日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明徳義塾高校の野球部が甲子園大会の出場を辞退した
開幕を2日後に控えたこの時期の辞退は実に異例でニュースとなっている
ちなみに替わりに出る高知高校も大変だ(^^;
引退している3年生部員を集めて急きょチームを再編成して、明日は甲子園へ来ないといけない
ちなみに1975年のセンバツで同じように、門司工が開幕前日に出場辞退
替わりに佐世保工が急きょ甲子園にやってきたが、初戦敗退している

不祥事はわかるが、せめてここまで来れば本大会に出してもよかったのではと思う
不祥事に関わっている部員だけをベンチに入れないと言う処置をすればいいじゃないのか?

この「一部員の不祥事での連帯責任」というのが私は大嫌い
なんだか「偉い、責任をキチンと取っている」と思えるようで、実は一番無責任な責任の取り方だと考える
不祥事であれば、その部員だけに責任を取らせるのが、一番責任の所在がハッキリするのだ
それを関わった人間が関係した組織全体の責任という論になると、個々の責任の所在が曖昧になるのだ

「個々の責任ではなく組織全体で責任を取る」……これが連帯責任だ
どこかで見たこと無い?
そう、官公庁や大企業での不祥事でよく見られる光景である
そして貴全体で責任を取る……いつのまにやら個々の責任の所在が曖昧に……
そして不祥事は繰り返されるのだ

まぁそんな話を今ここでしても仕方がない
とりあえず今は明徳義塾の替わりに出場することになった高知高校の健闘を祈る事にしよう

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/152-f4f963e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。