日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はG大阪とマンチェスターUの歴史的な一戦
なんとかキックオフ直前にテレビの前にスタンバイ成功し、あとは食い入るように前後半90分の戦いを見つめました
昨年は世界一の守備を誇るACミランと日本一の守備を誇る浦和が対戦し1-0でミランが勝ちましたが、今年は世界一の攻撃力を誇るマンUと日本一の攻撃力を誇るG大阪の対戦

両者が攻撃的な対戦だが、恐らくマンUが終始攻める展開になるだろう
G大阪はかなりの時間帯は守る展開になるだろうが、何とか凌いで自分たちの攻撃サッカーをしたいものだね
なんてことを考えていたので、試合前の予想は……

 3点差で負けでしょう、もし2点差なら上出来、でもできれば1点取りたいねぇ

結果は皆さんご存知の通り「G大阪●3-5○マンU」
マンUが決勝進出を決めたわけですが、その試合はと言うと、クラブW杯史上稀に見る壮絶な撃ち合い
両チーム合わせて40本以上のシュートが乱れ飛ぶ乱打戦だったわけです

予想に反して前半開始から攻撃サッカーを展開し攻めに攻めたG大阪でしたが、結局はビディッチとロナウドが頭で決めて45分終わって0-2、マンUがリード
しかし後半29分の山崎の歴史的な1点(クラブW杯で欧州勢が南米勢以外に初めて喫した失点)でマンUが本気に
わずか5分間にルーニー、フレッチャー、ルーニーと立て続けに3点を決められ1-5になったときは呆然、これが世界の攻撃サッカーか……

しかしそこからG大阪が侍攻撃サッカーを展開
遠藤がPKで1点を返すと、ロスタイムには橋本がゴールを決めて3-5
後半に限れば3-3と互角の勝負だったわけです
G大阪は敗れはしたものの、その戦力差から言えば大健闘を通り越え、歴史的な試合と言えるでしょう

悔しいのは、この歴史的な試合を録画し損なったこと(^^;
幸いにも今夜11時からBS日テレで再放送があるので、そちらを録画予定(笑)
日曜日の3位決定戦(vsパチューカ)も録画予約しましたよ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/1219-d180c79e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。