日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、セリーグも明後日に開幕日が迫ってきた
それでは、セの順位予想も……

1位:中日ドラゴンズ
戦力的にどこを見ても穴がない
若手とベテランが旨く融合している
悔しいが、今年は頭一つ抜け出している感がある
選手一人一人が自分の役割を理解している大人のチームというのは怖いのだ
キーとなるのは野手は中村ノリ、投手は朝倉

2位:阪神タイガース
野手は昨年よりもグレードアップしている
問題は井川の穴を誰がどのように埋めるか?
ルーキーの小嶋に頼るようではダメだし、ジャンとボーグルソンの二人は未知数
キーとなるのは野手は赤星、投手は藤川

3位:読売ジャイアンツ
大型補強で獲得した谷、小笠原、門倉らがそろって数字を残せばもちろん優勝候補の筆頭
しかしやはりこのチームの場合は精神的支柱果たす選手がいないのが難点
戦力を持ちながら勝てないのは、金本のようにチームを引っ張る存在が必要
キーとなるのは野手は高橋由、投手は上原

4位:東京ヤクルトスワローズ
兼任監督の古田が半分以上マスクをかぶる展開では苦しくなる
逆に言えば、その古田が数字を残せるだけ復活すれば侮れないチーム
しかし若い選手への切り替わり時期だけに、勢いに乗ると怖いが、リズムが狂うと一気にくずれる
キーとなるのは野手は青木、投手は石井一

5位:横浜ベイスターズ
超ベテランの工藤が融合し、投手陣は門倉の穴は埋まりそう
野手も若い勢いのある選手が出てきたが、田村の穴が気になる
キーとなるのは野手は古木、投手は工藤

6位:広島カープ
近年横浜とテールエンド争いの常連だが、今年も苦しい
黒田の残留は嬉しいニュースだったが、戦力的な上積みは結局ゼロに等しい
キーとなるのは野手は新井、投手は大竹


やはり中日と阪神の2強の争いだが、戦力的には中日の方に分がある
阪神は井川の穴を埋める柱が出てくるかどうか
読売は、戦力的には「3強」にならないといけないのだが補強選手がその名前だけでは通用していないのが気になる
ヤクルト、横浜、広島は2強に割って入るのは苦しい
3位に入ってクライマックスシリーズを狙いたい所
スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hamamura86.blog44.fc2.com/tb.php/1000-3b693fe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
黄金ルーキーがプロの洗礼を浴びた。楽天・田中将大投手(18)が29日、ソフトバンク戦でプロ初登板初先発したが1回2/3、6安打6失点で2回持たずに57球でKO。
2007/03/30(金) 02:07:41 | 趣味ってなんぞや
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。