日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
広川太一郎さんがなくなって、洋画の吹き替えやアニメの声について、あちこちでエントリーが書かれている
特に広川さんの場合は洋画の吹き替えで素晴らしい演技を見せてくれただけに、今後の洋画の吹き替えはどうなっていくのだろうと思う
字幕には字幕の良さがあるように吹き替えには吹き替えの良さがある
洋画の吹き替えやアニメ初期の頃に声をあてていた舞台役者さんが「声優」と呼ばれるようになった
そして舞台の役者などが副業で声をあてていた時代から、今はプロ声優が声をあてる時代になった

今日はそんな中で日頃思っていることを少し……
TVタレントや俳優がアニメの特別編や劇場版で主要キャラやゲストキャラの声を担当することがよくある
いろいろと大人の事情はあるが、一番大きな理由は「話題作り」であろう
私はこういったキャスティングは大嫌いである
実際に、作品を見てみるとそう言ったタレントが声を当てている所だけ「作品の中で浮いている」のが非常に多い

何故か?
キャラクターの顔の後ろにタレントや俳優の顔が見えてきてしまうのだ
ジャニーズの超有名グループの中でもとりわけ人気が高いタレントが、大作アニメ映画の主人公を演じた時はひどかった
その作品の中のキャラクターではなく、そのタレントにしか見えなくなってしまったのだ
その演技が素晴らしいと評価が高い彼だが、それは「彼にあて書きされたとしか思えないキャラクター」を顔出しで演じ続けてきただけのことであり、勝手が違うアニメの声の演技では完全に浮いた存在だった

アニメや映画の吹き替えでこういったキャスティングをすると、どうしてもそのタレントの顔が思い浮かんでしまうのはやむを得ない
子ども向けのアニメで声を当てている声優が顔出ししないのは、実はこれが最大の理由だったりする
深夜のマニア向け作品なら平気で顔出しする声優が、別の子ども向け作品になると「顔出しNG」ということもあるのだ

ある有名な声優の作品を見る、もちろんその声優はテレビで顔出しで出演しているのも頻繁に見るし、顔出しでドラマに出ているのも見たことがある
しかしその声優がアニメで声を当てると「そのキャラクターにしか見えず、声優の顔は全く浮かんでこない」という事がよくある
顔出しする役者と顔を出さずに声で演じる声優という職業の一番の大きな違いはココなのではないだろうか?
演技する時に「自分という存在を消してしまう」というところ
もちろん顔出しをしている大御所役者さんでもこの域に達している人はいるし、そう言う人が映画の吹き替えアニメに出演しているのを見たことがあるが、そう言った場合は違和感は少ない
しかし「TVで顔を売っている」タレントの場合は、「自分という存在を前に出す」ことは得意なのかも知れないが、自分という存在を消すという演技はかなり難しいようだ
これが「顔を売るタレント」と「声を売る声優」の資質の違いのような気がする

もちろんその中にも例外はある
例えば千葉繁という声優、彼はアニメの役を自分のキャラクターに引き寄せてしまう(笑)
どんな役であっても「千葉繁化」する(笑)
逆に山寺宏一は役に自分を近づけていき、最後には自分という存在を消してしまうタイプだろう

よく声優のことを「声だけで芝居している」と偏見を持つ人が多いが、それはちょっと違う
「声しか使えない」というハンデがあるにもか変わらず、役になりきって演じるという技量があるのだ
ボイスドラマ(ラジオドラマ)などの声だけのお芝居演技を聞くと、プロの声優とただのTVタレント上がりの役者の演技力の違いが実によくわかるだろう
もちろん大御所になれば、顔出し役者さんも声優さんもまったく差はない
特に映画の吹き替えなどをなさっている大御所さんは素晴らしい
大御所とともに声優がその力を発揮してきた映画などの吹き替えに、TVでちょっと顔が売れたタレントが進出してきて「情けない演技」を見せられると、そんな話題性だけで使うなよと言いたくなってしまう

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/1068-32ced990
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。