日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日の未履修問題のエントリーに対し、こんな内容のメールを貰った

--------------
実際問題、大学受験に不要な科目を必修として履修を強要させる学習指導要領に問題があるのでは?
文部科学省は自らの間違いを認め、大学受験の実態に高校の履修科目を合わせるよう、各高校や生徒が受験科目に合わせて自由な科目選択等を認める指導要領を作成するべきです
高校は義務教育ではないのですから、何を勉強するかは個人の自由
それを強制的に決めている学習指導要領はおかしいと思います
--------------

確かに私は「大学受験制度」か「学習指導要領」の乖離が問題であり、そのためには実際に指導要領に合うように大学受験制度の見直しが必要と書いた
それに対してこのメールの主は「いや、指導要領の方を大学受験制度に合わせるべきだ」と言っているのだろう(と思う)
なるほど、言ってることは至極もっとものように見える
しかし高校は「大学受験のための予備校」ではない
もちろん、今の学習指導要領が100%正しいとも思えないが、受検に特化するのもおかしいのだ
その時代に応じて「高校卒業に必要な内容」は変わると思う
そのために常に学習指導要領を「その時代の高校卒業程度」に合わせる作業は必要だとは思う
しかし「大学受験に合わせる」ことはあってはならない
(個人的には「世界史」が必修で「日本史」が選択科目というのに違和感を感じるのだが、それは別の問題なので略します)

そのような「自分が受験する大学の試験科目に合わせて自由な裁量」を認めると、行き着く所は……

 受験科目以外は一切履修しない

……と、なってしまうのではないだろうか?
「私は英語で受検するので、高校3年間、ずっと英語しか履修しません」というのを認めることにもなりかねない
中には「私は面接だけの大学を受験するので、面接の練習だけをします」というのも認めるのだろうか?
認めるというのなら、それはそれでいいけどね……私はそれはおかしいと思うのだ

ところで、最近思うのは
今回の未履修問題が表沙汰になって大騒ぎで報道を繰り返すマスコミ
「こんなことが今まで公にならなかったとは……教育委員会は何をやっていたのだ」
「その教育委員会に未履修高校の校長が教育長になっている、教育委員会は黙認していたのか!」
いや、まぁ叩く叩く……
だったら、お前たちは今まで知らなかったのか、と言いたい
事実、実際にはこのような未履修があることを知らなかったとは思えない
私自身、報道を見て「あぁ、そりゃあるだろう……っていうか進学校ならやってる学校は相当数あるんじゃないの?」と思った
私自身このようない思うくらいだ、マスコミも知っていながら黙っていた関係者がかなり多いはず

……でしょ?(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/557-ea0de6cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。