日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このニュース
デジタル録画・録音の機器とメディアには最初から補償金が上乗せされています
近い内にiPodからも取ろうとしていいるようです
そのうちに
「パソコンのハードディスクも録音録画が出来るから、パソコンからも取ろう」
「USBメモリも取ろう、メモリ関連は全部取ろう」
となるかもしれません(^^;

この私的録音録画補償金制度、知ってはいましたが、本当に申請する人が出るとは思いませんでした
記事にもある通り、申請しても戻ってくる金額よりも申請にかかる費用の方が大きい
割に合わないんです(^^;
記事の中では「申請費用を申請者が負担するのはおかしい」と書いてありますが

しかしやはりおかしいと思うのです
というのは昨今のデジタル放送は既に録画に関して制限が掛かっています
コピーワンスなどはそのいい例
つまり「私的利用を越える無制限なコピーさせないようなプロテクト」をかけてるにもかかわらず、さらにメディアや機器からは「コピーで失った利益を保護するための補償金」を徴収しているのです

メディアや機器から補償金を取るならコピー制限はおかしいと思う
逆にコピー制限をデジタル信号に載せるのであれば、メディアから補償金を取るのはおかしい
この制度、結局はダブルスタンダードの悪法なんです
もちろん著作権者の権利を守るため、無制限なコピーは私もダメだと思いますが、両方のいいとこ取りだけをしている現制度は絶対に変えないとダメ

スポンサーサイト
以前から見たかった「おねがいティーチャー」が少し以前からチャンネルNECOで放送されていたのを撮り溜めて、ようやく全話見終わった
と思ったら、来月からは「おねがいツインズ」が放送されるという
忙しいなぁ……

先日からAT-Xで放送の始まった「まほらば」も2話ずつ放送されているので逐次チェック中
さらに来月からは同じくAT-Xで「あまえないでよ」「あかほり外道アワーらぶげ」 がオンエア開始
そしてキッズステーションでは「奥さまは魔法少女」 、アニマックスでは「明日のナージャ」が放送される
そして8月にはキッズステーションで「げんしけん」

こうなると、困るのがうちのHDDレコーダーの録画容量の最大番組数制限が99本ということ
これ以外にもうちの嫁が録画しているドラマやアニメがあるし……
片っ端からDVD-RWに移動させていかないと、HDDがパンクしてしまう(^^;
ということで、DVD-RWを30枚も買いためてきました(笑)
さらに録画したDVD-RとDVD-RWが大量にたまってきたので、80枚収納のケースを2個購入
夏は録画の季節です(笑)

VODというサービスがある
ビデオ・オン・デマンドの略で、幾つかのブロードバンドサービスを行うISPが乗り出している
ちなみに私もJ-COMオンデマンドというCATV回線とSTBを使ったVODが利用できる
VODというのは、言うなればネット回線を通じてサーバにある動画データをダウンロードしながら見るというモノ
良く「貸出中がなく、延滞も発生しないレンタルビデオ」と例えられる
確かにその通りで、データは常にサーバにあるのだから貸出中で見られないと言うことはない
しかも返却するという行為が必要ないので延滞もない
なんだか、これだけ見ると夢のようなサービスに見える

しかし……現時点での私の評価は……まったく使えない(^^;
使えない理由は幾つかある

例えば「録画できない」
デジタル放送の各種コンテンツは、一応「コピーアットワンス」という制限があるにしろ録画行為自体は出来る
しかしVODは録画すらできないのだ
確かに、著作隣接権絡みはあるが、だったらコピーワンスで放送されているデジタル放送は何なのよ(笑)
ついでに、フリー(無料)で見られる、地域の情報番組すら録画不可なのだ
百歩譲って、映画とかなら手元に残したきゃDVD買ってね、ってのはわかるが、地域情報番組まで録画不可ってのは明らかにやりすぎ

もう一つの理由は視聴できるタイトルを見るとわかる
ハッキリ言って……コンテンツの内容が貧弱すぎ(^^;
こんな内容でわざわざ一本300~400円払って録画も出来ない作品を見る必要はない
少なくともこの数十倍のタイトル数を揃えて、初めて役に立つのではないだろうか?
今のままでは「ヴァーチャルレンタル店」と言うのもおこがましいではないか

この手のコンテンツの普及に役立つのは、アダルト(VHS普及のキラーコンテンツはアダルトなのだ)、アニメ作品(実際、DVD黎明期はアニメファンがDVD市場を支えた)
しかしこの手のセットトップボックスは居間のメインのテレビにつながる家が多いのでアダルトは家族の手前見づらいだろう
そしてアニメファンにしても「録画できない」という制約と、貧弱なコンテンツ内容で役立たない

VODの普及はなかなか進まないと言う表現どころか、完全に足踏みしてしまっているのだ(^^;

新年度に異動した課は、4月から新しい施設が出来て、そちらで仕事
新しい建物なので、備品を揃える所から仕事が始まります(笑)
そりゃ、事務机とかロッカーとか、書類などの収納庫などは最優先事項として購入されます
あとは会議室の机や椅子などもね

そうなると予算の関係等諸事情で後回しになる備品も出てくる
例えば冷蔵庫(笑)
これからの季節、マジで冷蔵庫がないと困る
職員が冷たいジュース飲みたいとかではなく、来客に冷たい麦茶も出せない(^^;
しかぁし、どこをどう捻っても冷蔵庫など後回しにしてきた備品類の購入予算がない(^^;
貰える備品は貰ったり(笑)>傘立て
日曜大工で作れるモノは作ったり(^^;>パソコンラック
しかし、やっぱり冷蔵庫は何ともならん(^^;

どこかに冷蔵庫余ってませんか? などと聞いても、普通余らんわな
しかも買い換える人って、たいてい「壊れたから」だし(^^;
しかし、ヒマある毎に「冷蔵庫余ってない?」と言い続けた甲斐があって(笑)、貰える冷蔵庫ゲットぉ~!
なんと、うちの嫁の実家(笑)
今日は午後から軽トラックを手配して、冷蔵庫運搬
平成2年購入の品だが、ちゃんと冷える(笑)
これで明日から冷たいジュースが飲めます……もとい、お客さんに冷たい麦茶が出せます(笑)

昨日のBlogに書いたバレーボールのワールドGP
予選-決勝の方式を知らない人は、このサイトを見て欲しい

12カ国が参加する予選
それぞれ4カ国ずつの3グループに分けでリーグ戦を日本・イタリア・中国で実施している
組み合わせを変えて次週は韓国・マカオ・フィリピンで予選2ndSTAGE
さらにその次の週は香港・台湾・タイで予選3rdSTAGE
選リーグの組み合わせを見て「アレ?」と思った人、あなたは正しい
12カ国参加だが、各国が予選を戦うのは9試合ずつ
だが例を挙げれば日本は韓国・ポーランド・アメリカとは2試合、タイ・ドミニカ・ブラジルと1試合
何と、ドイツ・イタリア・オランダ・中国・キューバとは当たらない
「不公平だな?」と感じる人も多いのではないでしょうか
まぁそう思うのが普通かも(笑)
これ自体は、そう言うのもありかなと私は思うのですが、やっぱり不公平感があるかもしれませんね
何十試合もする長期のリーグ戦なら確かに対戦数の不均衡はあってもいいのですが、今大会のような短期戦ではコレはないかも……

しかしもっと驚くのは決勝進出チーム数
予選終了時点で、「日本」と「日本を除く成績上位5カ国」の合計6カ国(笑)
日本は決勝開催国なので、無条件で決勝進出が決まっているのだ
だったら、なんで日本は予選を戦うのでしょうか?(^^;
日本以外の12カ国で選リーグをやって、上位5カ国と決勝開催国特権で予選免除の日本を合わせて決勝リーグでいいんとちゃう?(笑)

やっぱ、なんかヘンなのだ(^^;


バレーボールワールドグランプリ、見てます?
私は見ていません(^^;
スポーツ中継大好きの私、もちろんバレーボール中継も日立の全盛期(江上・三屋・中田)の頃からよく見ていました
しかし、最近のバレーボール中継は嫌いなのだ!
なんで、必ずジャニーズが出てこないといけないの!

バレーボールだけでなく、何かというとタレントをゲストに招く昨今のスポーツ中継は、何かが違う
タレントを起用して視聴率を上げないと、スポーツ中継は出来ないのか!
本当に大事なのはスポーツの面白さ、選手達の凄さ、そう言ったモノを視聴者に伝えることだろう
そのためにタレントが必要だというのなら認めよう
しかし、昨今のスポーツ中継はただ単に、「タレント見たさに、チャンネルを合わせる奴がいるだろうから」と言った視聴率主義でしかない
それでもそのスポーツを昔選手としてやっていたなど、ある程度理解しているタレントならまだマシ
中には明らかに……
「SPゲストになったので、とりあえず来ましたぁ~、選手の名前はさっきマネージャーに教えて貰いましたぁ~」
なんて状態の奴もいる(^^;
だから大好きなプロ野球中継でも、その夏の祭典であるオールスターも試合としては好きなのだが、中継があんな状態なので心から楽しめないのだ

ついでに、柳本ジャパン、ジーコジャパン、長島ジャパン、岡田阪神、堀内巨人と言ったチーム呼称も大嫌い
チームは監督の私物じゃない
チームの主役は選手であって、監督はあくまでも添え物でないといけない

#蛇足ながら、バレーボールワールドグランプリ
 やっぱり予選-決勝のシステムが妙なので納得いきません(^^;

昨日と今日は職場の健康診断
都合のいい時間帯に行けばいいのだが、昨日何だかんだで行き損ねてしまい、今日は午前中は健康診断
「胸部レントゲン」「尿検査」「身長・体重」「視力」「血圧」「採血」「聴力」「心電図」「内科問診」
以上のメニュー

例によって何もない……ハズだったが、採血でトラブル発生
採血ブースには看護婦さんが二人いました
一人は年輩の「看護婦生活二十○年!」というド根性ガエルの町田先生のようなベテラン看護婦
もう一人は、見るからに若い看護婦
どっちに並びますか?

  ベテラン看護婦
 →若い看護婦

このLipsは、男だったら迷うことなく、当然のように後者(笑)
しかし、そこで悲劇は起こった!
手順通り、採血バンドを腕に巻いて消毒、そして針を刺す
…………血管に刺さらない……
グリグリグリグリ……針を「刺したまま、血管を探す若い看護婦」
イテテ……しかし何度血管を探しても血管にたどりつかない(^^;
一緒に来ていた上司に「可哀想に……」と言われる
これはどっちが可哀想なのか?
痛い思いをしている私?
血管が浮き出ない脂肪の腕に針を刺さねばならない看護婦?(笑)

結局、血管には到達せず、再度針を刺し治す……
グリグリグリ……またも、試行錯誤……
イテテ……と、次の瞬間注射器の中に血が流れ込む
「すいません……すいません……すいません……」
ガンパレの田辺のようにひたすら謝る看護婦
結局、採決後、刺し跡に貼る絆創膏を二カ所貼られました(笑)

ちなみに終了後、廊下であった体脂肪値測定
昨年より減って23%
依然として軽肥満気味だが、昨年秋からの食生活改善の効果が少し出てきて嬉しかったりするのだ!


眠い……眠いぞ!
今日は仕事中に3回は意識が飛びました(^^;
何しろ、夕べはほとんど寝ずに気がついたらブラジル戦が始まった
そして試合終了と同時に考えたのは……
「今寝たら、絶対に起きて仕事に行けない」
だから寝ずにそのままビデオ見ながら起きていました
そのまま仕事に行ったら、午後からは睡魔との戦い(^^;

さて、そんなブラジル戦ですが、結論から言うと……
「勝たなければ決勝Tに行けない」
と言うことである以上、「勝つ」ことが目的だった試合
引き分けで終わったと言うことは、事実上「負け」と同じ
もっとも各種報道は「良く闘った」「ブラジルと互角だった」「世界に追いついた」なんて感じが目立っています

……でも、決勝T行けなかったんでしょ?
確かに、かつては親善試合で観光気分出来たブラジル代表にすらボロ負けだった日本が、ガチンコ勝負で引き分け、しかも終了間際の時間帯ではブラジルに必死で時間稼ぎをさせるまで追いつめたのは褒めましょう
しかし、結局勝てなかった試合ですから、負けたのと一緒
どうも「よくやった」風潮がサッカーには多くて困る(^^;
遡れば……

1993年アメリカ大会アジア最終予選
 ドーハの悲劇で本大会出場を逃した日本代表に「最後までよく頑張った!」
1998年フランスW杯
 3戦全敗なのに「世界を相手に良く闘った!」
2002年日韓大会
 組み合わせに恵まれ「ベスト4」も狙えた決勝T
 トルコにいきなり負けてしまったのに「過去最高のベスト16だ、よくやった」

確かに、世界から大きく後れを取っていた日本サッカーのレベルから見れば「良くやった」なのかもしれないが、上を見ないと成長はない
まぁ、浮かれ気分のマスコミと違い、選手達は何が自分たちに足りなかったのかがわかってるとは思うが……

私はトラックボール派です
マウスももちろん使いますが、どちらか自分で選べるのであればトラックボールです
そんなトラックボールが、少しずつではあるが売り上げを伸ばしているらしい
トラックボール派として長らく歩んできた私にとっては嬉しいニュースでした

最初にトラックボールに出会ったのは、中古のレッツノートを購入した7年前
当時のレッツノートはトラックボール内蔵だった
その使い勝手の良さに嬉しい悲鳴を上げ、トラックボール教の信者になったのだ(笑)
その半年後にも後輩から不要になったレッツノートミニを買い取り、ますますトラックボールに
もうそれ以外のポインティングデバイスなんて考えられません

ちなみに現在もメインマシンのデスクトップはきちんとトラックボールを使用している
スペースを取らないトラックボールは狭いPCラックで使うデスクトップにはもってこいなのだ
ちなみに職場は省スペースの関係でノートPCだが、ポインティングデバイスはタッチパッドで使いづらいと評判が悪い
で、殆どの職員が光学式のマウスを繋いで使っている
でもそれじゃ省スペースの意味がない(^^;
個人的には、職場のノートPCもトラックボールを繋ぎたい気分なのだ(笑)

昨年後半期からボーナス時期になると半年間の勤務評定が出ることになった
それで、昨日その評定が出たのだが、前回に続き、今回も「優秀」とのお墨付きを貰った

一応、この勤務評定、ボーナスに反映されることになっていて、「優秀」だとボーナスが割増される
と言っても、実際にはほとんど増えない(^^;
何故かというと、ボーナス用の原資の総枠は決まっているから
「優秀」と評価された人への割増分は、「問題有り」と評価された人の減額分が回ってくるから
で、実際に「おぉ、増えてる」と言うほど割増されることはほとんど無い(笑)
つまり、勤務評定と言っても事実上は「よくできました」と褒められて終わりなのだ(笑)
まぁ何度も続けて「優秀」となったら、昇任試験への得点加増があるらしい
しかし、あまり昇任試験に興味がないので、ますます関係ない話なのだ(笑)

シャックリが止まらない……(^^;
昼休みが終わって、午後の仕事に取りかかり始めた13時過ぎ頃からシャックリが始まる
そして止まらない(^^;
文部科学省からの電話を取り次ぐ時にまで
「はい、今替わります、お待ちくだ……ヒック!……さい」
だもんなぁ……

で、治すためにいろいろと試した

「水飲むと治る」「鼻を摘んで飲むといい」「耳を塞いで飲む」「お箸の上にコップを載せて飲む」
「びっくりさせる」「柿のヘタを煎じて飲めば治る(さすがにコレは試せない(^^;)」
「背中を叩く」「横隔膜(みぞおち)に刺激を与える(^^;」「しばらく息を止める」「眼球を圧迫する」
「舌を引っ張る」「人にうつす(笑)」

大阪もちよすけもビックリするくらい試したが治らない(^^;
やっぱり病気でしょうか……脳の?>榊さん

#実は帰宅後の今も、シャックリ続いています(^^; ヒック

先日書いたように、夏休みの子ども向けクイズイベント
今日は2回目の打ち合わせで旧職場である図書館へ
休みなのにボランティアでご苦労なことだ(^^;>自分

結局、小学生向け、しかも学年が低学年から高学年まで幅が出そう
こうなると個人戦は絶対に出来ないので、チーム対抗に
ただいろんな友達と組んで欲しいので、クイズパート毎に組合わせを変える案を採用
組み合わせの作り方は、申し込んだ日の順番とか、名前の五十音順とか、あるいは受付で書いて貰うアンケートとか(笑)
なんだか某所の関西オフの申し込みみたいになってしまいそう(^^;
それで高学年と低学年を同じチームに入れるようにすれば、何とかなるだろう

クイズは総合司会進行と出題など全般を私が担当
ゲートクイズと、昔話・絵本・童話からのクイズは図書館の職員が問題作成
IQサプリ的なマッチ棒パズル、ことばサプリなどの問題作成は私となった
さぁ、残り1ヶ月少々で問題作成だ、忙しいぞぉ

今日でプロ野球の交流戦は終了
火曜日から再びリーグでの戦いが再開される
各紙でもそろそろ交流戦の総括のようなことをやっているが、私も個人的に思うことを総括しておく

まずは交流戦自体は成功だった、これは断言できる
概ね、プロ野球ファンにも好評だった交流戦
しかし一部の渡辺信者らしきファンが
「セパの対決が新鮮で面白いと言うが、それならナベツネの言ってる1リーグにすれば、究極の交流戦でもっと盛り上がるはず」
というようなことを言ってるのを見ました
ぉぃぉぃ、1リーグにしちゃったらここまで盛り上がらないよ(^^;
年間でたった6試合の対決だから盛り上がるのです
仮に元の1リーグ案(10球団)であれば、各球団16試合の総当たりになるだろう
ハッキリ言って盛り上がらないよ、年間に16試合もやれば、あっという間に新鮮味が薄れる
2~3年で飽きられます
実は個人的に言えば6試合でも多すぎると思っています
年間4試合……できれば3試合、今年は甲子園で阪神vsロッテを3試合、千葉マリンでは翌年に3試合という、隔年でのH&Aであれば希少価値も出る
あるいは6試合でもいいが、対戦は2年に1回にする
どちらでも交流戦は18試合
「対戦数やH&Aを合わせなければ不公平」なんて馬鹿なこと言わない
それならパリーグ流のプレイオフで上位球団は全部優勝の可能性があるようにすればいい

ちなみに先ほど聞いていた関西のラジオ局で、交流戦のMVPを視聴者に投票して貰っていた
「どうせ関西の野球ファンの意見だから、阪神の選手が大半になるんだろうな……金本か?」などと思っていたら、なんとファンの95%がロッテの渡辺俊介に投票
おぉ、と思ったね(笑) 関西の野球ファン、まだまだ健全です(笑)

ということで来年もやることは間違いない交流戦
変更点の希望は
 ・来年は名称を「パセ交流戦」に
  (隔年で名称は交互に使いましょうね(^^;)
 ・もう少し日程を緩やかに
  (予備日程があまり無いので、雨の中のゲーム強行がありました)
 ・交流戦試合数を各4試合にてして希少価値を高めましょう
  (収入源の巨人戦確保なんて時代遅れであることは証明されました)

古本屋が好きである
ただしそれは「○○×△の初版本」とか言うような埃まみれの異物を並べているような古本屋ではなく、ブックオフのようなリサイクル書店
ちなみに私の自宅からでは、車で15分、車で10分、車で5分のところにそれぞれブックオフがある
さらにブックオフとは違うが、同じようなリサイクルブック書店が車で15分以内に3件ほどある
今日は、職場の近くにブックオフが新規オープンしたのでさっそく行ってきた
そしたら、以前から探していた「ラスト・マジック」(村上哲哉)を発見
昔読んだにお気に入りの本だが、引っ越しのドタバタで行方不明になっていた文庫本を捕獲できた
さらにこれも引っ越しのドタバタで(本を詰めた段ボール一箱が行方不明になったんよ(^^;)紛失していた、富士見ファンタジア文庫の「宇宙戦艦ヤマモトヨーコ」(庄司卓)のシリーズを既刊22巻のうち18巻を発見
ほとんどが100円だったので全部捕獲してきた(笑)
ちなみに宇宙戦艦ヤマモトヨーコのシリーズはあと1巻で完結なのだが、著者の都合で3年半も刊行が止まっている
しかし著者のBlogを読む限り、近い内に刊行されそうなので、期待している
未捕獲の残り4巻も品切れ状態だが、古書店をこまめに回って捕獲し、最終巻を待つとしよう

図書券が無くなる、冗談ではなく本当に
今年の10月で図書券はなくなり図書カードに一本化される

個人的には図書券というのは思い出が多く、入学祝いなど、贈答の機会には良く貰った
祝い金で貰うと、お年玉同様、たいてい言いくるめられて「親に取られる」のだが、図書券というのはさすがに親も取り上げられない(笑)
そんな理由もあって、私自身姪っ子とかの入学祝いなどは図書券にしていた
しかし、プリペイド式の図書カードが使用できる書店が増加したことで、図書券は廃止となる
ただ、これはプリペイド式の図書カードが使える店が使えるように機械を入れたと言うよりは、使える機械を置けないような零細書店が次々と閉店に追い込まれているとも言えるのだ
そう言う私自信も本を本屋で買うことが減った……
最近はネット書店ばかり
当然、図書券も図書カードも使えないのだが、便利なのだ(笑)

ちなみに図書券でお釣りが貰えるかどうか、これは店によって違うらしい
私も昔は「お釣りが貰える店」を選んで週刊誌1冊だけ買って、釣り銭を現金収入にしていたっけ(笑)
しかし図書カードではそのような楽しみはない
プリペイドカード故に、最後の1円まできっちりと使えてしまうのだ(^^;
そう言う楽しみのない図書カード、個人的にはあまり好きではない
(蛇足ながら、発行済みの図書券は10月以降もちゃんと使えますのでお捨てにならないように(^^;)
先月申請していたJRAのPAT会員の申請書が届いた
週末にでも記入して、手続きしてしまうつもり
お盆くらいから購入できるようになるので、秋競馬は在宅投票で買える
秋からはまた土日勤務の不規則勤務に戻るので、これは幸いだった

PAT会員は専用の口座を開かないとダメだし、金曜の夜から月曜日まで口座がロックされるし、不便と言えば不便
まぁ仕方ないかなと思ってたら、JRAが即PATというのを始めるようだ……
見る限り土日でも入出金できるし、申し込んだらすぐ使える
PATよりもずっと便利だが、ジャパンネット銀行に口座があることが条件という
個人的にはネット銀行が嫌いなので、これを申し込むつもりはないのだが、土日月に口座がロックされ、入出金不可能というのが不便だと感じだしたら、こっちに行くかも

まぁどちらにしても、電車賃使わなくても自宅で買えるので気をつけないと
毎月小遣いの何割かを入れて、それ以上は買わないという、自分にルールを設けて運用しないと、果てしなく行ってしまいそうです(笑)

昨年から開幕前に読売戦以外の全試合のチケットの前売りを一斉に開始した阪神タイガース
昨年は一昨年の優勝フィーバーの余波でメチャクチャ前売りが売れたらしい
今年はと言うと、最初に売り切れたのが交流戦の日本ハム戦(甲子園)、楽天戦(甲子園)

ところがここに来て、9月から10月にかけての阪神タイガース戦チケットが売れているという
理由は言わずともわかる……
交流戦絶好調の我が阪神タイガース、優勝の目がかなり出てきた
となると、気の早い阪神ファンが「胴上げ」を生で見るために、先物買いを始めたのだろう
そう言えば一昨年も9月上旬から中旬の前売りチケットが6月に売り切れていた(^^;
(結局、一昨年の優勝決定日は9/15の広島戦)
あの時は自由席は当日売りのみだったが、今は自由席も全部前売りする
今後も勝ち進めば、気の早い阪神ファンはまだまだ買い漁るだろう

ちなみに、現在よく売れているのが10/4-5の横浜戦
一昨年のような独走態勢ではなく、混戦で秋まで行きそうな今年の状況を良く理解している売れ方と言えよう(笑)

#まぁ「生で胴上げ見たい」から買うのはいいとして……
 やっぱり相当数いるんだろうなぁ、ヤフオク転売目的のチケット屋(^^;

毎年この時期になると体調を崩す
うちのハイツはとにかく蒸し暑い
夜も布団をかぶって寝ていても、暑さではねのけてしまう
それだけならいいのだが、この時期は結構明け方が冷える
だから明け方は布団がないと寒い
夜中に布団をベッドの下に蹴り落としていたりしたら、明け方はガタガタと震える羽目になる
そして風邪をひく……って毎年同じ事繰り返してるやん(^^;

今朝起きたら、体がだるくて頭痛がひどい
咳とくしゃみでたまらずに仕事休みました
一日ベッドで寝ていたらだいぶん具合も良くなる
明日は出勤するつもりだが……また布団を蹴り落とすんじゃないかなぁ……(^^;

私のHPの読書日記を見ればわかるが、架空戦記モノと呼ばれるジャンルが好きです
そしてその原点をたどると、行き着くのが1979年に公開された「戦国自衛隊」
当時エポックメイキングな作品として話題になった戦国自衛隊
今見ても本当に面白い
CS放送の日本映画専門チャンネルでニュープリント版がノーカット放送されていたので改めて見ました
(TV放送の時はかなりカットされてしまうんですよ、戦国自衛隊は。だからノーカット放送は貴重)

主演の千葉真一さん以外にも、結構マニアックなキャストが見つけられ、角野卓造さんの若かりし姿を見たときは、衝撃ですねぇ
他にも自衛隊員役にはムッシュかまやつや鈴木ヒロミツ、錦野旦、江藤潤、竜雷太、渡瀬恒彦、中康治、倉石功、三浦洋一……etc豪華ですねぇ
長尾景虎役は夏八木勲、戦国の人々にも小野みゆき、宇崎竜堂(見つけにくいぞ!)、草刈正雄(もっと見つけにくいぞ!)、真田広之、佐藤蛾次郎
そして1シーンだけの薬師丸ひろこ(桃太郎さんだよこれじゃ(^^;)

で、その映画がきっかけで半村良氏の原作小説を読み、映画とかなり違う内容ながら小説版で架空の戦国時代を楽しんだ私
のちに檜山良昭氏の「日本本土決戦」に代表される本土決戦シリーズと「大逆転」シリーズで、完全に架空戦記の虜となったのですから、私にとっての架空戦記読書の歴史は長いのです

だから戦国自衛隊に関しては、原作小説の後に出たコミック版
続戦国自衛隊(伊庭義明らがタイムスリップした後の時代の関ヶ原前夜にタイムスリップする自衛隊員を描いています)として刊行されたコミック
さらに続戦国自衛隊の小説版は宇治谷順氏で「関ヶ原編」が上下2巻、そして先日発売になった「大坂城攻防編」
さらに福井晴敏氏の原作小説「戦国自衛隊1549」
(しかしまだ小説版の「大坂城攻防編」と「……1549」が読めていないぃ~(^^;)

そんな私ですから「戦国自衛隊1549」はマジで見に行きたい映画の一つ
しかし最近、腰が痛くて2時間映画館で座っているのが苦痛……
(前に「踊る大捜査線2」を見に行ったときも苦痛で後半のたうちまわっていたっけ)
どうしたものか……平日のガラガラの映画館で寝ころんで見られればいいのだが、今は平日は仕事になってしまったし……

オランダでワールドユースの大会が開かれている
日本ユース代表は地元オランダと対戦し、1-2で敗れた
この後、予選リーグではベナン、オーストラリアと対戦予定
……って昨夜は眠くて見られんかった!(^^;

そして来週はコンフェデレーションズカップがドイツで開幕する
大陸別の王者が集まって2年に1回行われていたこの大会
日本は2001年の韓国日本大会で準優勝、2003年のフランス大会は予選リーグ敗退
そして今大会から4年に1回となり、W杯の前年にW杯開催地で、W杯の予行演習もかねて開催されることとなった
だから今回はドイツで開催

開催地のスタッフなどはもちろん次年度のリハーサルだろう
日本代表も来年の本番に向けて、競技場などのチェックや世界のトップとの現時点での力量差を計るリハーサルとなる

しかしオランダとドイツという隣国同士ででかい大会を二つも、しかもまったく同時期に開催とは……
時差の関係で日本時間では深夜にキックオフとなる試合ばかり(^^;
予選でとっとと敗退すればともかく、勝ち進むと寝不足が加速されそう(^^;

と、ここでハタと気づいた……
そう、コンフェデ杯はW杯の予行演習なのだ
スタッフや選手だけでなく、ヨーロッパから見れば地球の裏側である日本でテレビ中継で観戦する予定の日本人サポーターにとっても……

「深夜のテレビ中継を見て翌日の仕事に差し支えないよう体調管理をする」

と言う意味では、まさに絶好のリハーサルなのだ(笑)

阪神の沖原選手が楽天に移籍
楽天が他球団に戦力の譲渡を申し入れていたのを阪神が受け入れた恰好になった
(厳密には楽天の前田との交換トレードだが、事実上の戦力譲渡ですね(^^;)

楽天が他球団に申し入れてから長かったが、ようやくと言った感じです
元々、5位と6位の合併、いい選手をオリックスバファローズが確保した後から楽天が選手を獲得しているのだから、戦力的にダメダメなのはわかっていた話
レギュラー野手陣で、昨年もレギュラーだったと胸を張れる選手は磯部くらい
当然、こうなるのは当たり前
しかし冷たい他球団、譲渡して活躍されたらイヤだから出さない
いやはや、なんともまぁケツのアナの小さいこと

もっとも選手の方も「トレード」となると「不要だから他球団に出される」と捕らえる選手が多いのも事実
最近でこそ「必要とされてるから行く」と言う選手も多くなりましたが、いまだにトレードというと「出される」というイメージ
新聞も「放出」と書きますしねぇ(^^;
(まぁ今回、阪神に移った前田は、まさに「出された」形ですが(^^;)
沖原なんかは、内野手の層の薄い球団に行けばレギュラークラスで十分やれる力を持っていながら、阪神の分厚い内野陣で2軍暮らしだった選手
ぜひ楽天で活躍して貰いたい

そう言えば阪神の星野GMは監督時代、本当にトレードが旨かった
獲得した選手だけでなく、トレードで相手球団に移った選手が活躍することがホントに多かった
獲得する選手だけでなく、出ていく選手の事も考えてトレードする
星野仙一という男、やはり凄い……もう一度ユニフォーム姿を見たいと思うのは私だけではあるまい
個人的には、阪神でも中日でもなく……楽天のユニフォーム姿を見たいモノです


f12b624b.jpg来月の話だが「明日のナージャ」がアニマックスで放送される

アニマックスでは毎年夏休みに朝の東映少女アニメを放送しており
 2001年 おジャ魔女どれみ(本放送1999年)
 2002年 おジャ魔女どれみ♯(本放送2000年)
 2003年 も~っと! おジャ魔女どれみ(本放送2001年)
 2004年 おジャ魔女どれみドッカ~ン!(本放送2002年)
と、綺麗に順番に放送されていたので、今年はナージャだろうとは思ってはいたものの……
「まさか……飛ばされたりして」と本気で心配していたのです

それもそのハズ、大ヒットのどれみの後を受けて始まったナージャ
残念ながら、関連グッズが売れずに大量在庫を抱え、1年で放送終了
その後に始まった「ふたりはプリキュア」が大ヒット作となり、プリキュアは現在2年目に突入
もちろん、プリキュア関連グッズの売れ行きはもの凄いらしい

ようするに2つの大ヒットアニメの間に入ってしまった空白の一年とも言えるナージャ
作品自体は結構面白かったと私は思うのですが、今の子どもにはうけないのか?
話自体も中途半端に終わったと聞いています

聞いています?
そう、そう言う私も実はナージャは3ヶ月くらいしか見ていないのです
何故か? この年我が阪神タイガースは開幕から快進撃を続け、見事優勝
日曜日の朝8時半は、関口宏のサンデーモーニングで、大沢親分の「ご意見番スポーツ」を見る時間となっていたのです(笑)

そして空白の1年が再び
今回こそ、ちゃんと「明日のナージャ」を見ようと、心に誓うのです

タイで行われた北朝鮮vs日本
日本が柳沢と大黒のゴールで2-0と圧勝
3大会連続のワールドカップ本大会出場を決めた

全体会は開催国で無条件出場だったから、予選を勝ち抜いての出場決定はフランス大会以来
全体会の出場決定はもつれにもつれた劇的なモノだったが、今回の予選は言うなれば「順当」な結果
自分自身の中でも8年前とは違い、盛り上がらない予選大会だった

いろいろとテレビのスポーツ情報番組等で煽るが、「んなこと言っても、余程間抜けな事態が起きない限り日本の出場は決定的なんだよ」と1年以上思い続けてきたのだった
何しろ、日本は今やアジアでは飛び抜けた存在である
韓国と日本は大会等ではシード扱い、余程の大番狂わせが起きない限り「出場する」事は当たり前
今の日本の課題は「ワールドカップ本大会に出る」ことではなく、「ワールドカップ本大会で如何に勝ち抜くか」なのだ
今の日本の実力は、ひいき目無しに冷静に判断して……

 ・アジアではトップクラス
 ・ワールドカップ本大会は出て当たり前
 ・しかし本大会の予選リーグを勝ち抜き、決勝トーナメントに出られるかどうかが微妙

こんなところだろう
前回は主催国の利もあって決勝トーナメントに行けたが、ドイツでも勝ち抜けるとは限らない
ひいき目無しに見てドイツで再びフランス大会の悪夢「予選リーグ全敗」もあり得るというのが日本の現在の力

さぁ1年後の本大会に向けて、まだまだ強化は進めなければならないのだ


オールスターのファン投票の中間発表
セリーグは先発投手こそ川上が1位だが、その他は……

 中継投手:藤川
 抑え投手:久保田
 捕 手 :矢野
 一塁手 :シーツ
 二塁手 :藤本
 三塁手 :今岡
 遊撃手 :鳥谷
 外野手 :赤星・金本・桧山

なんと10人が阪神という状況(^^;

コレを見てどう思うか?
大方の阪神ファンは「さすが人気あるなぁ」とか「パリーグ対阪神や!」とか思うのだろうか?
でも阪神ファンの私はちょっと違う
「それは違うだろ」というのが私の本音

確かに今年は甲子園で開催されることもあるので、多少は割り増ししてもいいが、それでもファン投票で選出されるだけの成績を残しているのはどれだけいるだろう?
甲子園開催を割り増しても、間違いなく藤本・桧山は成績的にはおかしいよね?

盲目的に選手を応援するのがファンなんだろうか?
私は違うと思う
まぁ、最終的には落ち着くべき所に落ち着くとは思うのだが、正直、こんなファン投票なら要らないよ、と思う
昨年の川崎事件もあったし、いっそのこと、全部監督推薦にしたらどうなんだろう
というか、交流戦が導入され、夢の対決が「真剣勝負」で見られるようになった今、夢の球宴といいながらお祭り気分のオールスターの値打ちが問われている
こんなことでいいのかい?

知り合いのサイトで「カレーライスで、上にかけるカレーソースをルーというのは間違ってるような気がする」というコメントを見た
では、真実をお教えしておこう(笑)

ルー(roux)はフランス語で、小麦粉をバターや油で炒めた物を指します
シチューなどのとろみ付けに用いられるものです
これにカレー粉を混ぜ合わせて固めた物がカレールーです
他にもホワイトソースやデミグラスソースなどシチュー系はルーを使うものが多いですね

ですからカレーライスの上に掛かっているのは
「カレー粉とルーで出来ているカレールー使って作ったカレー用ソース」
というのが正しい

#ちなみに「カレー粉」というのも厳密にいうとちょっと違うのですが、それを話し出すと長くなるので、今日は割愛(笑)

最近、HPの更新が滞っている
読書日記だけは凄いペースで更新されているが、レビューページが半月お休み状態(^^;
まぁやむを得ないのではあるが……

理由その1
読書日記はいいペースで更新されている通り、本ばかり読んでいます
図書館勤務の頃は、返却期限が来ても、まぁ……ゴニョゴニョ……だったんですが、今はちゃんと返却しないといけない身分なので(^^;
だから借りた本を片づけるため、読書ばかり
ちなみに自分で買った本は10冊ほど山積み状態です(^^;
だからレビューページ更新のためにDVDを見る暇がない(^^;

理由その2
阪神が優勝争いをしている以上は、阪神の試合中継は最優先で見ています
だから仕事を終えて帰ってきた後は、ナイター中継
だからレビューページ更新のためにDVDを見る暇がない(^^;

理由その3
今までは平日が休みだったので、本当に昼間はすることがないので、ゲームか読書かDVD鑑賞
でも今は土日が休みなので、ついつい土日の昼間のゴルフ中継などを見てしまいます(^^;
さらにその土日もイベント行事を持っているときは出勤(^^;
代休つく程度の出勤ならまだしも、中途半端に出ると、超勤手当対応なので、代休にならない

いろんな事を言っていますが……はい、言い訳に過ぎません(^^;
来週には何とか……したいのだが……(^^;


7a16f3b2.jpg仕事で目を通していた資料(何だったか忘れたけど、結構カタい社会教育関係の資料だったような気がする)に紹介されていたこのマンガ
気になっていたのですが、昨日帰りに1巻だけ買ってきました
読んでみると面白いのなんのって……(笑)
今日、2巻~5巻も一気に買ってきて読んでしまいました

大学に入学して、以前から好きだった「アニメ・マンガ」の男性向け同人誌を読みたい、エロゲーやりたい
そんな主人公・笹原完士が入ったサークル「現代視覚文化研究会」、略して「げんしけん」
恰好よくルックスは最高なのにそのオタク的知識はもの凄い同級生・高坂真琴
そして高坂の幼なじみでオタクが嫌いな一般人・春日部咲
帰国子女でコスプレ大好き、巨乳の持ち主・大野加奈子
さらにいかにもオタクな先輩・斑目、田中、久我山
そんなげんしけんのメンバーを中心に大学のオタク系サークルにありがちな日常を描いたマンガ

いや、ホント最高です
今月末には6巻も出るということで、さっそくチェック……
と思ったら、えー、アニメにもなっていたのぉ~(^^;
既にオンエアは終わってる…でも大丈夫、夏にはキッズステーションでまとめて放送があるみたい(笑)
チェックだチェック~

#作中に出てくる「くじびきアンバランス」という作品
 小説が文庫本で出ているので、コレも読まないとなぁ……
今日は午前中は所用で出掛けていたので午後から仕事
いきなり会議なのだが、部屋が蒸し暑いので、冷房を入れて会議

しかし私の座った席が悪かった……
冷房の吹き出し口の真下(^^;
会議室内にいる人間関係上から言って、「寒いのでエアコン止めましょう」と言えるワケもなく……

夕方から、メチャクチャ気分が悪い……
風邪ひきました(^^;


ホント、今更ですが、新しいソフトを急きょマスターしないといけないことになってしまった(^^;
これまでの業務上、“絶対に必要”だったソフトは「Word」「Excel」「サイボウズ」
以前はサイボウズの替わりにメーラーとしてOutlookとEdmaxがあったんだけど、今はメール関連はサイボウズに集約されたので、かなりスッキリしていたのに……
新しくマスターしないといけないのは「PowerPoint」(^^;
これまでも講演会とかで講師の資料をプロジェクタとかで投射するので、PowerPointViewerで済んでいたんですけどね
今回は、まさにそのプロジェクタで投射する資料を作らないといけないのだ(^^;
それも写真や一枚ものtxtなどを、次々とページを送っていくだけであれば簡単だろうけど、説明を聞いているとかなり凝った演出をしないといけないらしい(^^;
2ヶ月足らずで完成しないといけない資料、今から勉強し始めて間に合うのだろうか……テンパっています(^^;

#当方かなりマジです(^^;

今日から衣替え
うちは6/1からはノーネクタイ・ノー上着なので、ラフな格好……と言っても半袖の開襟シャツとスラックスといった格好で仕事
まぁ昨日までと違い首を絞めるネクタイがないというだけでも結構涼しくなる
まぁ昨日まででも、人と会ったり会議とかでない限りは事務室でネクタイ外して仕事してたけど(笑)

そんな中、6月1日からはノーネクタイで省エネに協力をとか言っている環境省はともかく、霞ヶ関のお役人はまだ半数以上がネクタイしているようです(笑)
 

まぁやむを得ないと言えばそうかもしんない
何しろ彼らは「ネクタイをする」ということでしか「自分は仕事を一生懸命やってる」という姿を見せられないのだから(笑)
(ネクタイ外すと、なにを着ればいいのかわからないという点が、彼らの無能さを物語っていますね)

そう言えば、夏に公共の空間(電車など)の冷房が効き過ぎとか言う話を良く聞く
クソ暑い中ネクタイして上着を着ていれば、あれだけ冷房効かさないと熱いよなぁ
まぁネクタイを外して上着を脱げば、体感で2℃違うようです
少なくとも欧米の物まねとしか思えない「サマータイム」よりは、はるかに日本という国にあった省エネ対策と思うのですが、霞ヶ関のお役人には通じないようで……

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。