日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1492…コロンブスの新大陸発見?(笑)
…という話題ではない(^_^;)

ついに阪神の金本選手の記録が途切れた
連続フルイニング出場、1492試合
よくやったのは間違いない
今後野球界で絶対に破られないであろう記録の一つとなったのだから

この記録を大いに称える
そして敬意を表する


その前提で少し感想を…

私は何年か前から、そう金本がリプケンの記録を更新したときだから4年前から、ずっと「この記録をいつどのように途切れさせるかが、金本と阪神首脳陣の正念場になる」と言ってきた
なぜなら、この記録は「絶対にいつか途切れる」ことが確定している
そして金本にしても月に1~2試合休み、大差の試合は終盤で退く、そんな形をとれば、まだまだ長くプレイできる選手だと…

ただ、あまりにもこの記録は関係者には偉大すぎた
首脳陣にしてみれば「金本が休むと言わない限り、休ませられない」状態
これまでは打つ方に影響が出ても、守備は騙し騙しなんとかなる程度だったので続けてこれたが、今回はあまりにも守備の影響が大きすぎた
今回、金本が自分から言い出さなかったら、まだまだ記録は続いていたのは間違いない
責任感の強い金本が決断したということは、やはり右肩は外野手としては致命的な状態だったのだろう


何度も言うが、私は金本の大記録とその驚異の肉体に敬意を表する
だが、連続出場というものは、他の記録と違い『記録としては』あまり評価しない
実際、衣笠の時も「記録のために出ている」という形に晩年はなってしまった
金本のここ数年も、「連続出場」という呪縛さえなければ、とっくに終盤に守備固めを送られたり、スタメンから外れることもある状態が何度かあった

なかには「そんな状態の金本を上回る選手が出てこなかった」という人がいる
正直にいえば「出てこれなくしてしてしまった」のだ
阪神のこの7年間は「レフト金本」が固定化し、ポジションの一つが自動的に潰れていた
金本の休養のために欠場したときに試合に出て、その隙に結果を残すというチャンスさえもらえない控えの選手が大勢いた
選手というのは試合に出て成長する、ベンチに座っているだけで急にうまくなる選手はいない

さらに連続出場という記録は、記録を伸ばせば伸ばすほど「記録を切るタイミング」がなくなってしまう
正直なところ、金本が自分から言い出して外れたことに首脳陣はホッとしているだろう
これで4番レフト金本の呪縛はなくなったことで、選手の状態を見て、試合に使う9人を選べるようになった
(これまでの阪神は試合に出る選手を8人しか選べなかったんだからね)
阪神の控え陣も、これまでは外野は2つしかポジションがなかったのが3つに増える
浅井、桜井、藤川俊、そして城島の影響で外野を練習するであろう狩野といった面々はこのチャンスを最大限に生かさねばならない
チャンスが目の前に転がっているのだ

もう一度繰り返す
私は連続出場という記録を「記録としてはあまり評価しない」
しかし、1492試合という長きにわたって超人的な働きをしてきた金本選手には最大級の敬意を表し、その大記録をたたえる

 よくやった!

あとは記録が切れたことが金本の今後のモチベーションにどういう影響を与えるか
むしろそちらの方が心配だ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/1347-e104c223
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。