日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
残念ながら、G大阪がクラブ史上初のJ2降格となってしまいました
20世紀のG大阪は川淵氏に「消えてなくなれ」と言われるほど弱く、エムボマのいた1年を除き常に下位低迷
しかし西野氏の就任後は、優勝争いの常連となり、西野監督時代のG大阪は常にタイトル争いの中にいたわけです
リーグ優勝1回、ナビスコ杯1回、天皇杯2回、ACL1回、CWC3位の栄光の歴史を綴ってきたG大阪が来季は下部リーグでの戦いとなります

※ちなみにオリジナル10の中で、降格経験なしは鹿島・横浜M・清水・名古屋の4クラブだけとなりました

今年は西野監督からセホーン監督への交代からチグハグな試合運び、セホーン解任&松波監督就任後も、上昇しそうで上昇しないもどかしい戦いでした。
リーグ最多得点で得失点差もプラス、しかし失点も札幌に次いでリーグ2位の多さ
守備の崩壊と言われてますが、どちらかというと「フィジカルの弱さ」と「連携のまずさ」が目立った試合が多かった感じです
レアンドロに代表されるように、点を取ることは、いざとなれば2~3人の選手の個人技でもなんとかなりますが、守備はチーム全体の動きが大切
そこが今年は最後まで連携して守るという形が見えなかった
そして試合終盤の失点で追いつかれたり勝ちこされたりして勝ちを逃した試合が目立つフィジカルの弱さでしょう。今年はほんとにそんな試合が目立ちました。

さて来年です
J2で戦うことで予算も減るだろうし(親会社も危ないし)、残留を表明している選手も多いですが、それだけの選手を抱えることができるのか疑問です
そして何よりもJ2ではG大阪が苦手としている堅守速攻型のチームが多いことが気がかりです
しっかりと引いて守られてしまい、攻めあぐねているうちに速攻から失点という試合が多くなりそうなきがします
(あぁ、目に浮かぶようだ……)

昨年までのようなG大阪が帰ってくれば、来季はJ2で無双状態になるでしょうが、果たして……
過去に「1年で帰ってきます」と言ってJ2で戦い、昇格に苦労しているチームが多いのも気になります


ところで来季のJ1、どのクラブも最初の1~3節は磐田とやりたくないでしょうねぇ
G大阪まで飲み込まれてしまった、Jの死刑執行人前田、はたして来年の1stゴールは??
スポンサーサイト
33節終了しました
優勝は広島です、おめでとうございます

そしてJ1残留争いは佳境になってきました

C大阪と神戸が敗れ、G大阪が引分、新潟が勝ってこの4クラブが団子になってきました

C大阪 41 -6 川崎
 神戸 39 -8 広島
G大阪 38 +3 磐田
 新潟 37 -8 札幌

この4クラブから2クラブが降格
うち、降格圏内にいるG大阪は●で、新潟は△●で降格確定です

4クラブの残留条件は以下の通り

C大阪(対川崎)
 ○△…無条件残留
 ●……神戸△以下またはG大阪△以下

神戸(対広島)
 ○……無条件残留
 △……G大阪△以下かつ新潟△以下
 ●……G大阪●かつ新潟△以下

G大阪(対磐田)
 ○……C大阪●または神戸△以下
 △……神戸●かつ新潟△以下

新潟(対札幌)
 ○……神戸△以下かつG大阪△以下

対戦相手に恵まれているのが新潟とG大阪
逆に厳しいのがC大阪

新潟は○で勝点40にしそうですし、逆に神戸は●で勝点39でフィニッシュしそう
神戸が△以下は確定っぽいのでC大阪は安全圏になりそうです
そうなるとキーとなるのがG大阪の結果でしょう
新潟○、神戸●を想定するとG大阪が○△で新潟と神戸が降格、G大阪●でG大阪と神戸が降格となる計算
そしてG大阪の相手は絶不調の磐田
ってことで、次節の結果、神戸と新潟が降格しそうです

もしG大阪が降格するとすれば、磐田の前田に引導を渡されるという形でしょうかね(笑)
例年なら、この時期は、優勝あるいはACL出場権まで必要な勝ち点や得失点差を計算しているのですが、なぜか今年は「J1残留」に必要な勝ち点計算……
そのうち上がってくるよ、と思いながらなかなか順位が上がらない(後半戦だけなら3位なのに(^_^;)
以前のFC東京が降格したときに雰囲気が似てるのが非常に怖いです
昨日も速報見ていて「よっしゃ、勝った!」と思ったんだけど、神戸も大宮も勝っている、残り32節終了時点の勝ち点37でまだ16位ってどういうことよ>今年のJ1
数字的には9位以上はACLの望みがあって、11位以下は降格の可能性があるってことは、FC東京だけがカヤの外ですか(笑)
まぁ優勝争いも例年になく勝ち点が少ないところでの争いだし、世界でもまれにみる団子状態のリーグです(^_^;)

さてさて札幌は別として、昨日の負けで新潟の降格は9割方決まりでしょう
残りの1枠ですが、可能性はG大阪、神戸、大宮、C大阪、鹿島、磐田の6クラブにある
現時点で順位が一番下のG大阪が一番降格に近いのは間違いないですが、もしG大阪が落ちたら、リーグトップの得点で得失点差がプラスのクラブの降格なんてことにもなりかねないのです
もっとも残り2節の対戦相手を見ると、他のクラブも安心できない……というか2つ負けたら一気に落っこちていく可能性がある
しかもG大阪の得失点差プラスが大きいので、G大阪が2連勝して磐田が2連敗したら、この2クラブでもひっくり返る可能性が高い
(前田遼が最終節のG大阪戦でオウンゴールをやってしまって磐田が落っこちたら、これこそ究極の前田の呪いじゃねぇか?(^^;)

次節G大阪が勝って、神戸が引き分けて、C大阪・大宮・鹿島が負けると、5クラブが勝ち点差1の中にひしめいて最終節を迎えるというとんでもないことになります(なる可能性もかなりあるよ、これ)

で、結論ですが、こうなってしまうと「残り2節で2つ負けたところが落ちる」と私は読んでいます
となると残り試合の対戦相手で厳しいのは鹿島、神戸じゃねぇかと
今年も大宮は絶妙の残留ラインコントロールを見せているしねぇ
ということで降格の残り2枠を予想

 新潟 95% ※これはほぼ確定
G大阪 20% △
 神戸 30% ◎
 大宮 15%
C大阪 15%
 鹿島 20% ○
 磐田 5% ×

鹿島かG大阪が落ちたら、来季のJ2では無双状態になりそうで怖いんですが……
現J2のクラブも「ガンバか鹿島はやめて」と思ってるでしょうねぇ、来季の昇格枠1つ潰されるのはほぼ確定だし
もしG大阪がJ2に落ちたら、来年1年くらいしか見られない岡山戦とか熊本戦とか草津戦とか、そんなのを選んで万博に見に行こうかねぇ(^_^;)
また、間が空いてしまった(^_^;)

冬季五輪、見てますよ(笑)
一応、QMADS2の検定試験にある「五輪検定」でSランク合格もしてますし(笑)

やっぱり今回も私が一番注目しているのはカーリングです
昨日の英国戦の第9エンドでの5点はすごかったね
まぁ相手に1点あげて最終エンドを迎えるかたちでいい場面だし、そのつもりで投げたストーンだろうけど(^_^;)
なんとか準決勝進出(ベスト4)へ向かって頑張ってほしいですね





いよいよ明日、有馬記念が発走する
そしてあのテイエムプリキュアが参戦(笑)

プリキュアが有馬を走るなんて、これが最初で最後
今回こそはとPAT口座に入金して準備万端(笑)
明日のレースを前に現在、プリキュアのヒモ探し(笑)の真っ最中
逃げるのは間違いないが、どういう展開になるのやら
まぁすべてが「ハマった」エリザベス女王杯のような展開は考えにくいので、勝ち目は薄い(^^;
でも無事に一周まわってきてくれればOKなのだ

残念ながら明日は仕事でレースは見られないが、仕事中も常に声援を送り続けるぞ
頑張れ>プリキュア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。