日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20世紀末に、私がハマったアニメの一つが「プリンセスナイン如月女子校野球部
NHKのBSでオンエアされていた時は見ていなかったが、その後キッズステーションでオンエアされたのを見てハマったのだった
ビデオにとって、友人に「ぜひ見て欲しい……って言うか、見ろ!」と送りつけたのは今は懐かしい思い出(笑)
しかし肝心の録画ビデオを友人に送付してしまい、手元に残すことなく、その後、見る機会もなく8年が経過した

そのプリンセスナインが、7月にアニマックスでオンエアされると聞いて、思わずバンザイ(笑)
しかも7月下旬から月~金の帯で放送ということなので、8月末には放送は終わってしまう
とりあえずこの機会に全話録画しておくことにしよう

スポンサーサイト
阪神タイガースの公式ファンクラブがある
星野監督時代に提案され、正式な発足は2004年度会員からの公式FCだが、私は設立当初からの会員
このFCは会員証に、好きな選手(or監督orコーチ)の背番号を入れられるのが特徴で、更新時期が近づくと「来年は誰にしようかな……」と悩むのも一つの楽しみ
ただ問題なのは「8月から翌年への更新手続きが始まるため、翌年の選手の動向が読めない
そして私は設立当初から「イヤなジンクス」がある
私が背番号を入れた選手は「翌年ダメ」だったり、「背番号が替わる」というもの(^^;

2004年~2005年は浜中を応援していたのだが、その背番号が替わったり、肩の故障でシーズンを棒に振ったり
そして2007年は、浜中から31番を引き継いだ林に変更、そうしたらレギュラー定着し、ジンクス打破かと思ったら、途中で肩の故障でシーズン終盤を棒に振る……
2008年はと言うと……51番、つまり不振にあえぐ桜井(^^;
なんだか、桜井の調子が上がらないのが私の責任のようで申し訳ない気持ちでいっぱい(^^;

こうなると、来年誰にするか、真剣に悩んでしまう……
いっそのこと、岡田監督とかにしようかしら(笑)

私が釘宮理恵という声優を強く意識するようになった切っ掛けのアニメが「ゼロの使い魔」
昨年の夏にオンエアされた第2期に続いて、今年も夏に第3期が放送される
私の地元ではサンテレビでオンエアがあるのはわかっていましたが、何より夏のサンテレビは「阪神のナイター中継」というU局アニメのファンにとっては大敵がいる(笑)
何しろサンテレビは阪神戦を中継させれば「試合終了まで放送延長」がデフォルトなのだ(その昔、日付が替わってもまだ試合していた試合を完全中継したんだからねぇ……)
阪神ファンの私にとってはありがたいサンテレビだが、こう言う時は痛し痒し

ということで、第2期と同じようにキッズステーションでオンエアがあるかどうか気になっていましたが、正式にキッズステーションでもオンエアがあることがわかりホッと一安心
第3期では能登麻美子さんも重要な役どころで登場するので、期待して待っているのです

自分のリンク用に書いている来月のチェック番組表

OVA ToHeart2(AT-X)
エルフェンリート(AT-X)
魔法少女リリカルなのはStrikerS(AT-X)

以上ですね
ToHeart2のOVA版は以前に出ている分の方で「2ad」ではないんですけど、OVAは見ていないのでここでチェック(笑)
エルフェンリートも再放送があったら見ようと思っていた作品なので、いいタイミングです
なのはSSは全部録画してあるけど、デフォで見る(笑)

あとは「ゲームセンターCX」の9期がスタートしますね、楽しみです

今日は職場の健康診断
受信前に問診票を書いていかないといけないのだが、例年と違い、受診票兼問診票の間に別刷りの問診票が1枚挟まっていた
そんな話をしていると、回りの職員は別刷りの分は無いという……あれ?
回りの職員で別刷りの問診票があるのは……全部40歳以上(^^;
アタタタタ……
どうりで生活習慣に関する質問ばかりだと思った
今年から導入されたメタボリック検診の分だったのね(^^;
どうせ惑う事なきメタボ、正真正銘のメタボなんだから構わないけど(^^;

おかげで受診の際に腹囲の測定もされました
回りの職員は「ウエスト」と「腹囲」を混同しており、今回の測定が「腹囲」だったために、数値を見て悲鳴が上がっておりました(笑)
私はと言うと計る瞬間に、ちょっとだけお腹を引っ込めました……でも基準値越えているので仕方ないです(^^;
でも体重は去年よりも1kg減です

まぁ日本のメタボ基準が国際標準から見ると「変な基準」なのは有名な話
ダイエット産業やメタボ対策の薬を作っている製薬会社から、基準を作った先生方のところの袖の下が行ったらしいのも、かなり有名な話
そんな数値に一喜一憂しても仕方がないんだけど(笑)

ご存知だと思うが、最近の図書館の蔵書にはバーコードが貼ってある
コンピュータ管理になるので、バーコードは貼らざるを得ない
最近はICチップを埋め込んで、バーコードを貼らずに管理出来るシステムも出てきているが、何万冊、何十万冊もの本に全部ICチップを埋め込むのは大変なので、まだまだICチップは少数派、それにICチップの破損時のバックアップ用としてバーコードも貼ってあるというケースが多い
まぁそんなわけで“図書館の資料にはバーコードが貼ってある”ものが大半を占めている

そのバーコードだが、何年も経つと、バーコードの上に汚れがついて、バーコードリーダーでも読みが悪くなるケースが出てくる
そうなると、新しいバーコードを上から貼ることになるのだが、データ管理上「同じ番号のバーコード」を貼らないといけない
しかし最近の中小規模の図書館は、バーコードを貼ったりする本の装備やデータ作成をアウトソーシングしている場合は多い
そう言った場合、バーコードの「この番号だけ再度作成して」というのは非常に効率が悪い
そこで、うちの場合はバーコード番号だけを手書きシールに書いて貼っておくことにしていた
貸し出しの時は、その番号をテンキーで入力するのだ

しかしそう言った手入力は時間がかかるしミスの元になる
「自館で特定の番号のバーコード印刷をしたい」という要望が担当者から私に以前より上がっていた
ところが、フリーソフト類をダウンロードしてもダウンロードしても、うち館の規格のバーコードを印刷出来なかったり、できても「チェックディジット」の方式が合わずに使えなかったり……
そんな中、今日、ようやくフリーソフトでうちの館のバーコード形式のものを印刷出来るのを見つけた
とりあえずこれで館内制手工業よろしく、バーコードの印刷が出来ます
よかったよかった……

今日は朝から水防訓練
ようするに大雨や台風で起きる水害に対して、土嚢を積んで応急処置をするための訓練

ところが、「あらかじめ用意した物がございます」と言った、3分間クッキング方式ではなかった
土嚢を作る所から訓練が始まるのだ(^^;
いきなり土嚢を300個作るというところから始まって、その後で積み方などの研修
ただでさえ腰が痛いというのに、これで腰がパンク寸前……
痛い痛い……

スポーツ振興クジ……いわゆるtotoですな
中でもtotoBIGがどえらいことになってしまいそう……
前回の第335回も1等が出ず、ついにキャリーオーバーは65億を突破した

考えてみれば、totoBIGが日本中の注目を浴びたのがちょうど1年前
第277回のBIGは、繰越金が10億を超えたという話題で購入者が殺到
コンピュータシステムがダウンするという騒ぎにまでなった
そしてその次の第278回へ約15億が繰り越された結果、BIGの売上げは60億を超え、1等563,132,913円が7口出るという結果になった

この時に7口も1等が出て、繰越が一旦ゼロになったのは、何と言っても60億を超えた2000万口もの売上げがあった結果
totoBIGは完全にコンピュータ予想なので、売上げ口数が増えてこないとなかなか1等は出ないのだ
そしてここ何回かのtotoBIGは20億程度(700万口)程度の売上げが続き、1等は出るものの1口だけといった展開

おかげで繰越金はどんどん溜まっていく
昨年のような購入者の殺到騒ぎでも起きないとこの繰越リセットは起きないんじゃないかなぁ……(^^;
昨年にマスコミの煽りで買いに走った多人の多くは、理論上480万分の1という確率の低さに逃げ出したんだろうなぁ

私ですか?
とりあえず毎回5口程度は買い続けていますよ(笑)

春先から絶好調の阪神タイガース
2位の中日をジワリジワリと引き離し始め、今期最大の4.5差まで開いた
そしていよいよペナントレースは来週から交流戦へと突入する
交流戦開始から今年で4年目、過去の例から見ても、この交流戦をどう戦い抜くかが重要となっている
特に交流戦は「同リーグとの戦いが無い」というのが最大のポイント
通常の同リーグ対戦であれば、例え負けたとしても、他に2チームが負けるわけである
しかし交流戦となると、下手すると他の5球団が全部勝って、自チームだけ負けというケースも考えられる
こういった積み重ねで大きく順位が替わるケースも出てくる
さらに今年は8月に各球団とも北京五輪に選手を供出するので、交流戦後の戦いがどう転ぶか検討もつかない

そんな交流戦、パリーグにとっては、セの主催試合で投手が打席に立つことになる
パリーグの投手は普段打席に立たないために、この期間の戦い方は大きく替わる
逆にセリーグにとってはパの主催試合でDHを使うということになる
誰をDHにしてどういった打順に入れるか……監督の腕の見せ所である

我が阪神もここのところの野手陣でもサードとライトの組み合わせをいろいろと試しているが、ここにDHというオプションも付き、誰をDHで起用するかが難しい
左のDHであれば葛城か桧山
2塁に平野を入れて、3塁は関本、ライトに葛城で、DHは桧山となるだろう
実にわかりやすい

一方右ならDH候補は今岡、桜井、フォード、バルディリス
ただバルディリスは3塁守備が実にうまいので、DHにするくらいならサードを守らせた方がいい
右のDHには桜井を起用してもらいたいと思っているのだがどうだろう?
理想は2塁関本、3塁バルディリス、ライト平野、DH桜井になる
平野の調子次第では今日一軍に昇格して2安打のフォードをライト起用でもいいかも知れない

…………でも、阪神の交流戦ユニフォーム……あれなんとかならんんか?
あまりにもダサ過ぎ(^^;

ずっと以前から読んでいる「続戦国自衛隊」シリーズ
特に宇治谷順氏の小説版が好きで、シリーズ開始当初からずっと愛読している
半村良氏の本家「戦国自衛隊」の後の歴史を舞台に、新たに戦国時代にタイムスリップした自衛隊部隊を描いている
1巻と2巻は「関ヶ原死闘編」で関ヶ原の合戦を、3巻と4巻は「大坂城攻防編」で大坂の陣前夜をそれぞれ扱っているが、もちろん話は完結しておらず、続きが気になって仕方がなかった
ところが4巻の発売後、1年半もの間、シリーズの新刊が出ておらず……
「こりゃ、もう出ないのかな……」
4割程度はあきらめかけていたのですが……出ました(笑)

 「続戦国自衛隊(5)~大坂城炎上編」

図書館で新刊見本の箱からこれが出てきた時は狂喜乱舞(笑)
机の上には未読の積み上がった本が10冊以上もあるというのに、昼休みに携帯使ってネット書店に注文しましたよ
とりあえず、なんとか時間を作って読まないと……

そう言えば帯には「6巻は9月12日発売」と書いてあります
さぁさぁさぁさぁ、ホントに出るんですよね(笑)>6巻

TVドラマはほとんど(全く)見ないのですが、先日からの番線の誘惑に負けてフジテレビの「CHANGE」を見ました
木村拓哉の出演ドラマを見るのは「Good Luck」以来かな……

1話だけ見て、面白く無さそうなら次週から見なければいいや……って感じだったんですが(^^;
いや、マジで面白いですねぇ(笑)
元国会議員(当時無所属)の中村敦夫さんが与党の幹事長役だったのには笑ってしまいましたが(^^;
ということで次週以降も録画予約かけてしまいましたよ(笑)

4連休と言うことで、この4日間は読書三昧にするぞ
……と、未読の本を積み上げて待ちかまえていたのだが、結局2日間はグダグダダラダラゴロゴロ……(^^;

いけませんねぇ
しかし、眠いのなんのって……
春眠暁を覚えずと言うが、マジでここのところ睡魔に勝てない
十分に夜は寝ているのだが、今日も午後はほとんど昼寝して終わってしまった
そして今もまだ眠い……
.....ZZZZZZZZzzzzzzzzz。。。。。。。。

GW期間も図書館は開いているので長期の連休はほとんど無理
でもなんとかみんな調整し合って、全員が3連休を一回は取れるようにした……ハズなんですが、私はとうとう連休を取れず(^^;
GWも仕事でした

ということでその代休消化で今日から4連休、一足遅いGWです
年末年始でもないのに4連休を取得なんて、何年ぶりでしょう(笑)
3連休すらほとんど取れなかったのが、この3年間でしたから
もっとも、今週はずっと寝不足で、今日は一日爆睡モードでした(^^;
さて明日からはどうするべ

G大阪が、決勝T進出へ王手をかけていたAFCチャンピオンズリーグ
昨日、無事にタイで行われたチョンブリFC戦に勝利し、日本のクラブとしては昨年の川崎、浦和に続いて3チーム目の決勝T進出を決めた
2005年にJリーグ王者となって参加した2006年の大会では勝ち点で並びながら得失点差で予選リーグ敗退となったのだが、今回は、ホームは2試合で1勝1敗ながらアウェイ戦を3戦全勝という圧倒的な力を見せつけた

これで21日にホームで迎える全南戦は消化試合となるので、過密日程で苦しかったG大阪としてはとりあえず一息つける
西野監督を始めとするG大阪としても2006年の予選落ちの屈辱から、いよいよクラブとして未知の領域に突入するわけで、とりあえずは今後に期待したい
一方の鹿島は最終戦を勝ちさえすれば決勝T進出となるので、前年度覇者として決勝Tから登場する浦和を含めて3チームがAFCチャンピオンズリーグの決勝Tへ顔を出す可能性もかなり高い
日本勢として初の決勝T進出は昨年の川崎と浦和、そして日本勢初優勝も昨年の浦和にさらわれたが、今年は「初の日本勢同士の決勝」の夢もふくらむ

今日の読売vs阪神戦
何より驚いたのが、木佐貫から頭部に死球を受けた金本だった
ちょうど、死球を受けた瞬間は風呂に入っていたため見逃したのだが、明らかな危険球で木佐貫の退場は納得
しかし、それ以上に不安だったのが、金本の連続フルイニング出場だった
ベンチに下がって、様子を見る金本の姿に「いよいよ記録が途切れる時が来たか……」と思った、正直な所

個人的には、連続フルイニング出場は確かに偉大な記録だが、長期的な視野でチームのことを考えると、金本には適当に休養日を入れたり、大差の試合では終盤退いたりしながら、選手寿命を延ばすようにして欲しいと思っていた
そうなると、「どこで休むのか」が一番のポイントとなる
今回の頭部への死球は、その理由に十分なり得る
40歳という年齢を考えて、ここが決断の時だと思った

ところが金本は出てきた
そして次の打席で本塁打を放ったのだ

 参りましたm(__)m

頭部に死球を受ければ、やはり体が恐怖感を記憶していて、しばらくは後遺症が出るものだ
投手の投球に思い切り踏み込んでいけなくなるケースさえあり得る
それが、本塁打だ……

もうここまで来たら、トコトンまで行けという気分
もう金本が休む時は引退する時になるのかも知れない
それでもええやん(笑)

何気なしに朝からCSのチャンネルをザッピングしていたら、テレ朝チャンネルで「おジャ魔女どれみ」(無印)を1~30話一挙放送しているのにぶち当たりました(笑)
DVD全巻所有しているのに、見入ってしまいました(^^;
ぶっ通しで見てしまっている自分がいます

……GWですが出勤しています
もっとも、そんなに利用者は来ないんですよねぇ(^^;>図書館
電話は頻繁に鳴って、「今日は開館してますか?」という問い合わせは多いんですが(^^;

多分明日と明後日くらいまではこんな感じなんでしょう
でもって連休最終日にどっと人が来そうな……そんな予感がしているのです(^^;

最近のアニメ、特に深夜作品は、テレビでのオンエア後のDVD販売で利益を生み出す構造が主流
そして「オンエア後にDVDを売る」という戦略のために、DVDの方は特典てんこ盛りとなっているものが実に多い
オンエア時から作画の修正をして完成度を上げるなんてのから、声優のインタビュー、CDドラマ付き、まぁいろいろと考えつくものだ
まぁここまでは「無くてもいいや」と思えるファンは諦めもつくのだが、一番困るのは……

 TV未放映エピソードを特典として収録

……こういう奴(^^;
またこのパターンが増えているんだよねぇ

そして、現在このBlogで一押し(笑)の、「図書館戦争」
全12話を各巻2話収録でDVDが出るようだが、第3巻にTV未放映エピソードが収録される(^^;
しかもよりによって、原作ファンとしては外せない「小牧と毬江の恋の話」と来たもんだ!

……私はどうすればいいんでしょうねぇ?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。