日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は林野火災訓練
ようするに山火事とかが発生したあと、山の中の鎮火状況を確認するなどの活動を行う時の山歩き
地図を見ながら、ポイントを通過し随時無線の通信訓練を行うというもの
私は数年前に参加したことがあり、担当課からは「なるべく過去に参加したことのない人」という指示だったにもかかわらず、2度目の参加をすることに(^^;
7人ずつの4班に分かれて、それぞれのコースを踏破するのだが……

入山直後、早くも10分程度で、足が動かなくなってくる
気持ちは前に進んでいるのだが、足が上がらない
斜面を登るだけならいいのだが、コース内の随所にご親切にも「山登りする人のため」に丸太や石で階段状の段を作ってくれている
これが足を上げて登る時にふくらはぎや太股の負担を増やす
なんたって段差が50cm近い所まであるんだから(^^;
ゼィゼィ……ハァハァ言いながら30分近く歩いたとき、コースがいきなり獣道になる
ぉぃぉぃ……一応ハイキングやファミリー登山する人の通コースがメインじゃなかったのか……
あまりに不安になり、班の引率を兼ねている消防員が先行してコース確認をする
一番若い職員が枝道がなかったか後戻りする
しかしどう考えても10分弱前に分岐点を通っている
私が「?」と思いながら通ったあの道の可能性は高い
しかし「いや、ここまでは地図上では間違っていない」と言う職員がいて、結局地図を見ながら方角を確認する

「ぉぃぉぃ、林野火災訓練だけでなく、山岳救助訓練もメニューに入っていたのか?」と軽口も出るが、私自身は疲労困憊
30分もの間、ウロウロし「やっぱり、あの枝道だ」と戻ることに
その頃、途中でルートが交差する別班と遭遇
向こうの班は最後の無線ポイントに来ているというのに、こっちはまだ最初の無線ポイントにもたどりついていない(^^;

結局その戻った後枝分かれから入ったルートが正しく、30分遅れて踏破完了
下山したところから2km近くもの距離の道路を歩きながら戻っていくと、本部から通信
「今どこですか?」
返事をして数分後、お迎えの車が……あまりにも遅いので、迎えに来たのだ(^^;

「いやぁ、来年からはヘリも準備しておいた方がいいよね」と車の中で話ながら帰ってくるのだが、その際に車中で両足ふくらはぎがツった(^^;
イテテテ……
とりあえず終業後、自宅に帰ってきても腰と両ふくらはぎが痛い
明日は太股も筋肉痛だろうなぁ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/582-cb9e56b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。