日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、FIFAクラブW杯の決勝が昨夜行われ、ブラジルのインテルナシオナルが初めての栄冠を掴んだ
FCバルセロナは、またしてもクラブ世界一になれなかったわけだ……

ところでこの大会、南米・欧州・北中米・アフリカ・アジア・オセアニアの各大陸別のクラブチャンピオンが世界一を決めるための大会
以前は南米と欧州のチャンピオンが世界一を争うトヨタカップだった
そのトヨタカップも以前にインターコンチネンタルカップと呼ばれていた南米と欧州の王者同士が戦う大会を中立国の日本で開いたもの
ようするに、この大会そのものが「欧州vs南米」のクラブ王者決定戦であり、他の4大陸は一応参加しているだけのようなモノだ
ちなみに昨年はオセアニア代表のシドニーFCに三浦知良が、今年はオークランドFCに岩本輝雄が大会前に加入して、各チームの一員として参加している

さて、この大会、とりあえず2008年にメキシコが開催の意思を表明しているが、FIFAとしては、この大会を大きく育てたいのと、大きくなる大会規模を考えて、しばらくは日本開催を続けたいという噂が流れてくる
とりあえず参加クラブ数を増やすことは必要かも知れない
現状は6クラブだが、とりあえず8クラブくらいにするべきだろう
というのも、いくら欧州と南米の大会だと言っても、毎回欧州と南米のクラブが1回戦シードはやはりおかしい
8クラブだとドローを作りやすいのだ
それと、オセアニア代表クラブの扱いも微妙だ
オセアニア連盟のオーストラリアがアジア連盟に移籍したため、実質上オセアニアはニュージーランドのみ(^^;
となると、なんらかのプレーオフ付きにしないとオセアニアから1代表はあまりにもバランスが悪い

 南米(1.75)
 欧州(1.75)
 北中米(1)
 アフリカ(1)
 アジア(1)
 オセアニア(0.5)

この辺が、バランス的にもいいのでは……

プレーオフは、まず南米と欧州の2位同士が戦い、勝者は本大会へ
さらにその試合の敗者はオセアニアとプレーオフ
前回優勝クラブ枠を作るので有れば、南米と欧州のプレーオフの勝者がオセアニアとプレーオフでもいいだろう
(個人的には「前回優勝」という枠は嫌いなのだが……)
開催国枠は、観客動員的にもあっていいと思う
各国を持ち回りで開催するようになれば「開催国枠」があってもいい
ただ当面日本で継続開催する場合は「開催国」枠は必要ないだろう
いや、少なくとも日本のクラブにはアジアチャンピオンになって初出場してもらいたい。日本のクラブの初出場が「開催国枠」ではあまりにも不憫だ(^^;
8カ国での開催となれば、あるいは2つのグループに分けて予選リーグを戦い、各予選グループの1位と2位が準決勝でタスキ掛けで対戦、そのあと決勝と3位決定戦でもいいだろう

もう一つのワールドカップであるFIFAクラブW杯
この大会がもっとビッグな大会になって欲しいもう一つの理由がある
W杯の野球版としてWBCが始まったが、ぜひ、このクラブW杯の野球版も開催して欲しい
とりあえずは北米シリーズチャンピオン(MLBのチャンピオン)とアジアシリーズチャンピオンによる大会からスタートすることになるだろうが……
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/600-e85108f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。