数形のS」の二つの意味があるのでしょうか?

さて次回なんですが、機動六課の休日らしいです
休日をもらった4人を中心に話は進みそうですが(というか、隊長さんたちなら海鳴市帰省の話になりそう)、素直に休日の話とは思えません
だって(前編)ってついてますから(笑)
休暇中に何か起きそうな予感がします

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/761-a0dc79e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.1気がつけばティアナは、医務室のベットの中にいた。模擬戦での失態・・・彼女の表情は暗い。そして・・・。
2007/06/02(土) 03:21:01 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。