日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ということで、先週のティナの失態を受けて始まった第8話
とりあえず今回の見どころは……

 連邦の管理局の白い悪魔

……なのですぅ~(^^;

ではあらすじと感想を……

前回の「無茶やって味方撃ち」をやらかしたティナに、なのはは、二度と無茶なことをしないよう約束させて、この件は終わりにします
しかし問題はこの後に起きたのです……
ホテルからの帰還後、新人達には明日に備えて体を休めるように命じたなのはに対して、ティナは一人で個人練習を夜まで続ける

その間に新人はスバルから、副隊長陣はなのはから、ティナの過去を聞かされます
ティナの兄は首都航空隊のエリート魔導士だったが、犯罪魔導士を追跡中に死亡、そしてそのことを心ない上司から「役立たず」呼ばわりされたことから、ティナは「兄が教えてくれた魔法は間違っていない」「執務官になりたかった兄の意志を継ぐ」と管理局入りしたと言うことを……

翌朝からはスバルもティナとの早朝練習を開始
そしてティナは「射撃だけではなく、技の数を増やす」という選択肢を選びます
なのはの指導とは違うことをやる、つまりなのはを、ある意味では裏切る行為をすることを、ティナはスバルに尋ねる
それに対してスバルは「結果を出せばわかってくれる」と言う

 だってなのはさん、やさしいもん

特訓の成果を見せるべく、臨んだなのはとの2on1の模擬戦
スバルの強引ななのはへの突入から始まり、いつもの射撃ではなく砲撃をする姿をフェイクシルエットで見せた上に、クロスミラージュを銃剣モードにして、なのはの背後から近接戦闘を挑むティナ
なのははレイジングハートをスタンバイモードに戻し、素手で二人の攻撃を受け止める
自分がこれまで練習で教えたことと全く違うことをする2人になのはは悲しそうな表情で告げる

 模擬戦はケンカじゃないよ……
 本番で危険な無茶をするなら練習の意味が無いよ
 練習どおりやろう


なのははスバルをバインドで拘束したまま、ティナを砲撃、撃墜

 模擬戦はここまで。今日は2人とも、撃墜されて終了・・・

そんななのはをスバルは鬼のような形相でにらみつける


さて、今回の見どころは、何と言っても連邦の管理局の白い悪魔の覚醒(^^;
悲しそうな表情で、ティナを撃墜するシーンは画面を見ながら凍り付いてしまいました
確かに、なのはの言うとおり模擬戦や訓練はケンカではないし、勝つことが目的でもありません
訓練や模擬戦は、本番(実戦)で間違いをしないよう頭や体に染みこませること
その意味では、なのはに勝つことに拘った二人の間違いを指摘しているなのはは正しい……が、その方法が(^^;
第6話でヴィータに言っていた「細かいことを叱るよりも、模擬戦で叩きのめす方が、教えられる側も学ぶことが大きい」ということを実行したわけで、ある意味戦技教導隊らしいやりかたです
なのは関連Blogではそう言った意味でこの時のなのはの行動を是認している人が多いですが、私にはなのはの行動がこれでよかったのか疑問を抱きます
その辺は来週の展開待ちですが……(^^;
ティナとなのはの関係の再構築を含めたスターズ分隊の人間関係の再編成が重要なキーになるかも知れません
最後のなのはをにらみつけるスバルの表情、「なのはさんLove(はぁと)」状態のスバルがここからどういった成長を見せるのか楽しみです


現在第8話でこれと言うことは、前半クールは機動六課の体制作りや各人のバックボーンの説明に費やしそうな気がします
何しろ、ガジェットドローンとの戦いばかりで、まだ一度も敵と顔を合わせていないのですから……(^^;
なんだか無印やA'sと違い、純粋な軍事アニメに近づいているような気がするのは私だけでしょうか?

あと絵的な見どころを言えば……
 ・さりげなくユーノくんとなのはを二人にするフェイト
 ・↑の際の頬染め状態のなのは
 ・スバルに「コンビだから」と言われ、ツンデレ状態のティナ(笑)
 

さて、来週は今週の話の後始末ですね
そしてコミック版でしか触れていなかった、なのはの負傷とヴィータというエピソードが語られそうな気がします

べ、別に……き、期待して待っているわけじゃないんだからねっ!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/754-4db61b9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.1任務の最中、誤射によりスバルを傷つけそうになった事を悔やみ続けるティアナ。技術向上を目指し、彼女はさらなる厳しい訓練を自分に課す。そんなティアナの特訓にスバルも付き合うが・・・。
2007/05/23(水) 23:49:58 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。