日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ようやく読みましたよ、「続戦国自衛隊(5)~大阪城炎上編」
4巻の内容をかなり忘れている部分があったので、流し読みしてから5巻を読む羽目になりましたが(^^;

大坂城を守る豊臣軍に参加する島率いる自衛隊、それに対して徳川は米軍のハリアーを使って空爆
そのハリアーをベトコンと同じ戦法で撃墜しようとし、ホントに落としてしまう自衛隊
その最中に桑田と岩崎が真田信繁の忍軍に討ち取られるシーンは壮絶で、読んでいてゾクゾクしました

今巻の目玉とも言えるのが、北陸へ向かった朽木と三好達の遭遇した北陸の残存自衛官とのエピソード
特に米軍のエセックスを撃沈するためにイソップを用いる朽木海曹長を見送るシーンがいいです

さて朝廷の仲介で和議を結ぶべく停戦交渉に入った徳川と豊臣
その最中、将軍秀忠と正信から、直々に身の安全と引き替えに徳川への投降を促された島はこれを拒絶
そして朽木海曹長が沈めたはずの若狭湾のエセックスは生きているような雰囲気……
いよいよ続戦国自衛隊も最終巻へ向かっているって感じがしてきました……
続戦国小説版の結末がどうなるのか……楽しみです

ということで、今年の9月には最終巻が出る(筈(^^;)なので、期待して待ってますよ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/1125-738d7b9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。