日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ数日、プロ野球界で話題に一つとなっていた城島選手(元マリナーズ)の阪神入りが決まった
事実上、阪神とソフトバンクの争奪戦となったが、真っ先に手を挙げてラブコールを送った阪神と、古巣とは言え球団内部の意見調整に手間取ったソフトバンクとの温度差が決めてとなった形だろう
九州男児らしく「真っ先に手を挙げてくれた」と理由を述べる城島選手にも、いい印象を持つ人が多いだろう

さてそんな中で実際には阪神ファンは、城島の入団をどのように捉えているのか?
周囲に阪神ファンの意見は、大きく分かれている

《肯定派》
何と言っても日本一の捕手が入ることで来年は期待出来る
4番と正捕手が一気に出来た

《否定派》
矢野の離脱で今年一年阪神を支えた狩野の成長を考えると素直に喜べない
これで狩野はまた控え捕手となってしまうのは可哀想

五分五分……あるいは四分六分で否定派の方が多いと言った感じ
まぁニュース映像では否定派の意見は流しにくいので、阪神ファンが総出で歓迎しているようになっていましたが(^^;

さて私はと言うと《どちらかというと肯定派》と言った位置づけ
何と言っても「リード」「肩」「キャッチング」「打撃」、どれをとっても一級品で、間違いなく現時点で日本でナンバーワンの捕手
今年は狩野が頑張ったとはいえ、やはり一流捕手への道は厳しいと考えてしまう状況だった
シーズン終盤、ヤクルトとの3位争いの際の直接対決で、ヤクルトに走られまくり、かなり捕手としての評価を下げざるを得なかったのは事実
そして阪神にとってのもう一つの課題が右の大砲
今年はメンチを獲得したが、結局ダメ外人で終わった
今期のオフも右の大砲を外国人で補強することを考えているだろうが、最悪外国人がダメでも城島で埋まる
甲子園の場合は浜風もあって左打者不利のため、右の大砲は阪神には欠かせない
新井ともう一枚欲しい右のスラッガーが出来たわけだ
さらに金本が「4番は荷が重い」状況になっているのも事実
来季は「1番赤星、2番関本、3番鳥谷、4番城島、5番金本、6番新井、7番ブラゼル、8番桜井」という強力打線も考えられる

城島は現在33才、だから4~5年先には再度正捕手問題が起きる
つまり狩野もそうだが、阪神の次の正捕手問題は数年先に、先述べされただけ
絶対的な正捕手がいるチームは時代の捕手の育成がうまくいかずに苦労する
伊東の西武、古田のヤクルト、城島のソフトバンク、矢野の阪神
出場機会に飢えて、試合に出ることを熱望して阪神入りを決めた城島だが、やはり時代にことも考えると、週に1試合程度は狩野等の控え捕手にマスクをかぶってもらいたいのも事実
来季は正捕手城島、第2捕手狩野で、矢野にはバッテリーコーチ兼任あたりで将来の幹部候補生としての育成も考える時期かも知れない

いずれにしても今年の阪神の最大の補強になったことは間違いない
明後日のドラフト会議で菊池を引ければ、もうお腹一杯になるかも知れない(笑)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/1303-deed36cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。