日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は大阪ドームで行われたオープン戦の対広島戦
阪神はこの試合を、昨年逝去した島野育夫氏の追悼試合として開催していた

最近の阪神ファンにとっては「島野育夫」=「名コーチ」というイメージが強いと思う
私は昔からの阪神ファンなので、島野氏の現役時代のプレイを覚えている
といっても、南海から阪神に移籍してたあとのことで、阪神でプレイヤーとして在籍していたのは1976年からの5年間、レギュラー選手ではなく、どちらかと言えば守備固め&代走として記憶している
選手としての島野氏の全盛期はやはり南海時代、ただ規定打席に到達したのは3回しかなく、生涯打率は.242、安打数は733本だった
ちなみに島野氏が阪神在籍していた当時に左の代打の切り札として桑野議という選手がおり、昭和50年代前半の私の阪神のメモリーには「代打桑野、代走島野」というイメージで残っているのです

やはり島野氏の場合は現役引退後、コーチとして中日・阪神で残した業績が大きい
低迷期の阪神が何を血迷ったかヤクルトと最後まで優勝を争った1992年は中日から阪神にコーチとして復帰した年だった
島野氏がコーチをした年に阪神は最下位になったことがないのも、あまり知られていないのではないでしょうか?
そんな島野氏の追悼試合、見に行けば良かったなぁとマジで悔やんでいます(^^;


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/1063-f16a0aba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。