日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ということで、サクラ大戦歌謡ショウの10年間の集大成
サクラ大戦歌謡ショウファイナル「新・愛ゆえに」を見ました
……昨日からずっと見っぱなし(^^;

とりあえず本編には感動
特に三幕の劇中劇……「新・愛ゆえに」
えぇですねぇ~、マリアはん格好良すぎ(^^;
そして今回はとにかく曲がいい
いつも曲的には完成度が高いサクラのショウですが、今回の曲は特にすごい
これだけ聞いて「う~ん……」と首を捻る曲は一曲もない
その中でも「さくら咲いた」はいい曲ですねぇ
 ・暗闇の創造
 ・太正浪漫
 ・仮面舞踏会
 ・悲劇
 ・新・愛ゆえに
このあたりもいい曲です……というか全部いい
そしてファイナル……
「花咲く乙女」で涙する涙腺の弱いワタシ(^^;

ポテト……じゃなかった、さてと(笑)
……特典映像の方も見ました
千秋楽映像を見て、また涙するワタシ(^^;
今回の千秋楽は「初日のように」ということで、余計なネタやイジリはなし
楽日独特の「芝居を壊す」という行為が好きではないので、ずっと苦言を呈していたんだけど、今回は安心してみられる千秋楽です
本当ならもう少し前からこうして欲しかったような気がします
千秋楽というのは、稽古場でやってきたことに加え、初日からお客さんの反応を見て味付けをした結果出来上がった「集大成」であるべきだから
その意味では、最後の最後の大楽で、サクラの集大成とも言える舞台になったのは非常に良かったのではないでしょうか

なお、今回の舞台を通して見ての個人的に三賞を選ぶとすれば

○殊勲賞:大神一郎
40手以上の殺陣のシーン、がんばりました

○技能賞:千葉助
よくあの4つの日替わり芝居をこなしました

○敢闘賞:田中公平
連日、タクトを振ってがんばってくださったので

本当に素晴らしい10年をありがとうございます
個人的に生で見たのは「アラビアのバラ」と大阪での新春公演だけですが、結局、花組の舞台関連のDVDは「奇跡の鐘」「スーパーライブ」「カウントダウン」、それから紐育星組のショウ、さらにOVA特典Discの「巴里のディナーショウ」を含めて全部持っていることになります
そのうちに、時系列を追いながら「順番に視聴する」企画を起こしましょうかね(笑)

#老後企画かも(笑)

★追記:
そして今回の舞台に「中嶋親方」がほとんどご出演になっていない理由も知る
日替わりの前説に出てこないので「??」と思っていました
役者を辞められていたのですね……
ネットで調べると現在は音響監督のような仕事をしているとか……
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/611-1da883ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。