日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世間で大騒ぎになっている高校野球の特待生制度
一応、私としてもコメントを何らかの形で残しておかないとなぁ、と思ったので、素直に考えたことだけを記録しておく

特待生制度の是非について……
どうして、これが悪いのかがわからない
勉学に優れた人が奨学金を得たり、あるいは特待生として入学金や授業料の免除を受けたりすることと、スポーツで優秀な生徒が同じように奨学金を得たり、入学金や授業料の免除を受けるのは同じである
理由が「勉学」か「スポーツ」かという違いだけ
ところが高野連の言い分は「勉強が優秀で特待生になるのはいい、他のスポーツで特待生になるのもうちは関係ない。しかし高校野球だけは特別だ」という非常におごった考えなのである

もちろん、裏金やブローカーの存在など裏の部分があるのは事実
そこは絶対に正さないといけないが、透明な奨学金や特待生制度であれば何の問題もないはずである
高野連の基本的な考えはこうであろう……

 高校野球で奨学金や特待生になるような心の汚い者は必ず裏金にまみれている

「“神聖なる高校野球”でもってお金を得ようと言う汚れた心を持つ人は高野連は許さない」ということなのであろう
だったら、私も高野連にもの申します
「“神聖なる高校野球”の全国大会でスポンサー企業や放送局、その他の名目でお金を儲けるという汚れた心を持つことはやめなさい」
春と夏の二回の全国大会そのものが高校球児を食い物にした大人の金儲けの手段ですからねぇ

ついでにもう一個
「こんなにたくさんあるとは思わなかった」
これがもし本気で言った言葉なら、この人はすぐに辞任すべきですね
こんな「世間知らず」が高野連の幹部だったから、この問題が今まで放置されてきたんじゃないの?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/734-cf17b8c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。