日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私がハマリにはまったアニメ、そして「これは良い作品だ」と他人に奨める作品の一つにARIAのシリーズがある
第1期が「ARIA The ANIMATION」(全13話)、第2期が「ARIA The NATURAL」(全26話)、そしてOVAの「ARIA The OVA~ARIETTA~」(全1巻)
OVAは制作されますが、第2期の最終回のENDから、TVシリーズの第3期はないかなぁと思っていたのですが、嬉しいことに第3期の制作が決まったようです

 ARIA The ORIGINATION

気になるのはORIGINATIONというシリーズタイトル
原作を離れた完全なオリジナル作品という意味なのでしょうか?
とりあえず今後の情報に注目します
スポンサーサイト
ほとんど自分用のリンク集として使っている、毎月恒例の次月チェック番組
スカパーガイド誌を買うのを忘れていて、今日ようやく買ってきました

ARIA The OVA~ARIETTA~ (AT-X)
ななついろ☆ドロップス(AT-X)
SHUFFLE!(AT-X)
かりん(AT-X)
ロケットガール(AT-X)

とりあえずこのくらいかな
ARIAはOVAはDVDで買うつもりで予約しているけど、先行放送があるようなのでとりあえずチェックします(笑)
ななついろ☆ドロップスは今クール作品ですが、地上波チェックしていなかったのでAT-Xで補完
それ以外の3本はWOWOWの旧作、一応チェック(笑)
WOWOWの旧作では「護くんに女神の祝福を」をオンエアして欲しいんだけどなぁ

9月は「魔法少女リリカルなのはStrikerS」や「らき☆すた」という原クールの私の一押し番組が終わってしまう月です
10月改編期の情報をチェックしているけど何が来るのやら……
そう言えば「瀬戸の花嫁」は第17話が諸般の事情でオンエア出来なくなったようで……
「もえたん」の第6話もオンエア出来ないらしいし……
いろいろと波乱多いクールでしたね(^^;

そう言えばMONDO21で「ゲームレコードGP」と言う番組が始まる
「ゲームセンターCX」の成功から、いろいろとレトロゲームを取り上げる番組が出ているけど、いまだ「ゲームセンターCX」を越える番組にはなっていない
テレ朝チャンネルの「ゲムカシマ」にいたっては「ゲームの昔と今」からタイトルが「ゲムカシマ」らしいが、実際には新作ゲームの宣伝が露骨すぎてレトロ感が無いし……

さぁ今週も丸々戦闘で埋め尽くされた話です
あらすじと感想です~

スカリエッティやクワットロの作戦に疑問を抱くディエチに、クワットロはスカリエッティの真意を語る
ヴィヴィオのような小さな少女を犠牲にすること疑問を持つが、やるべき事はやるというディエチ

一方、病院で目を覚ますヴァイス
六課壊滅の日から1週間も眠り続けていたヴァイスの側にいたザフィーラ
そこに現れた眼帯をした少女ラグナがヴァイスをお兄ちゃんと呼びながら現れる
見舞いに現れたラグナはヴァイスに左目の傷も消え、また昔のように仲良くしたいという
そんなザフィーラを残し、ザフィーラは「なすべき事がある」と病室を出ていく
そしてヴァイスもストームレイダーに目をやった考え込む

キャロとエリオは引き続きルーテシアとガリュウと戦闘中
キャロとエリオの言葉に耳を傾けようとしていたルーテシアだが、そこにクワットロが通信で介入
迷うルーテシアにクワットロはスカリエッティが仕込んだコンシデレーションコンソールにより指示を送る
指示を受けたルーテシアは涙を流しながらキャロとエリオを殺すように命令を下す

フェイトはトーレとセッテと戦闘中だが、2人の連携攻撃と研究所内のAMFにより苦戦する
今後のために魔力を温存しようとするフェイトだが、そこにスカリエッティが現れた
スカリエッティの言葉に激怒したフェイトは飛びかかろうとするが、スカリエッティによる拘束技で捕縛される
リィンとユニゾンしたシグナムは、アギトとユニゾンしたゼストと戦闘中
炎熱加速を加えたシュランゲフォルムを放つシグナムだが、ゼストの前に敗れ墜落
シグナムを突破したゼストは地上本部のゲイズの元へ向かう途上、アギトに対してシグナムこそがアギトのロードに相応しいという
古代ベルカの騎士であり魔力光の色まで適合していると言う

スバルはギンガと戦闘中
ギンガのブリッツキャリバーはAIを弄られているようで、応答はない
ギンガを助けようとするスバルだが、ついにギンガの前に敗れる

なのははゆりかご内部を目指して飛行中にヴィヴィオのことを思い出す
ゆりかご内でガジェットの攻撃を受けるなのはだがACSドライバーによって突破

「ゆりかご」軌道ポイント到着まで
あと1時間44分


燃える展開が続きます
ポイントはキャロ&エリオVSルーテシア&ガリュウ
ここでルーテシアの説得に成功するかが、今時の戦いのキーになりそうですがクワットロによって阻止されました
クワットロ、回を追う毎に悪役としていい味を出しています(笑)
ルーテシアさえ六課サイドに取り込めばガリュウも寝返りますし、アギトも同じくでしょう
ゼストは……まぁ死んでしまいそうなので(^^;

さてそのアギトですが、魔力光の適合から見るとシグナムとユニゾンする可能性が高くなってきました
25話くらいに(笑)、はやてがリィンとユニゾンするでしょうから、その時はシグナムとアギトがユニゾンするような展開になってきました

そしてザフィーラとヴァイスの男2人(笑)
もう出てこないと思ったのですが、この様子ではもう一働きしそうです
ザフィーラははやての元へと行くのでしょうか?
そしてヴァイスはストームレイダーを手に往年の魔導士の姿に戻るのでしょう
今後の展開に期待!

そして一人進撃を続けるなのはですが、目の前に強敵が現れないので、進撃は用意なのも納得
もっとも最後はクワットロが立ちふさがりそうですが(^^;

そんな中で、出てこなかった人が3人(^^;
ティアナは絵はあるんですが台詞無し、辛うじてラグナ役が中原麻衣のため、ENDクレジットには中原麻衣の名前はありました(笑)
はやても映像だけで台詞無し、こっちは植田佳奈さんの名前がENDクレジットから消えていました(^^;
ヴィータも重傷を負いながら奥に向かっていますが、台詞がないので真田アサミさんもクレジットに未登場(^^;
え゛?……シャマル先生も出ていないって?
もう出てこないのでは?(^^;

ナンバーズの方もディエチが迷いはじめたように、付け入る隙はありそうですが、果たしてどんな展開になるのか……
機動六課メンバーが大苦戦の状態ですから、なんらかの打開策が必要になりますね
キーは……
 ・管理局の白い悪魔なのは
 ・はやてとリィンのユニゾン
 ・キャロ&エリオによるルーテシア説得成功
 ・アギトとゼストの寝返り
この辺がキーパーソンのようです


次回は第23話「Stars Strike」
いよいよなのはたちスターズ隊の反撃が始まりそうです
今年に入ってから、動画サイトを使用することが多いのだが、繰り返しみたいものはどうしても保存しておきたい
色々と試した結果、Getter1というツールを使っていたのだが、8/22にニコニコ動画がログインパスワード方式を変更した時から、このGetter1では、ニコニコ動画の動画が落とせなくなってしまった

いや、マジで困っていたのだが、今日ようやくのことでSmileDownloaderというツールを発見、これで落としている
Getter1に慣れてしまった身では、分割Downloadが出来ないツールは遅いのが難点なのだが、とりあえずは落とせるのでこれでOK
キャッシュに残っているときはキャッシュから落としてくれるのでむしろGetter1より速いし……
まぁでもGetter1も速くニコニコ動画のシステム変更に対応してもらいたいねぇ
昨日は全国集会で朝から夜までバタバタ
気がついたらベッドでバタンキュー
久しぶりにBlogに穴が空きましたね(^^;
後日書きしようかと思いましたが、なんだか疲れ切った一日だったので、もう書くのやめです(^^;

今日はホンネは休みたかったんですが、明後日のイベントの準備のため出勤しました
ホント、イベントが続きます>夏休み終盤

明日は全国研究集会の発表の日
ということで、今日は午後から会場の準備
……っていうか、実行委員会から発表者として依頼されている人間が、自ら会場準備をしているあたりが、この手の集会の実情を現しているなぁ(笑)
とりあえず明日は丸一日発表&討論会なので、この灰色の脳細胞がフル回転することになりそう
だから今日は早めに寝ます

※マジで、一番前の発表者席で居眠りしたらシャレならんよ(^^;

今日は子ども向けの化学実験教室
テーマは「スライムを作る」
ネットで検索してみると紹介されていますが、スライムは簡単に作れます
「水」「洗濯糊」「ホウ砂」を混ぜるだけです
ちゃんと教えてくれる先生をお招きしていますが、私たちもあちこちでお手伝いです

……ということで子どもにスライムを作らせるわけですが、折角ですから作る際に絵の具を混ぜます
いろんな色のスライムが出来ます
青のスライムなんか、思い切りドラゴンクエストに出てくるスライムです
あぁ、こいつは“こんぼう”でも倒せるぞ、と思ってしまいます(笑)
多分得られる経験値は1だろうし落とすお金も1Gなのでしょう(笑)
色によってはスライムベスっぽいのもいますし、水が多すぎで旨く固まりきれなかったのはバブルスライムです(笑)

そしてメインとなるのは動くスライム作り
材料に鉄粉を混ぜてやると磁石にくっつくので、磁石を動かすことにより動くスライムになるわけです
鉄粉を混ぜると色が黒っぽくなります
思い切りメタルスライムです(笑)
コイツは経験値が大きそうです、ただし逃げ足が速そうです(笑)
しかも固まりきれなかったのもあったので、そうなると思い切りはぐれメタルです(笑)
少し材料が多かった子どものは思い切りキングメタルです(笑)

うん、経験値いっぱい稼げそうです(笑)


昨日は休みだったけど、夕方から職場の人たちとボウリング大会に行ってたわけですよ
まぁおかげで今日は右腕が痛いのなんのって……ボールペンで文字が書けません(^^;
たった2ゲームしかしていないんだけどねぇ……

ちなみにボウリングの後の打ち上げは居酒屋
最近はとりあえずビールで乾杯の後は焼酎を飲むことが多くなっている
職場の連中も焼酎を飲む人が多いので、昨日は早々と焼酎モード
何度も注文するのが面倒なので、一升瓶ごと注文して、水割りやロックで飲んでいたんですけど……あっという間に空になってしまいました(^^;>一升瓶
さらに五合瓶を追加注文したけど、これも空になってしまった……

えぇ、先の腕の痛みに加え、今日は二日酔いもあって、しんどかったですよ(^^;>仕事中



盛り上がってきましたねぇ
もう一週間待つのがツライくらいに、次の話が待ちきれない展開が続きます
では、あらすじと感想です


次元航行部隊はミッドの軌道上へ向けて移動中
迎撃位置に到達するまであと3時間半
しかしレオーネ相談役やレティ提督が動いたおかげで遅延は発生していない

無限書庫ではユーノがゆりかごの調査を続けている
古代ベルカですら既にロストロギアとなっていたアルハザードの流出物
危険度は極めて高いと判断される
特に軌道上で2つの月の魔力を受けられる位置に到達すると次元空間での戦闘も可能となり、次元航行部隊とも渡り合えると思われる
対抗策としては鍵となっている聖王がそれを命じるか、駆動炉を止めること
スカリエッティの逮捕で求めることが出来るかも知れない
アルフはスカリエッティの逮捕はフェイトが必ずやると断言する

ゆりかごの外でははやての指揮の元、ミッドの航空魔導士が戦闘中
そしてなのはとヴィータはゆりかごに発見された突入口からゆりかご内部へ突入
内部はAMFが展開されているが、なのはとヴィータはなんとか無事内部への潜入に成功した

スカリエッティのアジトではシャッハとフェイトがガジェットと交戦
アコースの指示を受けてスカリエッティの居場所を探し続ける

市街地区画ではアルトの操縦するヘリがガジェットを振り切り、フォワード陣が降下
他の魔導士が不慣れな召還士や戦闘機人を叩く先陣として切り込むことになる
「でもなんだか、なんだかちょっとだけ、エースな気分ですね」とエリオは言う

オットーが降下したフォワード陣を発見、ノーヴェとウェンディが迎撃に出る
キャロはルーテシアを発見し、フリードと共にそちらへ
キャロを支援しようとしたティアたちは戦闘機人と遭遇、新人たちは分断されてしまう
建物の中に飛び込んだティアは個人戦を避けようとするが、結界で建物内部に閉じこめられる
ティアはノーヴェとウェンディ、スバルがギンガ、キャロとエリオがルーテシアとガリュウと戦闘状態に
なるべく時間稼ぎをして市街地と中央本部を守ることを最優先とするティア

フェイトとシャッハはラボでセインと遭遇
シャッハは傷つきながらもセインを確保、フェイトはトーレとセッテと遭遇
帰還か叛逆かと問われたフェイトは「犯罪者の逮捕」と答えた

ゆりかご内ではヴィータがガジェットと交戦
なのはは飛ばし過ぎとヴィータを心配するが、それがフロントの仕事だとヴィータは言う
そんな中、シャーリーから駆動炉と王座の間のルートが伝えられた
真逆方向の2つのポイント、突入部隊は40分かかるという知らせに、ヴィータはなのはと2手に別れることを決断
ヴィータを心配するなのはに、自分が駆動炉に、なのははヴィヴィオに元へと言うヴィータ
鉄槌の騎士ヴィータと黒金の伯爵アイゼンの得意分野は破壊、この世に砕けないものはない

廃ビルの中ではティアがノーヴェとウェンディと交戦
幻影を駆使するが苦戦が続く
アンカーによる脱出を試みるが、ディードに阻まれ足を怪我してしまったティア
もうダメと諦めかけたティアだが、今までのスバルの激励を思い出し、再度立ち上がる

キャロはルーテシアと、エリオはガリュウは必死で語りかける
悪いことでなければ手伝えると言うが、ルーテシアは少し表情を変えただけで何も言わない

ゼストとアギトの前にはシグナムとリィン
レジアスに会いに行くだけだというゼストを止めるべく、剣を構えるシグナム
お互いユニゾンインした2人の騎士は真っ向からぶつかることとなった

ギンガの前に立ったスバルはギンガの体を破壊しないようIS振動破砕を使わず魔力ダメージのみでの昏倒を狙う

ゆりかごの最深部に到達したヴィータは駆動炉まであと少しと言う所で背後から胸を貫かれる
かつてなのはを撃墜したものと同じタイプのアンノウウン
大量に襲いかかるアンノウウンにヴィータは戦いを挑む
「一機残らず、ぶったたいてやらぁ!」

「ゆりかご」軌道ポイント到達まで
あと2時間16分


全編戦闘の連続という盛り上がる話
作画がイマイチなんですが、それでもストーリー的には盛り上がります
特に今回のメインはティアとヴィータ

まずはティアは2人のナンバーズを相手に大苦戦、それでも諦めず戦い傷つきます
まぁBランクでナンバーズ2人相手に単独でここまでの善戦しただけでも上出来でしょう
ダガーモードも少し使いましたが、やはり個人戦では不利は否めません
恐らく次週には砲戦モードが起動されるのではないでしょうか

そしてもう一つの盛り上がりポイントであるヴィータ
空でなのはを守ることを使命として機動六課スターズ分隊の副隊長となったヴィータの本領発揮です
そしてヴィータを襲ったアンノウン……ヴィータは重傷のようですが大丈夫でしょうか?

そしてスバルとギンガの戦闘は今回はお預け、次週はどのようになるのか
ただ「手加減無しモード」のギンガと、魔力ダメージのみで戦いIS仕様は禁じ手になっているスバル
かなりスバルが不利ですが、リミッター解除で得た新しいワザに期待しましょう

キャロとエリオの呼びかけに少し表情を変えたルーテシア
ルーテシアを止めれば自動的にガリュウも止まるので、ルーテシアの説得に成功するかどうかが、エリオとキャロのポイントでしょう

そしてシグナムとゼストのユニゾン対決
ゼストも根っからのスカリエッティ派ではないですが、言葉で語るよりも剣で語るタイプのゼスト
シグナムも同じタイプだけに説得というカードはこちらにはなさそうです

唯一有利に進んでいるのがスカリエッティのアジトに突入したフェイトとシャッハ
シャッハが傷を負いましたが、なんとか一人を確保出来そうです
フェイトもトーレとセッテの2人が相手なら何とでもなるでしょう

そしてなのはまだ未戦闘(^^;
エースオブエース、管理局の白い悪魔はまだその力を全く出さずに次週へと引きました(^^;
まぁなのはさんとレイジングハートが全力全開になったら誰も止められませんから、まだ戦わないのはわかるんですけどねぇ(^^;

そう言えばユーノとアルフも出てきましたね
個人的にはアルフにも前線に出てもらいたいのですが……まぁフェイトの魔力消費を最小限にするために選んだ道ですし……仕方がないのでしょう


残り時間も表示され、次元航行部隊が間に合うのかどうか微妙なタイミング
ますます次回が待ちきれない……もう一気に残り全話放送してくれないかしら(笑)
次週は第22話「Pain to Pain」

ハマりにハマっているアニメ「魔法少女リリカルなのはStrikerS」
当然のようにパロディマンガやSSを掲載しているサイトをいくつか定期的にチェックしている
そんな中、「怠惰な日常」というサイトで掲載されているパロディマンガが夏コミで販売されるという話を聞いた
もちろん、夏コミ行くわけでもないので「入手出来ないなぁ」と思っていたのだが、メロンブックスの通信販売で入手出来ると聞いてさっそく購入
今日ようやく届きました、面白いです
しかしまぁ、考えてみれば同人誌を買うのは何年ぶりだろう(笑)

今週末から開催の全国研究集会
発表者として参加することが決まっているんですが、まだ原稿が出来上がっていません
まぁ骨組みは出来ているし、昨年に庁内会議で話してきたことを再度発表するだけなんで、経験上、2日もあれば準備は出来るんですけれども……
うちは会場も提供しているので、会場の準備もしないといけないんだよなぁ

ちょっと今週末は忙しくなりそうです
ということで明日と明後日の二日は休暇を取って鋭気を養うことにします

そう言えば来月は、「らき☆すた」の小説版「らき☆すた殺人事件」と、コミックス版の新刊「らき☆すた(5)」が発売になるんじゃないですか
とりあえずさっそくネット書店で予約入れました(笑)
ハマったら必ず小説版をチェックするハマムラの本領発揮です(笑)

生涯学習情報を掲載したミニコミ誌の編集
うちでは2年ほど前からボランティアスタッフを養成して、そのスタッフに編集作業をしてもらっている
今日はその編集作業日だったので、いつものように掲載原稿や写真データを収めたフラッシュメモリを持って公民館のITルームへ
スタッフに今回の編集のポイントや注意点を伝えると、基本的に私は退室する
あとはボランティアスタッフにお任せ
私が作業に入ると手を出したりしたくなるし、何よりもこの時間を使って、私が別の仕事を進められるというのがボランティアにお願いする最大の利点だから

夕方にはいつものように完成したデータが入ったフラッシュメモリが私の元へ返却される
誤字脱字などの微修正をしないといけないから、さっそく中身を確認する
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
何にも入ってないやん(^^;
明日確認してデータ回収しないと(^^;

2005年の第1回から日本で開催されているFIFAクラブW杯
今年も12月に日本で開催されるのだが、今年は昨年までと違い、日本のクラブが出場する
ご存知のように、この大会は欧州・南米・北中米・アフリカ・アジア・オセアニアの各大陸毎のクラブ王者が世界一を決める大会

過去には日本のクラブの出場はなかったが、今年は現時点でアジアチャンピオンズリーグの8強に浦和と川崎が残っており、このどちらかがアジア王者になれば文句なしの出場となる
しかし日本は開催国枠での出場を熱望しており、正式に今年は日本のクラブの出場枠が1チーム認められた
現時点では今年のJ王者が出場することとなる予定なので、現在首位のG大阪か2位の浦和と言うことになるのだろう
ただし、浦和か川崎がアジア王者になった場合は、そのクラブが出場するのでJ王者の出場枠は消える
個人的にはG大阪のファンなので、G大阪に出てもらいたいという気持ちがあるのだが、その反面、日本のクラブの初出場が開催国枠でいいのか、といった気持ちもある
まぁ素直に浦和か川崎がアジア王者になって出てくれるのが一番いいのだが……

ついでながら、この大会2008年も日本での開催となった
となると、2008年も開催枠があるんでしょうねぇ……

暑いねぇ~多治見と熊谷では40.9度だって?
日本観測史上最高記録を更新です
まぁこの40.9度というのも、百葉箱の中の温度だからね
地面から1.5mくらいに接地された風通しのいい箱の中で40.9度なんだから、アスファルトの路上なんて40度を軽く突破しているのは間違いないわけで……(^^;

今日は休みだったけど、表を歩くのは命に関わるんじゃないかと思って、エアコンガンガン入れて、一日中、家の中で本読んだりみんゴルやったりしてましたよ(笑)
……で、知り合いと電話で話をしていて「これだけ暑いと、一雨欲しいねぇ~」と私が言ったら友人が真剣に言った台詞が……

 これだけ暑いと降ってくる雨も40度くらいのお湯になるんじゃないの?

ぶわっはっはっは……マジで笑わせてもらいました(笑)
もしそうだったらいいですねぇ、明日からは夕立に備えてシャンプーを持って出掛けないと(笑)

さぁいよいよ物語は佳境に入っていく第20話
あらすじに続いて感想です


蘇った聖王のゆりかご
予言が的中したことに愕然とするカリム
しかしはやてはあきらめていなかった
そしてクロノからは本局から次元航行部隊の艦隊が迎撃にでたこと、そして地上部隊も出撃したことが知らされる

一方のナンバーズはゆりかごが安定状態に入ったことで、作戦を次の段階へと移行した
ゆりかごが主砲を撃てる高度に達し、二つの月の魔力の影響を最大限受けられ、地上をその射程距離に収める一に達すれば、ミッドチルダが丸ごと人質状態となり、ゆりかごは無敵である
それまでに管理局の魔導士部隊を抑えるのがナンバーズの仕事である
そんな中、スカリエッティがナンバーズ達にヴィヴィオの秘密を教える
10年前、聖王教会にいた聖遺物管理という要職についていた司祭が、聖王陛下の持ち物であった遺物に女性への愛から手をつけてしまった
そしてそこのあった血液から採取された遺伝子を元に生まれたのがヴィヴィオであった
生きて動いている聖王はゆりかごの起動キーとなるのだ
これだけのことを起こして、ここまで支援をしてくれていた最高評議会の反応を心配するナンバーズだが、それに関しては心配要らないとスカリエッティは言う
スカリエッティの言葉はよくわからないナンバーズだが、とりあえずスカリエッティの指示に従う

最高評議会では、スカリエッティのやりすぎを見て、止めることを相談していた
人造魔導士計画のゼストは失敗、ルーテシアも成功せず、しかし聖王の器は成功した
その評議会の3人は、生命操作技術を駆使して肉体を捨ててポッドの中で生きながらえていた存在だった
そのポッドのメンテナンスをすすために女性が部屋の中に入ってきた

ミゼット提督はクロノと話をしていた
レジアスはやり方が乱暴なことはあるが地上平和の功労者であるため信じられないと言う
一方、アースラ内部でははやてなのはたちに状況を説明する
誰の思惑で何がどうなっているのかはわからないが、少なくとも市民の平和が脅かされている今、「私たちはとめなあかん」
各部隊が協力しているが、高レベルの対AMF戦を行える魔導士は少なく、機動六課の3つに別れて対応することとなる
キャロとエリオは一人でスカリエッティの元に向かうことになったフェイトを心配するが、アコースやシャッハと一緒だから心配ないと答えるフェイト
リィンとシグナムはもう一度でて来るであろうゼストとアギトのことを考えていた
シグナムによると、ゼストは8年前に死んだ首都防衛隊のStriker級魔導士でゲイズ中将の親友だったという
そして出撃直前のフォワード陣になのはとヴィータが話をする
今回の戦いではピンチになってもフォワード陣をなのはやヴィータが救援することは出来ない
これまでのきつかった訓練を思い出し、どんな状況でも対応出来るように教えてきたのだ
「厳しい状況をビシッとこなして見せてこそのStrikerだからな」
ヴィータの言葉にフォワード陣は大きくうなずく

スバルはなのはのことを心配するが、なのはに逆に励まされ、スバルはギンガを助けると言う
なのはは出撃出来ないのが一番怖かったと言い、現場に出て全力全開でやれるのであれば不安は無いという
ヴィヴィオも絶対大丈夫、助けてみせると言うなのは
「スバルが憧れてくれたなのはさんは、誰にも負けない無敵のエースだから」

隊長達も出撃し、カリムの手で全員の能力限定が完全解除された
「機動六課隊長・副隊長一同、能力限定完全解除」
なのはもエクシードモードとなった
そんななのはとブラスターモードの負担を心配するフェイトに対して、なのはもフェイトのリミットブレイクとその負担を心配する
「この手の魔法は、大切なものを守れる力。想いを貫き通すために、必要な力」

スカリエッティ側でも迎撃準備は完了していた
そして最高評議会ではメンテに来ていた女性がポッドを次々と破壊
この女性こそ、すでに管理局に潜入していたナンバー2のドゥーエだった

ゆりかご周辺でははやて、ヴィータ、なのはが管理局の魔導士達とともにガジェットと戦っていた
次元航行部隊の到着まで3時間少々……そしてゆりかごが予定ポイントに到着するまで約3時間


スカリエッティの背景としてアルハザードがでてきました
スカリエッティはアルハザードの遺児ということでしょうかね?
第1シリーズでプレシア・テスタロッサがが求めていたアルハザードが実在していたということですね
さらにこれまで謎だった2番ドゥーエも初登場
ゲイズ中将の副官オーリスは全く別人だったのですね……残念

それにしても最高評議会……登場時から「ゼーレ」(笑)と言われていましたが、こんなことになっているとは……(^^;
ポッドの中に脳みそだけが浮いてしゃべっている絵は笑えます

前半はヴィヴィオや最高評議会など説明が多い展開で少しだれましたが、中盤以降はいい感じです
特にアースラ内での会議から出撃する所まではゾクゾクしながら見ていました
そしてついに六課の3トップ(はやてなのは・フェイト)と副隊長(ヴィータ・シグナム)というリミッター付きだった面子が全員限定解除です
いよいよなのはさんの「全力全開」が見られそうです

残念だったのは、折角だからこの限定解除の時に変身バンクを入れて欲しかった(笑)
特にはやてはここまで一度も変身バンクがなかったので、ここで入れてくると思ったんですが……
リィンとユニゾンするときに期待しましょう>はやて変身バンク

それから出撃前のなのはの訓辞を聞いているときのフォワード四人の反応(笑)
表情と言いうめき声といい……ホントに訓練を思い出していたんですね(^^;
それから飛行中にお互いを心配しながらイチャイチャモードのなのはとフェイトに呆れているはやてとヴィータ
今回、いろんな意味で見どころのあるシーンが多いです

それから気になるのはルーテシアとゼスト、アギト
私は最終的にはこの3人は機動六課側に立ってスカリエッティと戦うのではないかと思っているのですが……どうなんでしょう
ルーテシアやアギトあたりは無印の時のフェイトのようになのはたちと和解して、次シリーズでは機動六課の面子になっていたりしたら面白いのですが……(ゼストは死にますね……絶対(^^;)


さぁ次回です
ゆりかごに突入するなのはとヴィータ
スカリエッティのアジトに突入するフェイトとシャッハ
そしてフォワード達は……
遂にすばるとギンガが激突するのか?
21話「決戦」

Amazonのマーケットプレイスでちょくちょく買い物をするが、中に「1円」という商品がある
基本的に私は1円の商品は買わない
何故かというと、1円の商品の場合、その多くは商品の売り上げ(1円)ではなく、マーケットプレイスの場合の配送料(340円)で儲けを出しているから
配送料で儲けを出すというのは、配送料として集金した340円よりも安い配送手段で発送して、その差額を利益にすると言うこと
この場合、ほとんどはメール便(特に多いのがクロネコメール便)が使われている
私はメール便は全く信用していないので、1円の商品は買わないのだ
過去に何度不達を喰らったことか……2週間後に届いたことさえある
特に経験上、クロネコメール便は「まともに届いたらビックリする」と言ってもいいくらい酷い

しかしながら1円では、ちゃんと値付けしている商品でもメール便での配送が多いので困ってしまうのだ
先日、ある商品を買ったのだが、発送のお知らせメールの中には「クロネコメール便で発送しました」との文字が……
イヤな予感は的中するもので、やっぱり届かない
追跡サービスを利用しても全く更新されす“お品物をお預かりいたしました”という変な日本語表記が変わる気配は全くない
お盆だからと言う人がいたが、そんなのは理由にならない
私もそうだが、お盆であっても休まず仕事をしている人はたくさんいる
お盆だから休みが多くて配達出来ませんというのは理由にならない
お盆であっても仕事をしますと言う人を使えばいいだけの話

ちなみに苦情を言ったことがあるのだが、そうしたら「メール便は配送料が安いんです、ちゃんと届く必要があるのなら宅急便をご利用ください」と言われた
ふざけるなと言いたい
安い料金の配送だから、ちゃんと届かなくても文句を言うなということかい?
郵便局の配送でこんな経験は全くないので、私はますます民間の宅配業者を信用しなくなっている

ということで過去にも何度も書いたけど、定期的に繰り替えします
私はメール便というものを全く信用していません、大嫌いです

世間はお盆休みだ、Uターンラッシュだと、テレビの報道で見るが、こちとら仕事を始めてから10数年、お盆というものに縁がない
図書館時代から現在まで、お盆にまとめて休んだという記憶がない
例によって今年も、週休に夏休を一日つける程度の休み方
こうなってくると、世間一般の「お盆」という時期がいつからいつまでなのか、トンと疎くなってしまった(^^;
別にどこに行っても大混雑して、しかも割増料金だらけのお盆に休まなくても、閑散期を狙って休みを取れば人混みはないし安いし、それでいいんだけどね(笑)

ただ、図書館や現在の職場である生涯学習のセンターに電話をかけてきて「お盆休みはいつまでですか」と聞くのはやめて欲しい
公的な施設にお盆休みなんてあるわけないんだから(笑)

先週は月曜から木曜までキャンプ随行、金曜と土曜は休暇
木曜日にキャンプから帰ってきた後、机の上に溜まっていた決裁書類とかは片づけたけど、事実上、今日が1週間ぶりに、自席でパソコンに向かったりしての仕事
……っていうか、体が事務モードに切り替わらない(^^;
とりあえず、月末の全国集会での発表の準備をそろそろ本気でまとめないといけないので、チョロチョロとですが、進めています

ゲームなんて全く興味ないと言っていたうちの母親がDSの脳トレや漢字検定などの実用系ソフトに興味を持ち始めた
そこで、今日は実家に帰るときに我が家に2台あるうちの、私のDSと脳トレと漢字検定ソフトをセットで持っていった
結構興味深くプレイしていましたよ

とりあえずそのままDSとソフトは実家に置いてきました
ドラクエ9がでるまでDSには用がないし
しばらくまってそのまま遊んでいるようなら、そのまま実家に放置でもいいか、その時はLiteを買えばいいし(笑)
一番の問題点は、DSでの遊び方を機械音痴のうちの母親が、明日も覚えているかどうかですが(笑)

壊滅状態の機動六課復活の話……ということで第19話のあらすじと感想です

手術が終わった後も昏睡状態のヴァイスの替わりにヘリパイロットとなったアルトは、機動六課の残存メンバーを引き連れてアースラへとヘリで飛ぶ
一方、アースラでも元アースラの乗組員だったルキノが新たに管制操舵士として着任した
そんなアースラの作戦司令室にはやてなのは、フェイト、そしてグリフィス、ティアナ、エリオ、キャロが集合
はやてとグリフィスが今後の機動六課の方針を説明する
機動六課はスカリエッティの捜査はできない上に地上本部から情報等の支援は得られないが、機動六課はあくまで本局所属の部隊として、レリック事件を追う、結果として延長線上にあるスカリエッティ一味を追い、ヴィヴィオやギンガも取り戻す
なのははやてが無理をしているのではないかと心配するが、後見人の黙認を取り付けたはやては、こういう時のための機動六課だと、既定の方針を押し切る

一方、マリエルの元で最終調整を終えたスバルは、完全回復していた
ただ破損の酷かったマッハキャリバーにスバルは謝る
しかしマッハキャリバーはスバルの全力を受け止められなかった自分が悪いと逆にスバルに謝り、さらに自らの強化方針を打ち出す
スバルはマッハキャリバーと共に、今度こそ相棒として戦おうと決意する
「今度は必ず、あなたの全力を受け止めます。あなたが、どこまでも走れるように」
「今度は一緒に全力で走ろう。マッハキャリバー」

なのはにティアナ達のファイナルリミッター解除をすると言われたリィンは、レイジングハートのブラスターモードの心配をしていた
しかしなのはにとってはブラスターモードは最後の切り札であり使うつもりはない
エクシードモードだけで終わらせてみせるとなのはは決意する

訓練室ではエリオがシグナムと訓練をしていた
何を教えるでもない、ただ模擬戦を繰り返すだけだが、エリオは着実にシグナムから戦い方を盗んで成長していた
シグナムはフェイトにエリオが強くなっていける理由はなのはの指導のおかげだと言う

ヴィータはシャマルの検査を受けていた
ザフィーラもそうだがヴィータも治りが遅く再生機能不安を抱くシャマルは守護騎士システムの異常も気になっていた
不安要素が多い守護騎士システムだが、ヴィータは前向きに考えていた
「私達が闇の書の一部だった頃から心のどこかで、望んでいたことが叶い始めている」
「死ぬことも出来ずにただずっと生きてきた私たちが、 最後の主のはやての元で限りある命を
大切に生きられるようにって… 初代リインが、あたしたちにくれた贈り物。それの続きさ…」
普通の人間になったようだとヴィータは言う
ザフィーラやシグナム、シャマルも同じ意見だった
この10年で守るモノが増えてしまったことにヴィータは、シグナムも自分も絶対に落ちないと宣言する

スバルがアースラに帰ってきたことを喜ぶフォワード陣だが、その時アラートが鳴り響く
戦闘機人が地上本部の切り札であるアインヘリアルを次々と制圧していく
データ蓄積の成果でナンバーズの動きも良くなっている
ウーノの報告を受けたスカリエッティは喜ぶ
人造魔導士と違い、戦闘機人は失敗が少ない
管理局が実用寸前まで行ったものをスカリエッティの改良により最高のものに仕上がった
人造魔導士についてもゼスト達の協力でデータ収集をした結果、聖王の器も準備出来た
聖王のゆりかごを起動することはスカリエッティの悲願だったのだ

そのスカリエッティのアジトに侵入するものがあった
アコースとシャッハがフェイトやナカジマ三佐の捜査資料を生かしてついに突き止めたのだった
しかしガジェットが登場、アコースとシャッハが迎撃をする

アコースからの連絡を受けたアースラでは、はやてがどうするか考えていた
しかしゼストや戦闘機人が地上本部に向かうという知らせが入り、状況はますます複雑に
そして映像が入った瞬間、一同は息をのんだ……
進撃をするナンバーズの中にギンガの姿があったのだった

一方ガジェットを片づけたシャッハだが、その時スカリエッティが管理局や聖王教会に宣言を送ってきた
旧暦時代に一度世界を席巻し破壊した古代ベルカの悪魔兵器聖王のゆりかごが復活した
そして聖王のゆりかごの中で起動キーとして使用されているヴィヴィオの姿を見たなのはは全身が震えだした


まずは今回は最高の見どころはスバルとマッハキャリバーのシーンです
仲間だと言いながら最後には道具扱いにしてマッハキャリバーに迷惑をかけたスバルに対して、自分がスバルの力を受け止められなかったことを反省するマッハキャリバー
レイジングハートと言いマッハキャリバーと言い……デバイスたち格好いいぞ
そしてパワーアップしたマッハキャリバーの力をスバルが今後どのように生かしていくのか
楽しみですねぇ

そして守護騎士四人にも死亡フラグがでました
このシーンは今話でのピカ2です、スバルとマッハキャリバーの会話のシーンと並び立つ名シーン
これまで主が新しくなる度に再生を続けてきた守護騎士達の再生機能はA's時代に壊れていますが、これにより限りある命となった4人
しかしそれを喜ぶヴィータ達の台詞、A'sの時のCDドラマとの関連性があるのですが、なかなか重い台詞でした
そして守護騎士システム自体でも相互リンクの低下、緊急時のはやてからのシステム復旧や魔力供給が困難になっている
はやて死亡フラグも立っていましたし、この主と守護騎士達がどのような結末を迎えるのかも気になって仕方がありません
個人的にはこの守護騎士達……特にヴィータは好きなキャラなので、次シリーズ(あると信じています!)のためにも生き残って欲しいのですが……

そしてギンガは予想通りナンバーズの一員として登場してきました
ウェアもナンバーズ仕様に替わっていましたねぇ(笑)
今後の展開として、やはりスバルvsギンガでしょう
マッハキャリバーとブリッツキャリバーの激突も期待大です

そしてなのはのブラスターモード
最後の切り札だから使わないと言うなのはですが、当然ラストではこれを使うシーンがあるのでしょう
なにしろヴィヴィオが聖王のゆりかごの中に捕らわれているのですから
となると、ゆりかごを落とすのとヴィヴィオを助けることがなのはの仕事と言うことになります
どのような展開が待っているのか……

六課では予想通りアルトがヘリパイロット、ルキノが操舵手として着任
個人的にはリンディさんやクロノ提督、さらにはエイミィさんにもアースラに着任してもらいたいのですがねぇ


いよいよクライマックスに向かおうとしています
次はアースラと聖王のゆりかごの決戦でしょう
どのような戦いになるのやら……

※帰還後の後日書きです

そして迎えた最終日
午前中は川遊びか想い出のクラフト作りかの選択プログラムなのだが、中学生全員と6年生の一人が川を選んだが、残りは全員クラフト
前日までの川の寒さが子どもの心には堪えたのかも知れない
もっとも、その最終日が一番夏のキャンプらしい天気に……(^^;
そんな中、本部スタッフの学生と備品や装備品の片づけをはじめる
片づけてしまえばプログラム終了後、お昼はカートンドッグで簡単に済ませて帰路へと言う段取り

そして帰路でもハマムラ悪戦苦闘
学生達の個人荷物を軽バンに積んだのが、量が多くてアクセルを思い切り踏んでも上り坂では息をつくエンジン(^^;
さらに睡魔との戦い
単調な高速道路はホントにやばかった、特にトンネルの中では、バーディゴ(空間失調)の寸前でした……

帰着後の閉校式で挨拶をして子どもを保護者に引き渡せば終了なのだが……帰路の運転が一番辛かった(^^;>最終日

実は夜は担当団体の会議があったのだが、とても無理と判断、別の職員にお願いして帰宅
そう言えば今年はあまり焼けなかったなぁ>肌
日射しが強かったのって最終日だけだったし(^^;


※帰還後の後日書きです

3日目は一日中川で遊ぶ日
午前中、さっそく焚き火の番となるハマムラ(^^;
炎天下というわけではなく、わたし的には過ごしやすいのだが、子ども的には寒い(^^;
焚き火大人気(^^;

午後は更に川の上流まで行って野生の鯉を見つけて遊び、さらにキャンプ場まで川を流されつつ下るという強行軍
しかし昨年よりも多い水量で、足がつかない子どもたち
ライフジャケットを身につけているので溺れる心配はないが、プカプカと浮いているだけでは流されてしまう
大学生が必死で引っ張ったり担いだりするが、思うように上流に行けない(^^;
それでも鯉を見つけることには成功、大興奮の子ども
私はと言うと、岸で暖を取るためのホットな飲み物を用意していたのだが、そこにたどり着けない(流されていく)子どもが多数(^^;
そして寒くてリタイアした子どもが出たため、川から上がらせ、車でキャンプ場へピストン輸送
疲れた……もっとも昨日のホームシックの子どもがこのころには完全回復したのでよしとしましょう
ただ朝からお腹が痛いと行っていた別の子どもが、この時ホームシックと判明……やれやれ(^^;

夜はキャンプと言えばカレー(笑)
炊事は私は特定の班で作ると言うよりも、全体を身ながら状況を把握する担当なので、昨日同様鉈や包丁の使い方をチェキチェキ
ただ一緒に食事をする班がどうしても作業が遅く、二日続けて完成が最後になって可哀想だったので、適度にその班を支援ということで、カレーの手順を細かくチェックしていた……のだが、よりによって学生リーダーと子どもに任せていた飯盒のご飯が見事に黒こげに(^^;
6合炊いた米が、食べられる所は5合分くらいに(笑)
しかも焦げ臭い……香ばしいご飯でした、これぞキャンプ(笑)

その後キャンプと言えば……キャンプファイヤー
長い吊り橋を渡ってファイヤー場に行くのだが、今年は橋の揺れが大きい
毎夜、班の時間に子どもと大学生だけの時間を過ごす隙に本部等のコインシャワーを使いに行くのだが、夜の吊り橋の揺れは怖い
当然、ファイヤー場へ行くときも大きく揺れる(^^;
今年の看護士の先生は高所恐怖症なので、ファイヤーを見るときに使う椅子を二つ運ぶハマムラ
大きく揺れて怖かったですよ(笑)

※帰還後の後日書きです

2日目はキャンプ場から山を一つ越えた所にある滝巡りのハイキングコースを回りながら滝壺で泳いでしまおうという粋なプログラム
離れた場所に大学生達の車で子どもを2班に分けて輸送、私も軽バンで備品等の搬送
昨日怪我をした子どもは、滝の入り口で同じ班の仲間を見送った後、入り口の本部でお弁当を食べた後、一足先に帰還するスタッフの来るまで自宅へ
昨年は完全に2班体制の滝プログラムだったが、今年は2回ピストン輸送をして、滝で時間を長めにとる
おかげで下の本部は待機時間が長い(^^;
もっとも途中で雨がぱらついたり、雲がずっと出ていたために、炎天下での待機はせずに済みましたが……
おかげで、本部で温かい飲み物が用意されるハメになりましたが(^^;

そしてホームシックの別の子どもがここで泣き叫び状態に
人気の高いキャンプなので、先着順で参加出来るとなると、参加したかったのに定員オーバーですと断らなかればならない子どもが出る
友だちと申し込んだのだが、友だちは漏れて一人だけ参加となった子どもがホームシックに(^^;
夜の班でリーダーと交流する時間を長めに取った日なので、そこでの復活に期待する

この日の夜は煮込みハンバーグの自炊、手順がややこしい上に学生の作業工程の事前リハが甘く、悪戦苦闘する子ども多数(^^;
その中で昨日の二の舞はゴメンとばかりに、鉈と包丁を使う子どもを入念にチェックするハマムラ
危なそうな子どもは全部正しい使い方に変えていくのだ
おかげで軽微な怪我とやけどだけで済みました……やれやれ(^^;

※帰還後の後日書きです(^^;

地元大学の野外活動部との共同開催での子どもキャンプ
今年も、随行職員として3泊4日の日程を共にすることに
早朝に集合場所となる施設の鍵開け、そして子どもの乗ったバスを軽バンで追いかけるという、全く昨年と同じ展開(^^;
ということで高速道路を軽バンで走るのはツライ(^^;

昨年は途中の道路が通行止めになっていて、山道を行んたんですが、その山道でもの凄く狭い隘路を抜ける場面で冷や冷や
しかし今年はその山道の隘路部分をショートカットする広い道が開通していたので、安心して通行できました

到着後、弁当を食べた後にさっそく川遊びスタート
キャンプリーダーの大学生と子どもたちはさっそく川で遊びはじめる
もっとも昨年同様、随行職員という立場上、一緒に遊んでいるわけにもいかない
川岸で何かあったときのために、常時見張りながら、冷たい川の水で寒くなった子どものために真夏の炎天下で焚き火をたくという荒行状態の私(^^;
もっとも太陽が雲に隠れたり風が吹いてきたりする時間帯が多かったので、そんなに暑くはなかったんですけどね
逆にそんな状態だから、焚き火は人気あるんですけど(^^;

事件は夕方に起きた
野外炊事で薪割りをしていた子どもが一人、鉈で手を切ってしまう
結構深い傷なので、子どもを病院へ行かせる手配をしながら、大学の先生と事後処理を相談
結局、ドクターストップと言うことで、子どもは翌日自宅へ送り返すことになってしまった
本人は続けたがっていたんだけどね

大学生と子どものナイトプログラム中もそんなこんなで病院と保護者との間で電話連絡をしつづけていました
しかも夜のスタッフミーティングは2時間近いロングバージョンに……翌日からの安全管理を徹底することで、再度手順等の各員が夜遅くまで続いたのです(^^;
しかもさっそくホームシックの子どもが出たという報告が入るし……(^^;
今年も一筋縄ではいきそうにありません

明日の早朝より、仕事で3泊4日のキャンプに行きます
キャンプ場は携帯電話が通じない
(まぁDocomoなら通じるんだけど、私の携帯はSoftbankなので(^^;)
ネット環境もないところです

ということで、しばし更新が止まります
キャンプからの帰還報告は、木曜の夜か、もしくは金曜日となります
では、行ってきます

以前にも言いましたが、バレーボールという競技は好きですが、日本国内の民放TV局が中継するバレーボール中継は大嫌い
もう、何度も何度も言い続けているのですが、エスカレートすることはあっても、まともに試合中継をする気はないようです

 バレーボール世界選手権は見ていない
 ニッポンチャチャチャ

もう書くのもアホらしいので上記のリンク参照ね

特にTBSのひどさには呆れてものも言えません
……ということで、いくら……

 チーーーーーーーム、ジャッパァァァン!!!!!

……を連呼しても、試合は見ません
昨日も見てませんし、今後も見ません

自民党の党改革実行本部が、政治資金の透明化策の議論をはじめた
その中で本部長の石原伸晃氏幹事長代理が、全ての政治団体を対象に1円以上の支出に対して領収書添付を義務づけることとした政治資金規正法の再改正の方針を提案したようです
ところがどっこい、これに党内部から異論が続出

 ・支出によっては領収書が取れないものがある
 ・7万ある全ての政治団体に義務づけるは可能なのか?

……こんな理由で改正案に対して批判や疑念が出ているらしい

いや……さすがというか政治家の皆さんの思考形態というのは、やはり世間一般の常識からは“完全に逸脱している”のですねぇ
だって、民間企業はもちろん、批判の多いお役所でさえ、1円であろうと領収書が必要なのは当たり前ですよ
全ての法人(官民問わず、全てですよ)が、当たり前のようにやっている1円からの領収書添付が、政治家の皆さんには、とても不可能に見えるほど難しいことのようです
なんでしたら、政治家の皆さんや政治団体の会計担当者の皆さん、一度民間企業などで、会計処理や領収書の処理の仕方を研修なさったらどうでしょうかね?

なぜ、領収書が添付出来ない支出があるなどということを言うのか?
裏で使っているお金だからでしょ
そんなのが経費として認められるわけないやん
経費として認められるのは正々堂々と政治活動に使ったお金だけ
そう言う用途にしか使っていない政治家なら何の問題もないはず
……やっぱずれているんですよね>政治家の金銭感覚

面白い記事を見た

 あなたの漫画レビュー買い取ります「ほんのきもち」

何でも商売になるもんだなぁ……
正直言えば、マンガ喫茶ってほとんど利用したこと無いし、だいたい行くときは決めうちで「これを読みたい」と思っていくことがほとんどなので、「何か面白いモノないかなぁ……」とブラブラすることはほとんど無い
でも、まぁそう言う人もいるわけで、そう言う人に本を紹介するレビュー記事というのは重要なのかも知れない
もっともこれをマンガ喫茶がどれくらい買うのかがポイントだとは思いますが(笑)

ということで、レビュー書くのが好きな人は、結構いるわけですよ、Amazonなんかを見ると
私もまぁレビューは良く書きますが……う~ん(笑)
ちょっと興味あるかも(笑)>500円のクオカード
さて機動六課の敗北を受けての第18話です
あらすじと感想です


壊滅した地上本部で、オーリスが対策に走り回っている間、ゲイズ中将は怒り狂っていた
あの男からの連絡がない、回線は繋がらず研究所はもぬけの殻
重用してきたのに、何故!?

一方同じく壊滅した機動六課でも課員達が後始末する中で、なのはは気丈そうに振る舞っていた
重傷だった隊員達は峠を越え、ティアはシグナムに勧められて病院へ行く
その頃、なのははヴィヴィオが落としていったぬいぐるみを見つけて、悲しみのどん底に……

病院では負傷した隊員達がいた
守れなかったことにシャーリーが泣き崩れ、アルトも後悔の念に捕らわれる
そんな2人を慰めるフェイト
シャマルのもとにはヴィータが、しかしザフィーラは当面動けそうにない
リィンが守ったためヴィータは大丈夫、リィンは今夜には目を覚ます
ヴァイスも重体で、峠を越えたとはいえ当面は無理

そしてティアが訪れた部屋にはスバルとエリオ、そしてキャロがいた
スバルの腕から聞こえる機会の作動音、腕は治ったが、しばらくは旨く動かせない
スバルの体のこと、ギンガとスバルの生まれのことを知ったキャロとエリオ
気を効かせて部屋を出るエリオとキャロ
そして謝るスバルにティアはいつも通りの態度で慰める
そして、ギンガのヴィヴィオも取り戻す、機動六課の任務はスカリエッティ追跡に切り替わることを教える

なのはとフェイトやクロノ、カリム、さらに機動六課の面々を前にゲンヤはスバルとギンガのことを話し始める
戦闘機人は拒絶反応を無くし機械を受け入れるよう操作されて生み出された人間
かつて戦闘機人事件を追いかけていたゲンヤの妻が、その最中に遭遇したのがスバルとギンガ
2人は戦闘機人の実験体として生み出された存在だった
その2人をゲンヤ達は自分たちの子どもとして育てていた
そしてゲンヤの妻は踏み込んでは行けない領域に足を踏み入れ命を落とした
その後、ゲンヤは2人の娘を人間として育ててきた
はやては今回の事件に戦闘機人が関わりそうなことをわかった上でゲンヤに捜査への協力を依頼してきたのだった

その頃、はやてはゲイズの副官オーリスを問いつめていた
ゲイズ中将は、スカリエッティを利用して戦闘機人を陸上部隊に導入しようとしていたのではないか?
秘密裏に裏で手を結んでいたのではないか?
しかしオーリスは40年以上……はやての闇の書が犯罪行為を行っていたときにも、常に管理局のために働いていたのがゲイズ中将だと
調査令状か特別許可証を持ってくるようにはやてに言うオーリス

その頃、自分への査問があると知って激高するゲイズは、ゼストの映像を見て突如苦しみ出す
そのゼストは咳き込み吐血、アギトの薬湯で何とか持ち直すゼスト
ウーノには一度死んだ身なのだから、後は勝手に死ぬだけだと告げるゼスト
そのナンバーズだが、チンクの損傷は酷く、スバルのISの威力の恐ろしさを知る
スカリエッティの技術を使っているが、誰が作ったかわからないスバルとギンガ
そして11番の生体ポッドにある女性……それを母親だというルーテシア
「お母さんが目を覚ませば、私には心が生まれるんだって……」

時空管理局でははやてがヴェロッサに決意を伝える
そしてはやては廃艦寸前のアースラを機動六課の本部として利用することにする

なのははフェイトに、ヴィヴィとの「帰ってくる」という約束を破ったことを涙ながらに話す
そんななのはを慰めるフェイト
「大丈夫、ヴィヴィオは絶対大丈夫」

しかしヴィヴィオはスカリエッティの手でレリックが……聖王の器にその印が……
泣き叫ぶヴィヴィオにスカリエッティは告げる
「ヴィヴィオ、君は私の最高傑作になるんだ」


物語が盛り上がっていた全話までの話を整理しながら、伏線整理の傍ら新たな伏線が張られ、色々と興味深い話でした
まずはスバルとギンガの出生の秘密
やはり戦闘機人だった2人は、実験体からゲンヤ達の娘となっていたのですね
ティアも以前からそれを知っていたようです(なのははやても知っていたのでしょう)
「通常行動なら2~3日寝なくても大丈夫」とスバルが言っていたのは、やはり戦闘機人だったからなのですね

そしてゲイズ中将とスカリエッティとの関係
冒頭でゲイズが怒っている男は間違いなくスカリエッティでしょう
飼い犬に手を咬まれたと言うよりも、スカリエッティの手のひらで踊っていたのがゲイズといった感じ
査問の結果次第ではゲイズ失脚、地上部隊の実権が移動する場面があるかも知れません

それからオーリス、以前の行動でははやての味方をするのかもと思いましたが、やはり違いますね
そうすると気になるのはナンバーズの中で登場していない2番
ゲイズとスカリエッティの繋がりからすると、このオーリスが2番なのかも知れません

そしてルーテシアが11番のレリックを探していた理由も明らかに……母親の復活なのですね?
それからゼストも一度死んだ体……この辺は使者の復活ですか?
プロジェクトFとの関わりが出てきそうです
そのゼストの姿を見て驚くゲイズ中将の様子から見て、ゲイズとゼストには過去に何か繋がりがありそうです
そう言えば襲撃の時も、ゼストはゲイズを狙っていたようですしね

そして機動六課の残存戦力ですが、3トップ(はやてなのは・フェイト)と副隊長のシグナ・ヴィータム、それにフォワード陣もすぐに戦列復帰出来そうです
リィンも大丈夫そうですし、アルトやシャーリーも大丈夫そう
逆に今シリーズで戦列復帰出来なさそうなのが、ヴァイスとザフィーラでしょう
ザフィーラ台詞が少ない上に、もうお役目終了ですか(^^;
ヴァイスも復帰出来なさそうなのは、今回からの新OPでアルトがヘリを操縦していたこと
そう言えばコミックスでもヘリの操縦資格を取るってアルトが言ってましたね(笑)

そんな壊滅した機動六課の隊員達の寝床や本部基地として、はやてはアースラを利用します
アースラがようやく鮮烈出てきます、待ってましたって感じですね
やはりなのはのシリーズにはアースラが似合う
以前からはやて部隊長が次元航行船を指揮する姿を見たかったので、これは嬉しい


そしていよいよ聖王の器であるヴィヴィオが……
印を得た聖王の器ヴィヴィオがなのはたちの前に現れ……そんな展開なのでしょう
ギンガもスバルの前に敵として現れるような気がしてなりません
次回はそのアースラが発進して話が始まりそうです
第19話「ゆりかご」、う~ん、いよいよ物語は佳境に入っていきます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。