日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の一押し二押し三に押しの作家といえば「有川浩」
今月は2冊発売となった

先週発売になった「キケン」
大学のサークルを舞台にしたコメディ作品だが、マジ面白い(笑)
大人ライトノベルを自称する有川氏だが、「キケン」はこれまでの作品の中では、かなりライトノベル色が強い作品といえる
Amazonで注文していたのが、届いたのが木曜の夜
そのまま一気読み体制に入ったが日付が変わるころには読了していましたよ(笑)

そんな有川氏の今月のもう一冊の新刊が「塩の街」
この作品は有川氏が「電撃小説大賞」を受賞した作品なのだが、その後の経緯が面白い
「塩の街」自体は電撃文庫から発刊されたが、この時、電撃の読者に合わせるべく受賞作を大幅に書き改めている
しかしその後に、メディアワークスの編集部により、大人ライトノベルとして単行本として発刊されることとなり、その際にオリジナルである「受賞作品」に近い形に再度加筆訂正された
今回文庫化されたのは、単行本verの方
(ちなみに「電撃小説大賞」を受賞した有川氏、結局電撃文庫からでたのは、この「塩の街」だけである)

ところがどっこい、この「塩の街」
大規模な乱丁により、出荷分を急きょ回収、発売が延びてしまうというオチがついた(^_^;)
私の職場(図書館)にも新刊見本が来ることになっているのだが出版社から回収のFAXがまわってきている(笑)

ところがどっこい、この乱丁版が一部流通に出てしまっており、マニアが「レアになるであろう乱丁ver」を見つけるために探し回るという展開になっている(笑)
私はというと、Amazonで注文していたので、当然回収されてしまって発送は後日だろうと思っていたら、昨日発送された
これ、乱丁verなのだろうか? それとも??

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/1331-5388e49c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。