日々の出来事や思うことを徒然と……
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あまりブログには仕事のことは書かないようにしているのだが、今回は大きな問題になっているので「はだしのゲン」問題について少し……

この問題で「はだしのゲン」の作品の内容に触れて「こーすべきだ」「それはちがう」「歴史的事実では……」「偏っている」等という議論が見る機会が多いが、それは図書館的にはあまり意味のない議論であるだろう。
今回は「図書館」のあるべき姿という視点でこの問題を集約すると「圧力に屈して、図書館の方針とは違う利用制限を行った」という点、この一点に尽きるのだ。

図書館と言うのは民主主義の基本となる「国民の知る自由」を保障する機関である。
だから、いろんな資料をそろえる。右もあれば左もある。原発推進もあれば原発反対もある。自由主義もあれば共産主義もある。とにかく何でもそろえるのだ。
時として「図書館にある資料に書かれているから正しい」「図書館には正しいことが書かれた本がそろっている」と誤解している人もいるが、そうではない。
図書館の使命は「知る自由」を保証すること、そして図書館の様々な資料を見て考えることができるようにすること。
ある事象について「賛成」「反対」「中立」さまざまな資料をそろえる。だからこそ「知る権利」が保障されるのではないか。
あえて国民の大半が同じが方向を向いているような件でも、少数意見の資料をあえていれることでバランスを取る。
出版の全体量からすれば非常に少ない本を入れるので、意見の量と図書館のある資料の量は必ずしも一致しないが、それこそが少数意見も知ることができることの保障である。

中には、図書館の本を司書が選んでいるのだから、置かれている本の中身は「司書の考え」だと誤解もされる。しかし図書館の選書には上記のような「いろんな資料をバランスよくそろえる」ことは必至で考慮するが「自分の意見」が書かれた本をそろえるなんてことはしない。(実際に、それをやって大問題になった事例も図書館の世界にはあるのだ)
「こんな間違った中身の本を置くのはけしからん」と怒る人がいるが、それを考えるのは図書館ではなく本を見た一人ひとりの利用者である。
科学のトンデモ本を置いているときに、大学の専門の先生に「これは科学的にありえないです」と言われたこともあるが、それを判断するのは図書館ではなく、それを読んだ利用者なのだ。

うちのような小さな図書館でも年間数千冊の本を買う。
ということは、年間数千冊の本が開架から閉架書庫へと移っていく。さらに閉架書庫に余裕がなければ、その分年間数千冊の本が除籍されていく。これは物理的にどうしようもない。
とうぜん、図書館にはこの一連の作業に関してもルールを作っているだろう。古い本・利用の減った本・消耗してしまい読めなくなった本など順位をつけて「開架→閉架→除籍」という処理をしているはず。
「はだしのゲン」問題に関して言えば、別に閉架書庫に入れてもいいのだ。それを「図書館の本の異動ルールで決まった処理」なのであれば。
今回の問題は教育委員会の圧力で、本来の図書館ルールとは違う処理(閉架)がなされたから問題なのだ。
逆に「通常ルール」に則って閉架処理された資料を、同じように圧力をかけられて「開架」にさせられても同じことだ。
ある特定の資料を特別扱いするという行為が図書館的には完全アウトの行為なのだ。

「はだしのゲンをよく読んで判断してほしい」などというズレた議論があまりに多くて困っている。
だがあえて言えば「はだしのゲンは自由に読ませるべきだ」という論点の人は、逆の場合は必ず「反対の意見」を展開するだろう。自分の意見とは反対の資料が閉架されたら「よくやった!」と……
ここで「図書館の自由」の視点から言うと、そうではない。
自分の意見と一致しようが反しようが、同じことが言える人(反対の場合でも「知る自由が侵害された」と言える人)が本当のリベラルのような気がするのだが……いかがだろうか



スポンサーサイト
13年間乗っていたウイングロードを手放し、先週から新車・日産ノートに乗り始めました
それ以前は6年半乗った三菱ミラージュ、8年半乗った日産サニーからなので、今回は間が長かったね(^_^;)

今回はカーナビやETCも全部初期装備で入れましたが、カーナビが地デジやDVDを見られるので、子どもを乗せてドライブするのにはいいんですよ。
ただカーナビの地デジとDVDは車の走行中は音声のみで映像が出ないんですよね
安全のためだそうですが、私は見ないにしても、一緒に乗っている嫁さんや子どもが見るんだから、なんとかしてくれよと(笑)
まぁその辺は、知り合いの整備屋さんに頼んで(ゴニョゴニョ)で、結局走行中も映像が映るようになったので、車の中でわがまま放題の娘をおとなしくさせるアイテムになりました(笑)

私はと言うと、カーナビがCD-RやSDカードに入れているMP3を再生できるので、手持ちのMP3を32GBのSDカードに目いっぱい詰め込んで使っています(笑)
ということで、「おジャ魔女どれみ17」(講談社ラノベ文庫)の初回限定版のCDドラマつきを買って、さっそくSDに音声データを追加登録
懐かしの声優陣が懐かいBGMに乗って高校生のおジャ魔女達の演技を聞いていますぞ(笑)

kindleを使い始めて半月以上が経過した。

それなりに購入して読んでいる。
ただ品揃えがまだ少しさみしいというのがkindleショップの正直な感想
他の電子書籍店にはあるのにkindleショップにはないというものがけっこうある
これからそろってくればというところか……

もちろん、将来永久的に読める保証があるのかと言われると少し疑問な部分もあるし、端末買い替えの時のリスクもある
kindleにしても他の電子書籍店にしても、何台かの端末にダウンロードできるし、再ダウンロード期限も事実上無期限なので、書店がつぶれない限りは大丈夫なのかなとは思っています。

さてkindleに限らず、電子書籍店全般に言えることだが、現状私が考える問題点は以下の4点
 (1)新刊が遅い
 (2)電子書籍化されないものがけっこうある
 (3)感覚的にまだ割高
 (4)昔の本がなかなか遡及されていない

(1)の問題だが新刊発売と同時に電子書籍が出れば理想だが、まだまだ遅い
少なくとも1カ月以内に出てくれるのであれば新刊は全部電子で買ってもいいと思っている
結局、新刊が出ても「いつ電子書籍版で出るのかまったくわからない」というのが、電子書籍に完全に乗り換えられない理由の最大のポイントなのではないでしょうか
さらにネックになるのが(2)の問題で、待っても待っても電子書籍化されないので、仕方がないので数ヶ月後に紙媒体で買おうと思うと品切れと言う「バカにされているのか」と思うような展開があるんですよね。
「これは未来永劫電子書籍では出しません」と宣言して紙で売ってくれればわかりやすくていいんですけど

(3)の値段ですが、現時点では紙書籍の数%~2割くらい値引きされているような感覚
新刊発売から1カ月以内でこの値段ならまぁわかるのですが、発売から1年経ってもこの値段では、なかなか買えませんよね
それだったらブックオフで半額以下に下がっているのを買えばいい
紙書籍発刊から一定期間以上経過している本は、もっと割引率上げてほしいものです。せめて半額以下にならないとブックオフから買いますよ
新刊書籍の売り上げの阻害要因としてブックオフを取り上げていますが、古い本はブックオフと値段で勝負しないと買えません

(4)も結構重要で、過去の分がなかなか電子書籍化されないので、本棚が片付かない(笑)
種類にもよりますがさらに一定期間(数年程度)経過している本は、一律100~200円で電子書籍を販売すればいいのにと思いますよね
それなら本棚にとってある自己保存用もとっとと電子書籍に乗り換えていけます

なんにしろ、電子書籍店の品ぞろえが数万冊の単位であるうちはまだまだ難しいでしょう。一ケタ上の単位で品ぞろえしないと……
実際、私自身も新刊発売後、すぐ読まないといけない本(待ちに待っているシリーズや作家)以外は、待って電子書籍で買おうとは思っています。
ただ発売から一定以上たっている本は、電子書籍を探すよりも図書館で借りたり、ブックオフのネットショップで買った方がほうが早いんですよね

出版社として、あるいは作家として……
 ・電子書籍は出さない
 ・発売から○か月以内に電子書籍を出す
などのように、一定のルールを公言しておくこと
さらに、一定期間以上たった古い本は値引き率を上げていくこと
このあたりが電子書籍普及へのキーワードじゃないでしょうか?

実際、便利なんですよ、慣れると
特に最近は小さい文字がつらくなってきているので、電子書籍で活字を大きくして読めるのは非常に助かる
大活字本という紙書籍もありますが、あれは品ぞろえが決定的に悪いのと価格(1冊の小説が三分冊くらいに分冊され各冊2500円程度なので、事実上1冊7500円ということになる(^_^;)がお話にならないので、あれは完全に図書館が福祉的なサービスとして買うものです
シニア層向けの品ぞろえを充実させていけば、kindle paperwhite の3Gモデルなんか非常に手軽でいいと思うんですがね

今年は、勤続○十年のリフレッシュ休暇というものが取れる年だったのですが、まとめて休める業務の隙間がなく、ようやく11月になってとることができました(^_^;)
ってなわけで、実は今週はリフレッシュ休暇に通常の休みをつけて6連休だったわけですが、休みってのはなんでこんなに早いんでしょうね(^_^;)
もうあすから出勤です

そんなリフレッシュ休暇ですが、実のところは、まったくリフレッシュすることなく、ずっと自宅で論文を書いておりました
ここんところtwitterでも「論文書かないと」を連発していたので、何をやってるんだと思われた方も多いでしょう(笑)
まぁ諸事情があって、マジで仕事方面の資格関係の論文を書いているんですよ
ほとんど大学の卒論以来ですからねぇ、悪戦苦闘しつつやってます
まぁなんとかこの6連休に根をつめてやったので、見通しは立ちました
あとは文脈や論旨に問題ないか確認しつつ、誤字脱字のチェックを細々とやればOKというところまでこぎつけました

今月末が提出締め切りなので、まだ大丈夫なのですが、今月後半は「エヴァ」の新作劇場版公開や「みんなのGOLF6」のPS3版発売など、別の意味でイベント目白押しなのですよ
そんなこともあってこの連休に片付けたかったのですが、とりあえず胸をなでおろしました(笑)

そういえば、論文提出の関係で、添付書類として大学の単位取得証明が必要なのですが、大学が遠くに移転してしまっているので、手続きに行くのが非常に面倒
調べてみると郵送申請もできるので、郵送し申請してたんですが、2週間経過しても届かないので焦っておりました。
(HPには申請書到着日から土日祝を除いた3日以内に発行しますって書いてあったのに(^_^;))
電話で問い合わせてみようかなと思いつつも、「あなたは卒業してません」って言われたらどうしよう、と冗談で言っていましたが、今日になってようやく到着
やっぱり卒業はできていたみたいです(笑)

そんなわけでリフレッシュしない休暇はこれにて終了
あすから出勤、そして月火は丸々研修なので、この灰色の脳細胞は休む暇がないのです(^_^;)

3月末に、このBlogで妙な事を書いたので、何人かの知り合いから「もう図書館にはいないのか?」という問い合わせメールあり(^_^;)
誤解している人もいるので、これだけは報告しておきます

結論を言うと、肩書きは変わりましたがいまも図書館にいます
肩書きは変わったけど、今も現役司書ですし、カウンターも出ています

うん、録画アニメの消化ペースが悪いところをみると、たぶん忙しいですよ(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。