日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎週日曜日はプリキュアの感想を書くことになるのだろうか(^^;
とりあえず第9話
咲と舞の学校の友人の話
相変わらずのベタな展開、もう「おおきいお友達に“ありがちな話”と批判されても、メイン層の小さい子ども向けに話を作るぞ」というのがアリアリと伝わってきます
まぁベタな話が好きな私は十分OKなんですが(笑)

ところで、今回の話のなかで「紙で作った人形劇」と言ってましたが、正確には業界用語(図書館)では「ペープサート」と言います
一つ覚えておきましょう(笑)
裏と表に表情の違うキャラクターを書いて「ひっくり返す」といういことで演出したり
二次元の人形ですが、この「裏返す」ということで三次元人形にはない演出が可能となります

#ためになるBlogだなぁ~(あたりまえ~)

さて、今シリーズをココまで見てきて思うこと
それは新シリーズになってかなり演出などが、低年齢層メインを意識したモノになっているということ
プリキュアのメイン層は確かに幼稚園児あたりなのだが、それにしても新シリーズの演出等はその辺にかなり「意識的なモノ」を感じます
だいたい敵キャラにしても「カレハーン」「ゴーヤーン」「モエルンバ」ですから(笑)
しかし、そうなってくると益々シリーズの長期化が心配されますがね
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/346-57c486bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。