日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しばらく阪神ネタが続いたので、今日は堅く郵政民営化問題

ひたすら「採算性」の呪文を唱えれば民営だろうし、過疎地などへのユニバーサルサービスを考えると公社なのだ
民営でも公社でもどっちも一長一短なのだ
ただ、今の状況は「自論に凝り固まり意地になった小泉」と「経済学者として自分の学説を“日本”という国を使って実験している竹中」と言った雰囲気に見える

個人的な意見を強いて言えば、現状の議論であれば「公社」の方がいい
都市部の郵便局なんて、儲かっていようと統廃合すればいい、郵便局以外にもいくらでも金融機関を選べるのだから
しかし都市部の人には理解できないかもしれないが、村、あるいは離島で唯一の金融機関が郵便局という過疎地は結構ある
さらにその郵便局の大部分は採算が取れない
そしてその郵便局が廃止されたら、最寄りの金融機関まで1時間以上かけて年金を下ろしに行かねばならない、という所が結構ある
そういう所まで民営化された郵便局会社がサービスを維持するというのであれば、私は絶対に反対しない
むしろ「即座に民営化しなさい」と言う
ここが維持されるかどうかが、実はポイントなのだ
そして私は数年経てば「なし崩し的的に」、不採算局の廃止が起きると思っている
JRの時もそうだった

実は官のサービスには「赤字でもやらなければならないサービス」というのがある
福祉サービスの分野に多いのだが、それは官のサービスには公平性が求められるからだ
過疎地の郵便局の統廃合問題も、突き詰めればこの「福祉」の要素が強い

郵便局以外にも、最近は官の赤字体質が問題になることが多い
確かに、内部から見ていても「これは……」と思うことも多々ある
しかし官のサービスの大原則「公平性」を維持するためには赤字もやむ無しの部分があるのも事実
その官に「赤字は絶対ダメ」と突きつける時、それは官が「サービスの公平性」を捨てる時だと思う
結局は国民が選ぶことなのだ
そして郵便局問題は「民営化」を唱えた小泉自民党が前回の選挙で第一党になった段階で国民は「民営化を選んだ」と言えるのだ
私は現時点では民営化には反対だが、当時自民党候補に投票した人、あるいは自民党の公認を得て当選した人の中で、現在反対を唱えている人がいる
今更、何を反対しているのか、と言った気分である

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/182-f43a88b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。