日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は、読売が負けたにもかかわらず、神宮でヤクルト相手に引き分けて、半歩しか前進出来なかった阪神
しかし、私が見ると、昨日の引き分けは実質的に負け試合に等しい引き分けでした
というのは、プロ野球の順位決定のルールなのです

昨日の試合前では読売の引き分けが3、阪神の引き分けが2
この段階では同率首位はあり得ません
しかし、昨日阪神が引き分けて、引き分け数が3となったため、読売と阪神が「同率首位」でシーズンを終える可能性が出てきたのです

2位以下で同率ならともかく、1位で同率というのは過去にプロ野球ではありません
過去に「同率1位」の可能性が出てくると、「1試合勝負or3試合制の優勝決定戦」の話題が出るくらいですから、以前は「1位球団が同率の場合は優勝決定戦」という考えが基本でした

しかし今年から(?)レギュレーションが変わっています
同率の場合は、直接対戦成績で勝っているチームが上となります
そして直接対戦成績も同じなら、前年度順位が上の方が上となります
今年の場合、読売と阪神の直接対戦成績は、読売の13勝10敗(残り1試合)で、読売の勝ち越しが決まっていますから、同率で並べば読売が上位となります
(仮に、直接対戦成績がイーブンでも前年度順位は読売の方が上位でしたから、阪神にとっては同率1位は避けたい事態だったわけです)

最近まで「優勝決定戦をやる」と思っていた私にとっては「え?!」ですよ(笑)
パの2~3位やセの3位が同率になったらどうするんだろうと思って、調べていたらこんなのが見つかってビックリです(笑)

こうなると、残り試合を読売5勝、阪神が5勝1敗でピタリと並んでも読売がルール上は上位です
つまり、阪神は読売と並んだだけでは優勝出来ないということになります
残り試合で読売より1つ多く勝たねばらならいのです
やっぱ無理かも知れません(^^;

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/1194-2fe989c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。