日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さてARIAの第3期第2話「その 笑顔のお客さまは…」
目の前に広がっている風景、流れていく時間、人々の心、そう言ったものをどのような視点で見るかと言うこと
そう言った視点で見るとでは「素敵パワー」全開の水無灯里という片手袋水先案内人の魅力がヒシヒシと伝わってくる
そしてそれこそが、伝説の大妖精グランマ(天地秋乃)が創設したARIAカンパニーに綿々と受け継がれていく魅力なのでしょう
ARIAカンパニーが少数精鋭主義なのは、そういった目で物事を見ていく「素敵モード」を持った新人を採用していっているからなのではないかと感じました

そして今回でも「片手袋を一人前に育てていく」というメッセージが押し出されています
第1話に続いて第2話でもこういった色合いの話になりました
原作での未消化エピソードよりも先に、アニメオリジナルのエピソードでこういった「片手袋を育てる」「一人前への昇格」という色合いを露骨に出してきたあたり、もう今期の結末が見えてくるような気がします

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/1022-30b542ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。