日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日から始まったプロ野球の交流戦
ようやくというか、待ちに待ったという感じでしょうか
人気回復の切り札と言いながら、セリーグ球団のエゴで実現しなかった交流戦
近鉄消滅、新球団誕生というプロ野球の大嵐の中、誕生したわけです

ただし、忘れていけないのは

 「物珍しいのは最初だけ」

年に6試合、うちホームゲームは3試合だけという希少な交流戦
それでも新規に誕生したカードは36通り
それでも毎年毎年行えば数年経てば、飽きられる可能性が高い
アメリカで交流戦がブレイクしたのは30球団(アリーグ14、ナリーグ16)で224通りもの新しい組み合わせのカードをベースボールファンに提供できたからだと思うのです

物珍しさでファンが来ている間に、もっと魅力のあるプロ野球にするのか、あるいはエクスパンションで新しい球団を増やして組み合わせの数を増やしていくのか……
どちらにしても、交流戦を導入したからもう大丈夫、と考えるとまたアカイ自球団消滅の悪夢が蘇るかもしれません
交流戦の導入は「ゴール」ではなく「スタート」なのです

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/233-5744ccfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。