日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日目に付いたこんな記事

プリンタの裏紙の使用 トクなのか損なのか

まぁ私の職場でもうるさいですね>裏紙を使用せよ
エコのためにと言うのならまだわかるんですが、経費削減と言うことになると、プリンタの紙詰まりが結構多くて、果たしてどっちがトクなのかと考えることは多々あります

異動前の職場では通常は裏紙をセットせず、必要に応じて「裏紙でいい印刷」の時に、入れ替えをしたものですが、現在の職場では常時カセットには新品の紙、トレイに裏紙セット状態なんですよね
まぁこれはこれで立ち上がって紙をセットし直さず、プリントアウト時にパソコンのプリンタメニューから給紙をトレイに変えればいいだけなんですけど、裏紙ではダメな正式な書類を作って印刷する時に、カセットが紙切れを起こしていて、既に紙がセットされているトレイから自動的に給紙して裏紙に印刷されてしまい、結局やり直しってのも頻繁におきます(^^;
両面印刷をそんなに推奨するなら、プリンタも両面印刷機能に対応したプリンタにして、最初から複数ページになる種類は両面プリントすればいいと思うのですが、そんなところには全くお金を使おうとしない(^^;

まぁそれはそれとして、実は問題なのは「印刷しなくてもいいもの」まで頻繁に印刷して「裏紙使用裏紙使用」と呪文のように言う周りの連中
こんな風景を見ていると「アホか」と思うことも多々あります
全員がサイボウズの自分のアカウントで見られる掲示板に掲載されている回章をご丁寧に印刷しては、回覧の判子押して全員に回覧を回しているのを見ると、「裏紙使用で紙節約というのなら、まずその無駄な印刷をやめろ」と言いたくなりますね

結局、この手の輩を見ていると「手段」と「目的」が入れ替わっているわけです
本来は紙を節約するための裏紙使用なのだから、裏紙使用は手段でしかないわけなのですが、いつの間にか裏紙使用が目的になってしまっている
特に、今の職場では手段が目的になっているケースが非常に多い

目的と手段が入れ替わるってのは実は最悪のケースなんですよね
事業の失敗や無駄遣いを分析してみると、いつの間にか手段が目的化してしまっているケースが多いのに気がつきます
あなたの身の回りにもあるでしょう、こういった現象

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/1135-78063abf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。