日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が所管業務をしているボランティア団体はいくつもある
学生さんがメインの団体は、お互いの連絡手段を携帯メールにしているが、何の問題もなく意志の疎通が図れているし、mixiも利用し始めたらしい
一方、シニア層が中心となる団体は困る
昨今の時代の流れで、子どもの安全のためのボランティアが構成されるが、やはり昼間は家にいる高年齢層が中心となってしまう
そして「携帯なんか持たない」という頑固な人がいるかと思えば、「連絡はメールで」という使いこなし派までいる
となると、メールの人にはすぐに連絡が行くが、「電話で連絡してくれ」という人にはなかなか連絡が行き届かない
でもって「もっと頻繁に連絡が欲しい」と文句を言いに来る人は、たいてい「携帯は持たない!」という人なのだ
しかも200人以上いる団体で、メールで連絡する人は2割弱、あとは電話なのだ
全員に連絡を取るために必要な時間がどれだけかかるか……考えてみればすぐにわかる
私も「メールバンザイ」「これからはITで何でもやる時代だぜ」「携帯が全てに優先だ!」「携帯さえあれば世の中バンザイ!」とまで言うような携帯万能主義ではないが、それでも持つことによって得られるメリットは理解して、その時に応じて使い分けている
要は「ケースバイケース」で柔軟な発想を持てるかどうかと言うことなのだが、なかなか旨くいかない
「年寄りなので、携帯は使えない」という人もいるが、中にはもっと高齢でも使いこなしている人がいる
結局「使おうという意志」があるかないか
しかも「メールを送って」と言っているのではない
「受信メールを読んで」というだけだ
送信は確かに難しいが、受信操作はキーを2~3回押すだけなのだが……
それすら「覚えるのがイヤ」というのであれば、その分のデメリットは受け入れて欲しいと思うのだ

ちなみに今度はパソコン関連のボランティア団体でも同じように連絡手段の模索が始まった
今週末にそのための会議があるが……メーリングリストか、あるいはmixiにするか……
今ちょっと試行錯誤中
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/657-a3fb0001
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。