日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は何とか勝ったが、開幕からここまで4勝6敗1分と苦戦が続く阪神タイガース
いろいろと言われているが、私が見る限り、一番計算外なのが「矢野の不在」だろう
特にディフェンス面で矢野の不在がここまで大きく響いているのがありありとわかる

当初の予定では今日あたりから復帰の予定が、ヒジの違和感で長期離脱になってしまいそう
しかし、私は、これはむしろいい機会であると思っている
どちらにしても、ここ1~2年で退っ引きならないところまで来た矢野の後継者問題
捕手というポジションは他のポジションと違い「試合に出ないとなかなか成長しない」
第2捕手を週に1試合ずつでも出しながら育てていき、段々と出る試合数を増やしていき、併用していくパターン
あるいは、ある日突如レギュラーを与えて育てるパターン
いろいろとあるが、どちらにしても試合に出さないと捕手は育たない

絶対的な「リーグを代表する捕手」という存在がいた球団は、その後継者に悩むことが多いのは、絶対的な捕手がいるからこそ、控え捕手の出番が無くなり、次の捕手が育たないと言う矛盾ができてしまうのである
伊東の後継者で苦労した西武、古田の後継者で未だ悩み続けるヤクルトなどはその典型だろう

だから、これは阪神にとっていい機会なのだ
矢野が不在で、レギュラー捕手は狩野、先発が久保の時は松下時代にバッテリーを組んでいた岡崎という形でここまで来ている
狩野はこの機会に、どんどん試合で成長して欲しいし、岡崎はいいところを見せて、久保だけでなくもう1人程度は任せられる先発投手を奪う
そうして、来年は「矢野がいなくても大丈夫」と監督に言ってもらえるようになってもらわないと困るのだ

災い転じて福となす
例え今季の阪神が矢野の長期離脱でBクラスに転落しても、その結果矢野の後継捕手ができれば、むしろ意味のある年になるはずだ

だから、育ってくれよ(^^;>狩野or岡崎

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/1251-fe9548d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。